2003年6月アーカイブ

日本時間のきょうの昼に予定されていた NASA の火星探査ローバー MER-B「Opportunity」の打ち上げは、今度は Delta 2 ロケットの部品交換のために、さらに 3 日(当初の予定から 1 週間)延期されました。交換される箇所はロケットの第 1 段の極低温液体酸素が温まりすぎないようにするための腹巻(直径約 2.4 メートル、高さ約 0.6 メートル、厚さ約 8 センチ、コルク製)の部分で、これがロケットの胴体にしっかりくっついていなかったそうです(ダメじゃん)。新しい打ち上げ予定日時は日本時間の 7 月 3 日 12 時 17 分 37 秒とのこと(のびのびー)。

Mars rover launch delayed until Wednesday (CNN.com、6 月 29 日)→@nifty 翻訳

Booster Repairs Delay Opportunity Launch to Wednesday (SPACE.com、6 月 29 日)→@nifty 翻訳

Mission Status Center (Spaceflight Now)→@nifty 翻訳 … 最新情報

NASA の火星探査ローバー MER-B「Opportunity」の打ち上げは警戒水域にボートが侵入したことおよび風で有毒ガスが居住地に到達するおそれがあるために再び延期されました。新たな打ち上げ予定時刻は日本時間の明日 30 日 12 時 46 分 14 秒に設定されました。

Mission Status Center (Spaceflight Now)→@nifty 翻訳 … 最新情報

MER-B「Opportunity」の打ち上げ

| コメント(0)

MER-A「Spirit」と対をなす NASA の火星探査ローバー MER-B「Opportunity」の打ち上げが日本時間のきょう 12 時 56 分 16 秒に予定されていましたが、警戒水域にボートが侵入したことおよび風で有毒ガスが居住地に到達する可能性があるため、カウントダウンが打ち上げ 4 分前で停止(ホールド)しました。天候に問題がなければ日本時間のきょう 13 時 33 分 59 秒にカウントダウンが 4 分前から再開されます。

Mission Status Center (Spaceflight Now)→@nifty 翻訳 … 最新情報

メモ

| コメント(0)

太陽観測衛星 SOHO

| コメント(0)

NASA の太陽観測衛星 SOHO(Solar and Heliospheric Observatory)は 1995 年 12 月 2 日に打ち上げられ、地球の第 1 ラグランジュ点(地球と太陽を結ぶ直線上で地球から約 150 万 km の位置)から太陽の観測を続けてきました。SOHO は太陽を観測するための探査機ですが、その視野に彗星が飛び込んでくることがあるので、これまでに 620 を越える彗星が SOHO によって発見されたそうです。2 月 18 日の日記に書いたニート彗星 C/2002 V1 を壮大にとらえた画像は特に記憶に新しいものです。しかし最近、SOHO は機械的なトラブルのために観測データを地球へ送るためのアンテナを常に地球へ向けておくことができなくなってしまい、観測データの多くが失われてしまう状態が続いています。観測データの欠落は 6 月 24 日頃から深刻になり、この状態が 2.5~3 週間続くと予測されているそうです。アンテナの向きを正しく調節できるようにならない限り、同じ状況が今後 3 ヶ月毎に生じてしまうそうです。SOHO は 1998 年に人為的なミスが重なって制御不能に陥り、一時は絶望視さえされましたが、懸命の操作で数ヶ月かかって復活しました。常に地球の昼の側にあって太陽を観測し続けることができる天文台の存在価値は大きいので今回も回復するとよいのですが、今回は機械的なトラブル(アンテナを動かすモーターあるいはギアの不調)らしいとのことなので完全な回復は難しいかも知れません。NASA はスペースシャトルを使った有人宇宙飛行と宇宙遊泳で軌道上のハッブル宇宙望遠鏡の修理を成功させたことがありますが、SOHO は地球の第 1 ラグランジュ点にあるので(たとえスペースシャトルの飛行が再開されたとしても)修理しに行くのは容易なことではないでしょう。

SOHO Falls Into Eclipse: Spacecraft to Run Silent for Almost Two Weeks (SPACE.com、6 月 26 日)→@nifty 翻訳

The Solar and Heliospheric Observatory (NASA - NASCOM - SOHO)

Antenna anomaly may affect SOHO scientific data transmission (6 月 24 日)→ @nifty 翻訳

The very latest SOHO images …SOHO の最新画像のページ

成層圏に長期間滞空しながら通信の中継とさまざまな観測を行うために設計された NASA DFRC(ドライデン飛行研究センター)の大型無人全翼機ヘリオス(Helios)の試作機が、ハワイでのテスト飛行中に墜落してしまったそうです。ヘリオスはエネルギー源として太陽電池と燃料電池を併用して飛行する翼幅 75 メートルの多発プロペラ機で、2001 年に高度約 30km という航空機の飛行高度の世界最高記録を達成しました。今回は燃料電池のテストを行っている最中に何らかのトラブルが発生してしまったそうです。

NASA Dryden Flight Research Center (NASA - DFRC)

HELIOS PROTOTYPE SOLAR AIRCRAFT LOST IN FLIGHT MISHAP (6 月 26 日)→@nifty 翻訳

Helios Photo Collection Low Resolution Contact Sheet … ヘリオスの写真

関連

NASA、無人ソーラー飛行機のテスト実施へ (HOTWIRED、2001 年 6 月 25 日)

無人飛行機「ヘリオス」 最高高度2万9千M超える (Mainichi INTERACTIVE、2001 年 8 月 15 日)

ハート型の磁石

| コメント(0)

磁石屋さんの 二六製作所 がハート型や球形の磁石を販売するそうです。12mm×10mm×3mm のハート型ネオジム磁石が 1 個 200 円。ネオジム磁石 は安価な フェライト磁石 よりも強力なので、まさに「引き寄せる力を持ったハート」ということになるのでしょう。ところで、磁石がハート型ということはやはり磁力線の断面もハート型なのでしょうか。ハート型の磁石の磁力線を可視化すると「心臓に毛が生えたような物体」が現れそうでちょっとコワイかも。

二六便り Vol.93 (まぐまぐ)

二六製作所

製品案内 … 磁石の種類の説明があります

6 月 24 日の頭の体操の答え

| コメント(0)

6 月 24 日の頭の体操の答えです。2000 年 9 月 26 日の日記で「五芒星の問題」を紹介したときに学校のコンピュータ室の古いミニコンを使って力ずくで解いたという話を書きましたが、同じことを Java でやってみました。貧相なプログラムを公開するのは後にして、出力された答えのスクリーンショットを置いておきます。まだ頑張る人は見ないようにしてください。なお、6 月 24 日の頭の体操は答えが複数あります。

