2000年1月アーカイブ

2000 年 1 月 31 日 (月)

| コメント(0)

急に『風の谷のナウシカ』の原作を見たくなったので本棚から引っ張り出してきた。声には出さないけれど、映画で演じていた役者や声優の声をイメージしながら、ネーム(っていうのかな、文字の部分)をゆっくり読みながら作品を楽しむのが好き。

2000 年 1 月 30 日 (日)

| コメント(0)

次号の電脳倶楽部で使う予定のゲームの仕上げにかかる。解像度が高いので、メニューなどのフォントはベクタフォントをスプライトに変換して使ってみた。

2000 年 1 月 29 日 (土)

| コメント(0)

シノラーのシリアス度がアップ。

2000 年 1 月 28 日 (金)

| コメント(0)

パーコレの HTML 版を少しチェック。X68k の半角カナの文字コードを表示できないブラウザがあるので、半角カナの部分を全角カナに変換するフィルタをそっこーででっち上げたりした。この程度のフィルタなら探すよりその場で作ったほうが早いもんね。

2000 年 1 月 27 日 (木)

| コメント(0)

ちょっと思うところがあって、満開ネットで自分が過去に書き込んだ文章のアップロード前の原稿の一部を読み返してみた。過去の自分は他人…というのは無責任かも知れないけれど、自分が書いた文章に一喜一憂してしまった。“自分が知識を会得してゆく過程”を見るのは不思議な感じだ。間違ったことを書いていたり、偉そうなことを書いていたり、「…をやるつもり」などと書いてそのままほったらかしになっているものがあったり、とても褒められたものじゃないな。

2000 年 1 月 26 日 (水)

| コメント(0)

電脳倶楽部のパーフェクトコレクション 1997(101 号~115 号を収録)をチェック中。内容は充実しているし、15 号分でもチェックは大変だ。この前の 50 号分ってのはやっぱり詰め込みすぎだったんじゃないかと思えてくる。

2000 年 1 月 25 日 (火)

| コメント(0)

ケロちゃんにおまかせスペシャル。

2000 年 1 月 24 日 (月)

| コメント(0)

久し振りに本屋さんに行ったら、レジのところに魔法陣グルグルの第 12 巻が平積みになっていたので迷わずゲット。第 11 巻が出てから 1 年も経っているので、既に前のストーリーを忘れかけていたりする。“あっと驚く伏線”もこの作品の楽しみの 1 つなので、最初から読み直そうと思う。

2000 年 1 月 23 日 (日)

| コメント(0)

S44PLAY.X v1.01 を仕上げた。v1.00 の既知のバグは全部取れたはず。ついでにファイル名のワイルドカードに対応。

2000 年 1 月 22 日 (土)

| コメント(0)

ソースコードデバッガ SCD060.X の実行形式のサイズを小さくするべく、フルスクリーンモードを除去する改造をやってみた。コードの分離が面倒だったけど、とりあえず動いた。

2000 年 1 月 21 日 (金)

| コメント(0)

寒いの。

mach2p でショートバスサイクルが動かない問題は isp の修正だけでは直らなかった。がーん。ま~きゅり~ゆにっとと併用した場合の問題のほうは直ったらしい。

2000 年 1 月 19 日 (水)

| コメント(0)

通院日だったのでいつもより早く起きた。便潜血なし。病状は至って安定。

mach2p の問題は、やはり ROM でどうにかなるものなくて、ハードウェアの問題らしいということで解決しそうな気配。Mach-2 と mach2p のハードウェアの違いは SPC が MB86601A から MB86604A に変わってメモリ部が増えただけで他はまったく同じだと聞いていたし、メモリ部を除去した改造版も作ってもらってそれでも直らなかったから原因は ROM 以外に考えられず、ROM のコードを一生懸命調べたのだけれど、実はハードウェアに他にも違いがあったそうな。それも信号のタイミングを変えるような重大な違いが…。同じと聞いていたのは、実は、世に出回っておらずショートバスサイクルの動作も確認されていない改造版の Mach-2 と同じ、ということだったらしい。はぁ、何かどっと疲れが…。

2000 年 1 月 18 日 (火)

| コメント(0)

mach2p が X68030 でショートバスサイクルモードが動作しない問題で、mach2p を自宅に持ち帰って Mach-2 の挙動と比較しながらプログラムをさんざん書き換えて試したけれど、どうやってもソフトウェアでは解決できそうにないという結論に変わりはなかった。