「五芒星の問題」の答え

6 月 24 日の頭の体操の答え

火星の衛星フォボス

| コメント(0)

MGS(マーズ・グローバル・サーベイヤー)の MOC(火星軌道カメラ)で 6 月 1 日に撮影された火星の衛星フォボスの写真が公開されています。「フォボスって何度見てもジャガイモみたいだねぇ…」と思ったら、写真の説明の中にしっかり「potato-shaped object」と書いてありました。大きさが 27km×22km×18km くらいのでっかいジャガイモが火星の中心から平均 9,378km のところを秒速 2.14km で毎日 3 周しているわけです。なお、火星の赤道半径が 3,397km なので、火星の表面から測るとフォボスの平均高度は 6,000km 弱ということになります。参考までに、地球の赤道半径は 6,378km、地球の中心から月までの平均距離は 384,400km とされています。

Phobos Over the Martian Limb (MSSS、6 月 23 日)→@nifty 翻訳

http://www.msss.com/mars_images/moc/2003/06/23/R0600044.gif … 大きい画像

参考

ザ・ナイン・プラネッツ(日本語版) (鹿島宇宙通信センター)

Views of the Solar System (Calvin J. Hamilton さん)→ @nifty 翻訳

梅雨の中休み

| コメント(0)

午前中降り続いた大雨が止み、すっかり洗われた空気の向こうの青空と雲のコントラストが美しい午後のひととき。雲が描き出す模様はその瞬間を逃してしまうと二度と見ることができないので、せめてその断片だけでも残しておきたくて、デジカメを空のかなたへ向ける。

撮影日:きょう。ロケ地:西武山口線沿線(東京都東大和市) (マピオン地図)。撮影方向:北。

PowerPC G5

| コメント(0)

気になったところから。

IBM の日本語のプレスリリース(抄訳)の中の一文:

「事実上、18 エクサバイト (180 億バイト) ものメモリに対応可能です」

信じられないので原文をチェックしてみると、

Apple のサイトにある英文のプレスリリースの中の該当部分:

「can virtually address a mind boggling 18 exabytes (18 billion billion bytes) of memory」

(気の遠くなるような 18 エクサバイト(1800 京バイト)のメモリを仮想的に扱えます)

「virtually」には「事実上」という意味もありますが、この場合は「仮想的に」でしょう。よくあることなのかも知れませんが、抄訳とはいえ新製品の発表でこの誤訳はお粗末だと思います。18 エクサバイトというのも見慣れない数ですが、2^64=18,446,744,073,709,551,616 バイトのことです。それならば素直に「仮想アドレス空間は 64 ビットです」と書けばいいのにと思います。ベースになっている PowerPC 970 の仮想アドレス空間が 64 ビット、物理アドレス空間が 42 ビット(4.4 テラバイト)なので、PowerPC G5 もおそらく同じなのでしょう。PowerPC G5 が 18 エクサバイトの仮想アドレス空間を持つ最初のプロセッサというわけではありませんし、18 エクサバイトの物理メモリを扱うことができるわけでもありません。

アップルと IBM が PowerPC G5 プロセッサを発表 (IBM、6 月 24 日)

Apple and IBM Introduce the PowerPC G5 Processor (Apple、6 月 23 日)→@nifty 翻訳

アップル CEO、G5 搭載の新 Power Mac3 モデルを発表 (CNET Japan、6 月 24 日)

「最速パーソナルコンピュータ」Power Mac G5 がデビュー (ZDNet、6 月 24 日)

米 Apple、Power Mac G5 発表 (impress PC Watch、6 月 24 日)

メモ

| コメント(0)

Power Mac G5。

Power Mac G5 (アップルコンピュータ)

PowerPC 970 Microprocessor (IBM)

頭の体操

| コメント(0)

下の図は、同じ大きさの 3 個の正方形と辺を共有する正三角形で構成されています。この図の中にある三角形は中央の正三角形 1 個だけです。この図に直線(曲がっていない線)を 3 本描き加えて、三角形の個数を 13 個にして下さい。内側に線が入っている三角形は個数に含めません。

直線を 3 本描き加えて三角形を 13 個にしてください
直線を3本描き加えて三角形を13個にしてください

この問題は2000 年 9 月 26 日の日記で紹介した「五芒星の問題」と同種のものです(三角形の数え方はまったく同じです)。「五芒星の問題」を解いたことがない人はそちらもどうぞ。

素因数分解

| コメント(0)

GIMPS によると、Bruce Dodson さんが ECM(楕円曲線法)による素因数分解プログラムを用いて 301 桁のメルセンヌ数 2^997-1 の素因数分解に成功したそうです。小さいほうの素因数は 57 桁で、残りの 244 桁も素数でした。ECM で発見された素因数の桁数の記録が更新されました。

2^997-1 = C301 = P57 * P244

C301 =

13393857589828341511855313113250022632017560146319170093046879854629388139061701\

53116497973519619822659493341146941433531483931607115392554498072196837321850491\

82097185302887317763432563279639273474427276913080937294774265842484594489569299\

3259632864321399559710817770957553728956578048354650708508671

P57 =

167560816514084819488737767976263150405095191554732902607

P244 =

79934306053602222928609369601238840619880168466272137576868879760059300256386029\

73712891518592878944687759622084106508783413855778177367022158878920741413700868\

18230141043917804953382808265151316094560701887483004097845322837881664735833468\

1553

XM6 version 1.23

| コメント(0)

PI. さんによる Windows 用の X68000EXPERT エミュレータ XM6 version 1.23 が公開されました。

PI. HomePage

小惑星「仮面ライダー」

| コメント(0)

命名された当時話題になったので知っている人もいると思いますが、「Kamenrider」(仮面ライダー)という名前の小惑星が存在します。小惑星 12796 Kamenrider(1995 WF)は 1995 年に俳優の藤岡弘さんの出身地でもある愛媛県の天体観測所で子供の頃から藤岡さんと仮面ライダーの大ファンだったという中村彰正さんによって発見され、小惑星 12408 Fujioka(1995 SP2)と一緒に命名されました。

関連

藤岡弘、オフィシャルサイト<SAMURAI-DO>

星になった仮面ライダー

小惑星「たこやき」(2002 年 5 月 16 日の日記)

小惑星「トトロ」(2002 年 11 月 29 日の日記)

軌道シミュレーション(Java)

Asteroid 12408 Fujioka (1995 SP2) (NASA - JPL - NEO)

Asteroid 12796 Kamenrider (1995 WF) (NASA - JPL - NEO)

参考

Discovery Circumstances: Numbered Minor Planets (IAU)

Minor Planet Names: Alphabetical List … 小惑星の名前の一覧

JANNET Home Page … 小惑星を含む天体の名前とその由来など

日本人が提案して命名された小惑星 (OAA/CS) … 個々の小惑星の名前の由来など

小惑星の名前研究所 (felicidad(ふぇり)さん) … 小惑星の名前がジャンル別に整理されていて面白い

「火の鳥」と「フェニックス」

| コメント(0)

きょうの最初に書いた「火の鳥」と「フェニックス」を混同する日本人が多い理由について、手塚治虫の漫画『火の鳥』の影響が強いのではないかとのご指摘をいただきました。『火の鳥』に登場するものはまさにフェニックスですし、『科学忍者隊ガッチャマン』と『火の鳥』では(作品の主な媒体が異なるので影響力を直接比較することは難しいと思いますが)前者の放映開始(1972 年)よりも後者の連載開始(1966 年)のほうが古いということもありますから、「火の鳥」と「フェニックス」が混同されるようになった原因は手塚治虫の漫画『火の鳥』の影響かも知れませんね。

余談ですが、『火の鳥 2772 愛のコスモゾーン』という劇場版アニメーション作品が来月 DVD で発売されるそうです。

火の鳥 2772 愛のコスモゾーン (Amazon.co.jp)

ライトダウン

| コメント(0)

夏至のきょうの午後 8 時から 2 時間、『CO2 削減・百万人の環』と称したライトダウンイベントが全国の 1000 近い施設で一斉に行われます。普段ライトアップされている東京タワーが真っ暗になったりします。なお、石垣島の全島ライトダウンは 8 月 2 日(旧暦の七夕)です。

『CO2 削減・百万人の環』消灯キャンペーンについて (環境省報道発表資料-平成 15 年 6 月 20 日)

『CO2 削減・百万人の環』キャンペーン (環のくらし)

東京タワーオフィシャルホームページ

MER-B「Opportunity」打ち上げ延期

| コメント(0)

MER-A「Spirit」と対をなす NASA の火星探査ローバー MER-B「Opportunity」の打ち上げが 26 日に予定されていましたが、打ち上げに使用される Delta 2 ロケットの部品交換のために 3 日延期されました。新たに設定された打ち上げ予定日時は日本時間の 29 日 12 時 56 分 16 秒(来週の日曜日の昼)です。

Mission Status Center (Spaceflight Now)→@nifty 翻訳 … 最新情報

MER-B (NASA - KSC)→@nifty 翻訳 … ケネディ宇宙センターの MER-B のページ

わりとどうでもいい話

| コメント(0)

素朴な疑問。「火の鳥」と「フェニックス」を同じ意味の言葉としてごちゃ混ぜで使う日本人が多いのは、やはり『科学忍者隊ガッチャマン』の影響でしょうか。

「Phoenix」から改名された「Mozilla Firebird」というブラウザのことを親しみを込めて(皮肉を込めて?)「焼き鳥」と呼んだ人がいましたが、フェニックスの伝説 (アリゾナ州フェニックス)→ @nifty 翻訳 によると、むしろ「Phoenix」のほうが「焼き鳥」かも知れません。「ファイアバード」(火の鳥)は炎のような赤やオレンジの翼を持つ鳥全般を意味しますが、「フェニックス」(不死鳥、鳳凰)は 500~1461 年毎に自ら炎に飛び込んで灰の中から生まれ変わるそうです。ちなみに、焼き鳥屋さんの「焼き鳥」は英語で「skewered grilled chicken」。直訳すると「串刺しにした網焼きの鶏」……そのまんまですね。

鳳凰といえば、十円硬貨の表に国宝で世界文化遺産の 平等院鳳凰堂 (平等院)が描かれていて、その屋根に一対の鳳凰が乗っています。この鳳凰なのですが、現在の 10 円玉では尾が垂れ下がっているのに対して、初期(昭和 26 年頃)の 10 円玉では尾が跳ね上がっています。新旧の 10 円玉を持っている人は比べてみると面白いかも知れません。余談ですが、現在の平等院鳳凰堂の屋根に乗っている鳳凰はレプリカで、本物は大気汚染を避けて取り外され 鳳翔館 というところで展示されているそうです。

暴走貨物列車

| コメント(0)

ロサンゼルス郊外のコマース市で木材を満載した 30 両編成の無人の貨物列車が切り離し作業中に暴走し、市街地へ進入して大惨事になることを避けるためにやむを得ず列車を脱線・転覆させて止めるという映画にありそうな事故が起きました。ところが、脱線・転覆させることが事前に沿線住民と消防に十分に伝わっておらず、結局 13 人が軽症を負うことになってしまったそうです。

貨車31両が暴走、ロスへの進入阻止で脱線を誘発 (CNN.co.jp、6 月 21 日)

Runaway freight train derails near Los Angeles (CNN.com、6 月 20 日)→@nifty 翻訳

Railroad stops runaway train by derailing it! (L.A. Daily News、6 月 20 日)→@nifty 翻訳

Photo Gallery … フォト・ギャラリー

メールウイルス対策の話

| コメント(0)

私は ウイルスバスター for @nifty Mail (@nifty)というサービスを利用しているので、ウイルスが添付されたメールはほとんどウイルスが除去された状態で届きます。しかし、ごくたまに素通りしてくるものがあります。きょうは暗号化されたポリモーフィックウイルス HTML.Redlof.A (Symantec)が添付されたメールが 3 通届き、Norton AntiVirus Auto-Protect の検疫にひっかかりました。ウイルスバスター for @nifty Mail の 注意事項 (@nifty)にも書いてありますが、一般的にプロバイダのサービスですべてのウイルスが駆除されるわけではないので、サービスを利用している人もその効果に期待しすぎないほうがよいと思います。きのうも少し書きましたが、メールのウイルススキャンをプロバイダとローカルで 2 重にしておくとそれなりに安心です。ただし、同じメーカーの検疫では 2 重にしても効果が変わらないかも知れません。私の場合は Trend Micro と Symantec なので、きょうのようにウイルスバスターが取りこぼしたウイルスをノートンが拾ってくれることがあります(Symantec のほうが優れていると主張しているのではありません。順序が逆の場合の結果は知りません)。