2000 年 1 月 17 日 (月)

| コメント(0)

早いもので、阪神・淡路大震災から 5 年。

私は震災を直接経験していないのだが、当日は東京の大学の研究室にいて、news やメーリングリストに「神戸で何かあったらしい」とか「○○大学のサーバーが応答しない」といった情報が流れたのを見て、何事かと思った。その日のうちに大阪方面の人から「かなり揺れて被害が出たけれど私は大丈夫」という報告があって少し安心したりもしたのだが、犠牲者の数が日に日に増えてゆくのをニュースで聞いて、やりきれない気持ちになった。

仮設住宅の解消に丸 5 年かかり、孤独死も多かった。弱い立場の人がたくさんいるのだから、そうでない人は手をさしのべなければならないと思う。

「シールドもカバーもついていない自分のパソコンは大きな地震がきたら壊れそうだなあ」なんて、そんな些細なことを気にしている場合ではないかも知れない。

2000 年 1 月 16 日 (日)

| コメント(0)

X68030 の ROM Debugger を覗いてみたり、mach2p の ROM で悩んでみたり。

2000 年 1 月 15 日 (土)

| コメント(0)

榎本加奈子主演のドラマ『バーチャルガール』がスタート。榎本加奈子と篠原ともえと陣内孝則というコメディもできそうな組み合わせだが、シリアスで通すらしい。タイトルの通り現実離れした話ではあるけれど、内容は期待できそう。

2000 年 1 月 14 日 (金)

| コメント(0)

異様に温かかったので少し薄着で出たら、夜は寒かった。鼻水が止まらない。

2000 年 1 月 13 日 (木)

| コメント(0)

以前から自室のテレビの調子が悪かったのだけれど、いよいよ使いものにならなくなってきた。どうせ小型の安物だし、この際、思い切って買い換えようかな。

2000 年 1 月 12 日 (水)

| コメント(0)

急激に気温が下がり、東京都内も初雪。夕方には雨に変わってしまったから積らなかった。うちの猫たちも寒そうだ。

久々におはスタを見てしまった。

2000 年 1 月 11 日 (火)

| コメント(0)

もっと役に立つページを作りたい。役に立つコンテンツを考えなくちゃ。

2000 年 1 月 10 日 (月)

| コメント(0)

電倶楽のマスター。今月は 141 号。早いもので、CD-ROM になってから 2 枚目。

私は“らいおん”らしい。

深夜の帰宅途中、ふと空を見上げた。満点の星空にちょっぴり感動。風が強く、雲もなく、月も出ていなかったので、普段よりも星がたくさん見えたのだ。目が悪くなければもっと感動できるのになぁ。

2000 年 1 月 9 日 (日)

| コメント(0)

徹夜で電倶楽の原稿を仕上げた。終わったら、ちょうど『おジャ魔女どれみ』が始まる時間になっていたので、久し振りに観てから寝ることにした。

今日の主役はおんぷちゃんだね。(どちらかと言えば男の子のほうが主役か?)

で、悪役はヘヘ。

そう言えば、こないだまで会社のマシンのそばに置いてあった宍戸留美さんのサイン色紙はどこに行ったのだろう。(マシンのそばにどういう状態で置いてあったのかは秘密ね)

2000 年 1 月 8 日 (土)

| コメント(0)

ああ、私の原稿の入稿が遅いものだから、電倶楽のマスターが 1 日延びてしまったようだ。 みなさん、ごめんなさい。

2000 年 1 月 7 日 (金)

| コメント(0)

ふむふむ、魔女、改め、魔法少女の呪文には「ラ行」や「パ行」の澄んだ音が多い、と。

あ、このにっき、挨拶もなくいきなり始まっていますが、気にしないで下さい。

2000 年 1 月 6 日 (木)

| コメント(0)

先日、メールに関して、ある恐ろしいことに気がついた。こっちが本気で怒って出したメールを受け取った人が、そのメールを画面に“まる文字”で表示して読んでいる光景を想像してしまったのだ。怒りを抑えて紳士的な言葉で抗議したメールだが、“まる文字”で表示されては紳士的な態度はおろか説得力のかけらもなくなってしまうではないか。これではちゃんとした意志の疎通ができない。メールの先頭に「まる文字禁止」などと書いても、それも“まる文字”で表示されてしまうのでほとんど効果がないだろう。困ったものだ。この日記はどんな文字で読まれているのかな。