HTML.Redlof.A
HTML.Redlof.A

5 月 30 日の日記6 月 5 日の日記に書いたように、最大潜航深度 11,000 メートル(世界最深)を誇る JAMSTEC(海洋科学技術センター)の深海無人探査機「かいこう」のビークル(子機)が迷子になっています。この問題は昨夜の NHK ニュース 10 でもふれられていました。5 月 29 日午後 4 時 47 分に室戸岬沖南東約 130km 深さ 4,673m のところでランチャー(親機)とはぐれて迷子になってしまったビークルは、3 週間経ったきのう 6 月 19 日午後 5 時の段階でもまだ見つかっていないそうです。ビークルはトラブルが生じると自動的に浮上する仕組みになっており、長さ 3.1m、幅 2.0m、高さ 2.3m で濃黄色の機体の上面が波に洗われる状態(大部分は海中に没している状態)で漂流しているはずです。しかし、漂流中に台風に遭っていることもあって、浮力材だけが外れてビークル本体は沈んでしまっている可能性も考えられるそうです。時間が経つにつれて捜索は困難になってきていると思いますが、前回書いたように「かいこう」は NASDA が打ち上げに失敗して深海に沈んだ H-II ロケット 8 号機のエンジン部分の発見に貢献した探査機ですし、深海探査は今後ますます重要になってくるはずですから、なんとしても見つかってほしいと思います。

1 万 m 級無人探査機「かいこう」のビークルの捜索について(その20) (JAMSTEC、6 月 19 日)

無人探査機「かいこう」ビークル(子機)捜索ご協力のお願い (JAMSTEC、6 月 9 日)

16 日に出現した火球の続報

| コメント(0)

17 日の日記に書いた 16 日に出現した火球の続報ですが、気象庁の火山監視カメラに火球そのものが捉えられていたそうです。時刻もはっきりしており、報道されていた午後 10 時 10 分というのは地上に遅れて到達する衝撃波の時刻で、出現時刻は流星電波観測で記録されていた通り 10 時 7 分頃でした。

気象庁のカメラが捉えていた 6 月 16 日の火球 (国立天文台・天文ニュース (643))

火球の映像 (気象庁)

The Nippon Meteor Society (NMS) (日本流星研究会)

近いうちにコロンビア事故調査委員会の結論が出され、スペースシャトルの現実的な飛行再開時期は早ければ 12 月になるだろうとの記事が Spaceflight Now に出ていました。打ち上げの際に機体に異常が生じていないことを確認するために、打ち上げを日中に限るなどの制約が設けられるようです。

Space shuttle flights could restart in December (Spaceflight Now、6 月 18 日)→@nifty 翻訳

ウイルスメールの差出人欄に記載されたアドレスにいちいちウイルス警告メールを自動返信するというお節介なシステムをいまだに使っているらしい某社から届いたメールです。ウイルスメールを減らすためのボランティアをしているつもりなのかも知れませんが、差出人欄が偽装されているウイルスメールにいちいち返信するのはトラフィックを増大させるだけで迷惑なのでやめてほしいです。

Return-Path: MAILER-DAEMON@mail57.nifty.com
Received: by mail57.nifty.com id 3ef1321e116f55;
Thu, 19 Jun 2003 12:46:38 +0900
Received: from mail520.nifty.com
by vsmail504.nifty.com with ESMTP id h5J3kXNP019336
for <m_kamada@nifty.com>; Thu, 19 Jun 2003 12:46:33 +0900
Received: from postsvr2.skyperfectv.co.jp (post1.skyperfectv.co.jp [202.32.110.194])by mail520.nifty.com with ESMTP id h5J3kS2o019171
for <m_kamada@nifty.com>; Thu, 19 Jun 2003 12:46:28 +0900
Received: from MEG-ISVW01.skyptv.oa ([192.168.2.13])
by postsvr2.skyperfectv.co.jp (Post.Office MTA v3.6.2 release 116
ID# 1002-366U50L2S100V36J) with SMTP id jp
for <m_kamada@nifty.com>; Thu, 19 Jun 2003 12:46:28 +0900
Received: from 192.168.2.32 by MEG-ISVW01.skyptv.oa (InterScan E-Mail VirusWall NT); Thu, 19 Jun 2003 12:46:28 +0900
Received: from MEG-ISVW01.skyptv.oa ([192.168.2.13]) by MEG-EX1.skyptv.oa with Microsoft SMTPSVC(5.0.2195.5329);
Thu, 19 Jun 2003 12:47:05 +0900
Date: Thu, 19 Jun 2003 12:46:25 +0900
From: Virus_Alert@skyperfectv.co.jp
To: m_kamada@nifty.com
Subject: InterScan NT Alert
Message-ID: <MEG-EX1BaKtKufVma0o00005fd8@MEG-EX1.skyptv.oa>
X-OriginalArrivalTime: 19 Jun 2003 03:47:05.0733 (UTC) FILETIME=[738CDB50:01C33615]
Status:  U
X-UIDL: 1055994399.4463.mailbox
あなたのメールアドレスから弊社宛てに、ウィルスが添付されたメールが送信されています。あなたのコンピュータが実際にウィルスに感染していないか、トレンドマイクロやシマンテック等のウィルス対策ソフトメーカーのサイトで情報確認なさってみてください。なお、このメールは自動送信ですのでお問い合わせへの返答はできません。
Date:   Thu, 19 Jun 2003 12:46:25 +0900
Method: Mail
From:   <m_kamada@nifty.com>
To:     webmaster@skyperfectv.co.jp
File:   P1010050.bat
Action: clean failed - deleted
Virus:  WORM_KLEZ.H

ウイルス対策は本人がそれを常に意識することが重要だと思いますが、機械的な防御も人並み以上にしているつもりです。メールのウイルススキャンはプロバイダとローカルで 2 重に行っていますし、ハードディスクの全体も毎週スキャンしています。アーカイブファイルの中も含めて 100 万個以上あるローカルファイルをスキャンするので毎回 1 時間以上かかります。無駄かも知れませんが、ウイルス対策は無駄かも知れないと思えるくらいがちょうどよいと思います。

メモ

| コメント(0)

「7」を 1368 個並べて右端に「1」を付けた 1369 桁の数((7*10^1369-61)/9)は素数ということで確定。

日本時間の 11 日午前 2 時 58 分 47 秒に打ち上げられた NASA の火星探査ローバー MER-A の現在位置をリアルタイム(10 分単位)で表示(シミュレーション)しているページに、ESA の Mars Express と ISAS(文部科学省宇宙科学研究所)の「のぞみ」の位置も記入されています。Mars Express は MER-A よりも先行しており、「のぞみ」は地球スイングバイを明日に控えて地球にへばりつくように表示されています。「のぞみ」は計画が遅れたためにちょうど MER-A と MER-B(Opportunity)に挟まれるような形で火星へ向かうことになり、地球スイングバイが成功すれば今後も随所で Nozomi という文字が目立つところに表示されるようになるかもしれません。なお、MER-B の打ち上げ予定日時は日本時間の 26 日午後 1 時 27 分 31 秒に設定されています。

Mars Exploration Rover Mission: The Mission (NASA - JPL - MARS) … 上から 4 枚目

http://mars1.jpl.nasa.gov/mgs/realtime/mera3.jpg … 拡大

MER-B (NASA - KSC)→@nifty 翻訳

日本の火星探査機「のぞみ」

| コメント(0)

火星探査機ラッシュの中、ほとんど忘れられていた日本の火星探査機「のぞみ」のニュースが AP で配信されていました。1998 年 7 月 4 日に打ち上げられた「のぞみ」は、2 度の月スイングバイと地球スイングバイを経て火星へ向かう軌道に乗り、1999 年 10 月に火星周回軌道に投入される予定でした。ところが、1998 年 12 月 20 日の地球スイングバイの際にトラブルが生じてその後の軌道修正で燃料を使いすぎてしまい、そのまま火星へ向かっても計画された軌道の乗せることができず十分な観測を行えないことがわかりました。やむを得ず計画を 5 年以上遅らせて 2 回の地球スイングバイを追加し、2003 年 12 月~2004 年 1 月頃に火星に到着する計画に変更されました。この計画変更は担当している研究者たちにとって苦肉の策であると同時に苦渋の選択だったことでしょう。さらに「のぞみ」の不運は続き、2002 年 4 月 21 日の太陽フレアの爆発の影響を受けて観測結果(テレメトリ)の送信が困難な状況になってしまいました。しかし、それでもめげずに今度はビーコン電波の ON/OFF をテレメトリの代用にするという裏技も駆使して航行を続けているそうです。2002 年 12 月 21 日には追加された 1 回目の地球スイングバイを成功させ、追加された 2 回目の地球スイングバイが明日 6 月 19 日に予定されています。2 回目の地球スイングバイが成功すれば、当初の予定から 5 年後の火星へ向かってまっしぐらです。

Mars-bound craft preps for Earth swingby (CNN.com、6 月 17 日)→@nifty 翻訳

String of Snafus Puts Japan's First Mars Probe Mission Into Doubt (SPACE.com、6 月 17 日)→@nifty 翻訳

のぞみ (ISAS)

「のぞみ」地球スイングバイに成功 (ISAS ニュース、2003 年 2 月)

火球

| コメント(0)

きのうの午後 10 時 7 分頃、関東地方に火球が出現したようです。茨城県から千葉県にかけて爆発音と目撃情報が相次いだそうです。ニュースでは午後 10 時 10 分頃と報道されていますが、流星電波観測によると午後 10 時 7 分 32 秒にロングエコーが記録されているそうなので、正確な出現時刻は 10 時 7 分頃だったようです。

The Nippon Meteor Society (NMS) (日本流星研究会)

爆発音: 80件を超える通報 茨城から千葉で (Mainichi INTERACTIVE、6 月 17 日)

千葉・茨城上空で謎の爆音 国立天文台「火球の可能性」 (asahi.com、6 月 17 日)

太陽の津波(solar tsunamis)

| コメント(0)

日本語の「津波」は英語でも「tsunami」で通じます。太陽の津波(solar tsunamis)とは、その言葉の通り太陽で発生している津波のことです。1996 年に打ち上げられた SOHO(Solar and Heliospheric Observatory、太陽観測天文台) の EIT(Extreme-Ultraviolet Imaging Telescope、極紫外線撮像望遠鏡)を用いた観測で太陽ではコロナガスの噴出と同時に裏側まで達する巨大な津波が発生していることがわかり、1998 年に打ち上げられた TRACE(Transition Region and Coronal Explorer)探査機も使って津波を分析して太陽コロナの研究に役立てているそうです。

'Solar tsunamis' used to study the solar corona (Spaceflight Now、6 月 16 日)→@nifty 翻訳

New research uses "solar tsunamis" to study the solar corona (SwRI、6 月 16 日)→@nifty 翻訳

X68000 LIBRARY

| コメント(0)

立花えり子さんgeistiges Auge さん、どうもです。13 日の日記の中に X68000 LIBRARY へのハイパーリンクが 2 つありますが、片方 URL の末尾の '/' が欠けていてジャンプできませんでした。ごめんなさい。「個人・団体」のカテゴリが凶悪ですか…うーん、どういう意味でしょう。まあ、まだ(たぶん、これからもずっと)構築途上ですし、この日記と同じように短時間で調べたり思い出したことを書いただけなのでそれなりに情報が偏っていると思います。X68000 LIBRARY はもともと STUDIO KAMADA(という名前の個人サイト)の中にあったものですが、管理の上では今でも STUDIO KAMADA の一部ですので、そこのところよろしくなのです。

X68000 LIBRARY

そういえば、

| コメント(0)

11 日に補給船プログレスがドッキングした翌日に ISS(国際宇宙ステーション)の近くの宇宙空間を漂っているところをクルーに目撃された 5cm ほどの ID タグに似た金属片らしい物体は結局何だったのかな。

NASA wonders about ISS object (floridatoday.com、6 月 13 日)→@nifty 翻訳

Debris spotted near space station likely small ID tag (floridatoday.com、6 月 16 日)→@nifty 翻訳

BSAT-2c

| コメント(0)

BS デジタル放送衛星 BSAT-2c の軌道調整が始まったようです。公式発表は見当たりませんが、アリアン 5G ロケットで投入された楕円軌道(静止軌道への移行軌道)では 0.7 以上だった離心率がきょうの NORAD のデータでは 0.0146219 になっていました。先日書いたように、運用されている静止衛星の軌道の離心率は小数点以下に 0 がいくつか(2~3 個)並んでいるのが普通なので、0.0146 というのはまだ大きすぎるように思えます。資料のスケジュール表には打ち上げから約 3 日後のところに「暫定軌道(東経 120.5 度)静止へ」と書かれているので、微調整はこれからなのでしょう。

Last 30 Days' Launches (CelesTrak WWW)

BSAT-2c 打ち上げについての技術的説明資料 (BSAT)

春風亭柳昇さん死去

| コメント(0)

重力交通システム

| コメント(0)