2000 年 1 月 5 日 (水)

| コメント(0)

初通院日。だからどうということではないが、退院して以来、2 週に 1 回、欠かさず通院していて、今年で 4 年目になる。我ながらよく続くものだと思う。

病院の外来は待たされる。30 分以上はあたりまえ。混んでいるときは 1 時間以上待たされることもある。でももう慣れてしまった。待っている間の暇潰しで、コミックを 2 冊以上読めるのだ。

私よりも後からやってきたおばさんが「もう 20 分も待っているのよ!」と看護婦さんにくってかかっているのも気にせずに、私はひとり黙々と読みふける。今日は『天地無用!魎皇鬼』だったけど、日によってグルグルだったり、さくらだったり、天野こずえ短編集だったりする。

2000 年 1 月 4 日 (火)

| コメント(0)

初出勤日。と言っても、ユーザーサポートは元日から自宅でやっていたけどね。

自分のホームページがネスケでどう見えるのか、会社で確認した。思っていたほど悪くはなかったけれど、期待していたほどよくもなかった。コンテンツが変わったらまたいじるとするか。

初さくら観賞。晴れ着のツーショットはいい感じ。さくらの友達がさくらに宛てた年賀状が出てきたりボケが炸裂したりと手が込んでいたけれど、話は前回のほうが良かったな。

2000 年 1 月 3 日 (月)

| コメント(0)

夜、25:30 頃、自宅の自分の部屋でパソコンに向かっていたとき、部屋の中、それも自分が座っていた椅子にかなり近い場所で、

「ぷ~~っ、ぷぅぅ~~っ、ぷぅぅぅ~~っ」

という風船から空気が抜けるような異様な音が鳴り響いた。最初、ベッドの上で寝ていた猫のミミィが変な声を出したのかと思って振り向いたが、すぐにそうではないとわかった。ミミィも異様な物音に気付いて布団の上に身を乗り出していたからだ。

私としたことが、その異様な音の正体に気付くのに 10 秒近くかかってしまった。音の正体は、音に反応して喋る“ごきげんモコナ”の発声装置だった。“ごきげんモコナ”のぬいぐるみは会社に置いてあるのだが、それを洗ったときに一緒に持って帰った発声装置が家に置きっぱなしになっていたのだ。久しくその声を聞いていなかったのと、物に埋もれていて変な音に聞こえたために、すぐにはわからなかったらしい。

装置には電池が入っていて、スイッチが ON になっていた。スイッチは OFF にして置いてあったはずなのだが、なにかのはずみで ON になったらしい。それにしても、その声は静かな部屋の中に突然鳴り響いたことから、「いったい何の音に反応したのか?」という謎が残った。そしてその声は断末魔の叫びだったのか、その後は音に反応して喋ることもなくなってしまった。

電池交換しようかなぁ。

2000 年 1 月 2 日 (日)

| コメント(0)

2000 年問題は、大きなトラブルは報告されていないものの、細かい問題が多く報告されているらしい。「レンタルビデオ店で 100 年分の延滞料金を請求された」(これは韓国の話)とか、「お役所の書類の発行年が“明治”になった」とか、いろいろあったらしい。「たぶん大丈夫だろう」という楽観的な風潮は日本の核施設に限ったことではないようだ。携帯電話の着信メールの自動消去機能が誤って働く問題は苦情が多いらしいが、私は携帯電話を持っていないので大丈夫だ。(何が?)

2000 年 1 月 1 日 (土)

| コメント(0)

子供のころは 2000 年ってずっと未来のことだと思っていたけれど、本当にきてしまいました。何かスゴイような気もするし、でも 2000 年になった瞬間に何かが急に変わるわけでもなし。スゴイ目標を掲げても後で虚しくなるだけなので、今まで通りぼちぼちやっていきたいと思っておりますです。てきとうに壊れつつ、ね。

まだ午前 2 時すぎですが、今のところ 2000 問題の影響は個人的にも全国的にもないみたい。このまま何もないといいですね。2000 年問題のページはいつ引っ込めようかな。

このアーカイブについて

このページには、2000年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは1999年12月です。

次のアーカイブは2000年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3