GCT(Gravity Control Technologies)の目標は直径 56 メートル、高さ 12 メートル、乗員 25 人、座席数 1004 の機体を浮かせて最高速度 25 万 km/h で地球と月の周回軌道まで往復させるという壮大なもの。しーぽんが旅立つときに乗って行ったのは釣鐘型だったけれど、これは円盤型みたい。もちろん、まだプロトタイプの研究段階なのだけれど、宇宙旅行の促進のためのコンテストへのエントリーについて The X Prize Foundation から「そういうのはダメです」と断られてしまったそうな。

X Prize Rejects Gravity Control Rocket Group (SPACE.com、6 月 15 日)→@nifty 翻訳

Welcome to Gravity Control Technologies@nifty 翻訳

素因数分解

| コメント(0)

Factorizations of near-repdigit numbersで公開している系列の中で、xyy...yy と xx...xxy のパターンは n=100 まで(88...889 は n=150 まで)分解が終わりました。

Factorizations of near-repdigit numbers(STUDIO KAMADA)

6 月 2 日の日記で「知られている 40 番目のメルセンヌ素数が見つかったらしい」と書き、6 月 12 日の日記で「独立して実行されていた 2 つの検証作業のうち先に終わったほうで「素数ではない」という結果が出てしまったそうです。最初の発見か検証のどちらかが間違っていることになります」と書きましたが、別の検証でも否定的な結果が出たため、GIMPS はその数は素数ではなかったと公式に宣言しました。間違った結果を公式発表しないように素数判定を 2 回以上行うことになっているのですが、これまで何度も巨大素数の歴史を塗り替えてきた GIMPS の 7 年の歴史の中で非公式に発表された 1 回目の素数判定(確率的ではなくて絶対的な判定です)の結果が 2 回目以降の判定によって否定されたのは初めてのことです。メルセンヌ素数の判定アルゴリズム(Lucas-Lehmer primality test)の性質を考えれば、コンピュータやプログラムの不具合によって素数を見落とす可能性はあっても素数でないものを素数と判定してしまう確率は極めて低いはずなので、今後のためにも原因の徹底究明が求められると思います。

Mersenne Prime Search (GIMPS)→ @nifty 翻訳

BSAT-2c

| コメント(0)

日本の BS デジタル放送衛星 BSAT-2c が日本時間の 12 日午前 7 時 38 分 15 秒に南米のギアナからアリアン 5G ロケットで打ち上げられました。衛星は近地点高度 590km、遠地点高度 35798km(予定では 35826km だがマージンの範囲内とのこと)の楕円軌道(静止軌道への移行軌道)に投入され、打ち上げは成功しました。BS デジタル放送衛星 BSAT-2a の予備機として 2001 年 7 月に打ち上げられた BSAT-2b はロケットの不調で予定の軌道に投入されず、自力で軌道に辿り着けるだけの燃料を積んでいなかったために失われてしまいました。BSAT-2a 自身も衛星本体の問題で 2001 年の 9 月と 11 月に放送が中断するトラブルを繰り返してそのつど BS アナログ放送用の予備機 BSAT-1b に切り替えて急場をしのぐなど、BS デジタル放送は(気象衛星ほどではないものの)不安な状況が続いていました。まだ稼動したわけではありませんが、BSAT-2c の打ち上げが成功したことで BS デジタル放送の関係者は少し安心できたのではないでしょうか。ただ、13 日に静止軌道に入る予定とされていましたが、これを書いている時点ではそれを確認できる情報は発見できませんでした。NORAD が公開している軌道要素もまだ楕円軌道になっています。

Ariane 5 rocket launches double cargo with success (Spaceflight Now、6 月 11 日)→@nifty 翻訳

Flight 161 June 11: Ariane 5 scores another dual-payload success! (Arianespace、6 月 11 日)→@nifty 翻訳

BSAT-2c Satellite (Orbital)→@nifty 翻訳

BS デジタル放送衛星打ち上げ (Mainichi INTERACTIVE、6 月 12 日)

BSAT - お知らせ (BSAT、6 月 12 日)

BSAT 2a のトラブルのときの記事

BS デジタル、衛星トラブルで一時放送中断 (Mainichi INTERACTIVE、2001 年 9 月 25 日)

BS デジタル放送の衛星でまた事故 (Mainichi INTERACTIVE、2001 年 11 月 8 日)

関連

BS放送に使用されている衛星の状況 (総務省 - 電波監理審議会)

BSAT-2c の軌道要素

Last 30 Days' Launches (CelesTrak WWW)

27830 番の B-SAT 2C です。静止軌道に投入されると 2 行目の左端から 5 番目の数(離心率の小数点以下 7 桁)の頭に 0 がいくつか並ぶはずです。

BSAT-2c の現在位置

B-SAT 2C (Heavens-Above)

14 日午前 1 時現在で未対応のようです。じきに表示できるようになるでしょう。

小惑星 2003 LN6

| コメント(0)

きょう地球に接近する小惑星。接近するといっても 6.1LD(月までの距離の 6.1 倍)くらい離れていますが。地球の軌道と金星の軌道をかすめながら太陽を回っているようです。大きさは 100 メートル未満。

Near-Earth Object Program (NASA - JPL - NEO)

Asteroid (2003 LN6) … 軌道シミュレーション

X68000 LIBRARY

| コメント(0)

5 月 20 日頃からゆるゆると始めて6 月 6 日に仮公開した X68000 LIBRARY のデータベースの再構築作業ですが、新しいページで従来のページをほぼ網羅できたので本体を置き換えました。手元のデータベースを作り直して管理プログラムを書き起こしただけなので見た目も情報量もほとんど変わっていませんが、データベースからページを生成する作業を自動化したので管理がだいぶ楽になりました。新たに「個人・団体」というカテゴリを設けて、「ソフトウェア」のカテゴリに収録したソフトウェアを作者ごとに整理してあります。

X68000 LIBRARY

Opera 7.11 for Windows 日本語版

| コメント(0)

出ました。

「Opera 7.11 for Windows 日本語版」がリリース (impress INTERNET Watch、6 月 12 日)

40 番目のメルセンヌ素数

| コメント(0)

6 月 2 日の日記で「知られている 40 番目のメルセンヌ素数が見つかったらしい」と書きましたが、独立して実行されていた 2 つの検証作業のうち先に終わったほうで「素数ではない」という結果が出てしまったそうです。最初の発見か検証のどちらかが間違っていることになります。もう一方の検証作業は 21 日頃までに終了するそうなので、そちらの結果を待つことにしましょう。

Mersenne Prime Search (GIMPS)→ @nifty 翻訳

火星探査ローバー打ち上げ成功

| コメント(0)

NASA の火星探査ローバー MER-A「Spirit」は日本時間のきょう午前 2 時 58 分 47 秒にケープ・カナベラル空軍基地から Delta 2 ロケットに乗って火星へ向けて出発しました。7 ヶ月後の 1 月 4 日に目的地の火星に到着する予定です。過去に火星への着陸を試みた 8 機の探査機の中で、無事に火星に降り立つことができたのはバイキング 2 機とマーズ・パスファインダーの合わせて 3 機だけです。このようにリスクの大きい火星探査ですが、成功することを期待しましょう。

'Spirit' rover begins seven-month cruise to Mars (Spaceflight Now、6 月 10 日)→@nifty 翻訳

Eight-eyed robot blasts off for Mars (CNN.com、6 月 10 日)→@nifty 翻訳

火星探査ローバー

| コメント(0)

NASA の火星探査ローバー MER-A「Spirit」の打ち上げは悪天候のため再び延期されました。打ち上げ予定時刻は日本時間の 11 日午前 2 時 58 分 47 秒に変更になりました。

Mission Status Center (Spaceflight Now、最新)→@nifty 翻訳

火星探査ローバー

| コメント(0)

NASA の新しい火星探査ローバーの愛称は 9 歳の少女 Sofi Collis さんの案によって MER-A「Spirit」と MER-B「Opportunity」に決定されました。プレスリリースに Sofi さんのコメントが掲載されているので、名前の感想を言う前にコメントを読みましょう。なお、日本時間の今朝に予定されていた MER-A「Spirit」の打ち上げは悪天候のため 24 時間延期され、打ち上げ予定時刻は日本時間の 10 日午前 3 時 2 分 23 秒または 10 日午前 3 時 40 分 30 秒に再設定されました。

Mars Exploration Rover Mission: Home (NASA)→ @nifty 翻訳

Girl With Dreams Names Mars Rovers 'Spirit' and 'Opportunity'@nifty 翻訳

Launch Event Details@nifty 翻訳

Mission Status Center (Spaceflight Now、最新)→@nifty 翻訳

火星探査ローバーの打ち上げ

| コメント(0)

NASA の新しい火星探査ローバー「MER-A」(Mars Exploration Rover-A)が日本時間の明日 9 日午前 3 時 5 分 55 秒に打ち上げられます。6 月 25 日には同じく「MER-B」(Mars Exploration Rover-B)が火星に向けて出発する予定です。火星到着予定日は、「MER-A」が 2004 年 1 月 4 日、「MER-B」が 1 月 25 日とされています。2002 年 11 月 26 日の日記に書いたように、NASA はこれらの火星探査ローバーの愛称を LEGO 社を通じて募集しました。応募資格は K-12(米国内およびアメリカンスクールの幼稚園から高校 3 年生まで)に限られていましたが、10000 通ほどの応募があったそうです。結果は打ち上げ直前(日本時間のきょう午後 11 時)に発表されるとのことで、とりあえず現在は「MER-A」「MER-B」と呼ばれています。わざわざ 2 機も打ち上げるのは火星が地球に接近している絶好の機会を逃さないようにするための保険ですが、着陸地点を変えてあるので 2 機とも成功すればより効率的に探査できることが期待されます。

Mars Exploration Rover Mission: Home (NASA)→ @nifty 翻訳

Mission Status Center (Spaceflight Now、最新)→@nifty 翻訳

Mars Rovers FAQ: From Launch to Landing (SPACE.com)→@nifty 翻訳

NASA のローバーよりも一足早く、6 月 2 日に ESA(European Space Agency)が火星着陸船「Beagle 2」を搭載した探査機「Mars Express」を打ち上げました。日本時間の 6 日午後 2 時 30 分の段階で地球の中心から 100 万 km のところを火星に向けて順調に飛行中とのことです。火星到着は 12 月 24 日の予定です。「Beagle 2」はローバーではないので火星の地表を自由に動き回ることはできませんが、削岩機を装備していて着陸地点付近の地面を掘ることができます。

Mars Express (ESA)→ @nifty 翻訳

Europe's first adventure to Mars successfully launched (Spaceflight Now、6 月 2 日)→@nifty 翻訳

シベリアのイルクーツク州でかなり大きな隕石の衝突痕が発見されたそうです。およそ 100 平方キロの範囲に焼けた木々と隕石の破片が広がっており、直径数 10 メートルの巨大隕石だった可能性があるとのことです。2002 年 9 月 25 日の朝に地震のような強い揺れと閃光が目撃されているそうなので、そのとき落ちてきたのかも知れません。

直径数10m?巨大いん石の落下跡発見か シベリア (asahi.com、6 月 7 日)

Meteorite crash site found in Siberia (Interfax、6 月 6 日)→@nifty 翻訳

リンク集(翻訳・辞書)の自動選択フォームを更新しました。翻訳前後のページを閉じた後で翻訳前のページを開きたくなったときに便利な「開く」ボタンとテキストを白紙に戻す「白紙」ボタンを追加しました。また、「キーボード」ボタンと「言語判別」ボタンをテキスト入力枠の隣に移動し、「言語判別」を「何語?」に変更しました。さらに、枠とボタンに説明のツールチップを付けて使い方をわかりやすくしました。

無料翻訳リンク集

| コメント(0)

リンク集(翻訳・辞書)ヤフー BB マガジン (ソフトバンクパブリッシング)さんと INTERNET Watch (インプレス)さんに紹介していただきました。ぺこり。

ヤフー BB マガジン : 特集 快適 ADSL[やるべき技]100 (ヤフー BB マガジン、6 月 6 日)

外国語サイトに漕ぎ出すための翻訳サービス (INTERNET Watch、6 月 6 日)

長く更新が滞っている X68000 LIBRARY ですが、従来の方法で拡大を続けるのは困難と判断し、データベースを作り直してページの生成を可能な限り自動化することにしました。現在は従来のページからソフトウェアを移している最中です。なんとかなりそうなので準備中のページを公開しました。

新しい準備中のページはこちらです。後で URL が変わります(従来の URL に戻ります)ので、準備中のページへのリンク集などからの継続的なリンクはご遠慮ください。内容に関するご指摘はメールでお願いします。

X68000 LIBRARY

鉛筆星雲

| コメント(0)

NGC 2736。1840 年代にジョン・ハーシェル卿によって発見された星雲で、見た目がまっすぐなのでこの名前が付けられたのだとか。これは 11,000 年前に地球からわずか 815 光年の距離で起きた超新星爆発の名残で、爆発の様子は金星の 250 倍明るく昼間でも見えたに違いないとのこと。ハッブル宇宙望遠鏡による超高解像画像が公開されました。

Supernova Shock Wave Paints Cosmic Portrait (HubbleSite、6 月 5 日)→@nifty 翻訳

出ました。でも最近は Microsoft のパッチの信頼性がいまいちなので数日様子見するかも。

MS03-020: Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (818529) (Microsoft、6 月 5 日)

関連

Internet Explorer Object Type Property Overflow (SecurityFocus HOME Mailing List: BugTraq)

5 月 30 日の日記に書いた無人深海探査機「かいこう」のビークルが迷子になった件ですが、6 月 4 日午後 5 時の段階でまだ見つかっていないそうです。黒潮に乗って流されてしまったのか、あるいは切断されてビークルの側に残ったケーブル(直径 29.5 ミリ、長さ 250 メートル未満)が邪魔になって自力で浮上してこれなくなってしまったのか。JAMSTEC は NASDA が打ち上げに失敗した H-II ロケット 8 号機のエンジンを 3000 メートルの海底で見つけたくらいですから「かいこう」もきっと見つけられるだろうと思ったのですが、よく考えてみると H-II ロケット 8 号機のエンジンを見つけたのは「かいこう」のビークル自身だったのでした。自分が迷子になってしまうとは、まさにミイラ取りがミイラに……そうならないように早く見つかってほしいものです。

1 万 m 級無人探査機「かいこう」のビークルの捜索について(その5) (JAMSTEC、6 月 4 日)

素因数分解

| コメント(0)

Robert Backstrom さんの成果から。

2·10116-9 = C117 = P58 · P60

P58 = 1300077873236814617625875427828886902290588172083356016807<58>

P60 = 153836938630497839571709555448490510158389234978218219454513<60>

Factorizations of near-repdigit numbers(STUDIO KAMADA)

木星の新衛星の見つけ方

| コメント(0)

5 月 29 日の日記で木星の 61 番目の衛星が発見されたことを書きましたが、赤道直径が 14 万 3000km もある木星に対して最近相次いで発見された衛星は直径がわずか 1.5km ほど(木星の 10 万分の 1)で、人間が肉眼で見ることができる明るさの 1 億分の 1 の 24 等級程度です。それがどのようにして発見されたのか、CASCA(カナダ天文学会)のプレスリリースで紹介されていました。簡単に言うと、ハワイのマウナケア山にある口径 3.6m のカナダ・フランス・ハワイ望遠鏡(CFHT)に CCD カメラを取り付けて木星の周囲の写真を撮影し、50GB にも及ぶ画像データをコンピュータで解析して写っている天体の動きを調べ、木星の衛星と思われる光の点を抽出したのだそうです。その写真にいったいいくつの天体が写っていたのだろうかと考えると気の遠くなるような作業で、とてもではありませんが人間ができることではありません。木星の衛星に限らず、近頃の小天体の見つけ方(地球近傍小天体など)はだいたいこんな感じなのでしょうね。

CASCA

IRREGULAR SATELLITES OF JUPITER@nifty 翻訳

コロノファイバー検査

| コメント(0)

大腸内視鏡検査。いつものことですが、やっぱりハンパじゃなく痛かったのでした。人並みの大腸だったら内視鏡検査で痛みを感じることなんてないはずなんだけどな。

「ゆめりあベンチマーク」

| コメント(0)

RinRin 王国 さんから。沢渡真雪さん によって 「ゆめりあベンチマーク」の集計結果 がまとめられています。グラフィックチップの違いや P4 と Athlon の違いに注目して見ると面白いです。

集計部 - ゆめりあベンチ (Mayuki Sawatari さん)

知られている 40 番目のメルセンヌ素数がついに発見されたようです。現在検証中で具体的な値はまだ公表されていませんが、これまで知られている最大の素数の座にあった 39 番目のメルセンヌ素数 M13466917 = 213466917-1(4053946 桁)よりも大きく、しかし 1000 万桁には満たないそうです。検証が終われば知られている最大の素数が 1 年 6 ヶ月ぶりに交代することになります。公式発表が待ち遠しいです。

要チェック

Mersenne Prime Search (GIMPS)

The Largest Known Primes (Chris K. Caldwell さん)

知られている 39 番目のメルセンヌ素数が発見されたときの日記

39 番目のメルセンヌ素数が見つかったらしい(M.Kamada のきょうの日記、2001 年 11 月 16 日)

39 番目のメルセンヌ素数の検証作業が終了した模様(M.Kamada のきょうの日記、2001 年 11 月 25 日)

知られている 39 番目のメルセンヌ素数、発見か?(M.Kamada のきょうの日記、2001 年 12 月 2 日)

知られている最大の素数の記録が更新されました!(M.Kamada のきょうの日記、2001 年 12 月 7 日)

ちなみに 30 番目のメルセンヌ素数が発見されたのは 1985 年 9 月(CRAY X-MP の時代)ですから、コンピュータが速くなったとはいえメルセンヌ素数を新たに 10 個見つけるのに 18 年近くかかったことになります。30 番目のメルセンヌ素数は 2216091-1(65050 桁)でした。後にこれよりも小さいメルセンヌ素数が 1 個見つかったので、この数は現在は 31 番目になっています。

わりとどうでもいい話

| コメント(0)

しーぽんの活躍(第 1 話から欠かさず録画している『宇宙のステルヴィア』)を DVD-R に保存すべく、Ulead DVD MovieWriter 2 というものを初めて使ってみました。最初の 3 話をせっせと編集して、メニューなんか作っちゃったりして、便利なソフトがあるものだなぁと思いながらいざ DVD-R に書き込もうとしたら、書き込む直前のデータ変換(相当時間がかかるらしい)の半ばでエラーダイアログが出て先に進めないの。ダイアログの内容はマニュアルにもヘルプにもサポートページにも見当たらない謎の 8 桁の 16 進数が 1 つだけ。これではどういう理由で変換できなかったのかさえサッパリわかりません。結局、編集の過程を楽しんだだけで DVD はできずじまい。これっていわゆる役立たず?

東亜大学

| コメント(0)

東亜大学 が今年の春に学園教職員組合員 4 人を本人の同意なく解雇したらしい。組合ニュース第 22 号(PDF) (東亜大学学園教職員組合)によると、学園側は解雇理由を文書で回答することを拒否しているのだとか。それって 改正労働基準法第 22 条(平成 11 年 4 月 1 日施行) (法庫)に反する行為じゃないの?

東亜大学学園教職員組合

関連

東亜大学: 経営が悪化 償還金返済滞る 「前期授業料充てる」 (Mainichi INTERACTIVE、2002 年 3 月 11 日)

このアーカイブについて

このページには、2003年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年5月です。

次のアーカイブは2003年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3