2003年10月アーカイブ

TIMER.X

| コメント(0)

Human68k version 3.02 のシステムディスクに入っている TIMER.X は Human68k のバックグラウンドタスク機能を使用しています。Human68k のバックグラウンドタスク機能は MFP の Timer-D 割り込みによって実現されており、ファンクションキーの表示領域に正しい時刻が表示されているので、Timer-D 割り込みと RTC が正常に動作していることがわかります。

X68000 Emulator in Java の実装状況

| コメント(0)

10 日目以降に更新された箇所だけ書きます。

X68000 Emulator in Java の更新内容(10 日目→15 日目)
メインSCC のコンソールにデバッグ情報を出力するための簡単なメソッドを追加。
MC68000すべての命令と主要な例外処理について所要クロック数を動作周波数で割って所要時間を求めて積算し、10ms 毎に System.currentTimeMillis() と同期することで MFP のタイマや CRTC の同期信号の元となるクロックを作った。
グラフィック画面ハードウェアスクロールに対応。CRTC の実装に合わせるための準備中。
テキスト画面ハードウェアスクロールに対応。CRTC の実装に合わせるための準備中。
CRTC描画のプロセスを MC68000 のクロックと同期させるためのコードの実装作業中。MFP がダミーで生成していた水平同期信号と垂直同期信号を CRTC が生成するようになるほか、ラスタ割り込みなども可能になる予定。
ビデオコントローラCRTC の実装に合わせるための準備中。現在ビデオコントローラが単独で画面を描画しているが、CRTC の下請けになる予定。
MFPタイマの動作を MC68000 のクロックと同期させた。動作中のタイマデータレジスタはプリスケールが小さくても MPU から見れば常にカウントダウンしているように見え、Java のスレッドでは対応できない短い間隔での割り込み要求が可能になった。CRTC の実装に合わせて水平同期信号と垂直同期信号の処理の変更を準備中。
RTCバンク 0 のレジスタ(時計とカレンダー)の読み出しに対応。
SCCモニタ表示を他のデバイスのデバッグ出力にも使えるようにした。
SRAMアクセスにウェイトを挿入。

SION II

| コメント(0)

ワイヤーフレーム 3D シューティングゲーム「SION II」を X68000 LIBRARY へ収録しました。

SION II (X68000 LIBRARY)

環境観測技術衛星「みどり II」

| コメント(0)

26 日の日記に書いた環境観測技術衛星「みどり II」の異常は回復せず、JAXA は運用を断念したそうです。先代の「みどり」と同様に打ち上げから 1 年も経たないうちに機能を停止してしまい、開発費約 730 億円(日本の負担は約 515 億円)の何パーセントを回収できたのか気になります。異常の原因はいまだに不明ですが、26 日の日記に書いた太陽の活動の影響も否定されていないようです。

環境観測技術衛星「みどり II」 (JAXA)

「みどり II」の運用異常に係る作業実施状況 及び今後の予定について (JAXA プレスリリース、10 月 29 日)

環境観測衛星: 「みどり2」の運用を断念 JAXA (Mainichi INTERACTIVE、10 月 31 日)

通信途絶した「みどり2号」の運用断念 宇宙機構 (asahi.com サイエンス、10 月 31 日)

追記:JAXA の公式発表

環境観測技術衛星 「みどり II」 の今後の地球観測運用について (JAXA プレスリリース、10 月 31 日)

メモ

| コメント(0)

X68000 Emulator in Java 関連の最近のリンク元です。感想をありがとうございます。

on JAVA (しぇいる☆purewhite さん)

2003. 10.26 (えふおうさん)

Java on X68000 (HC-MUSHOKK さん、mitsuman さん)

SX-WINDOW キター! (しまけんさん)

Java 上の X68000 (スラッシュドット ジャパン、yourCat さん)

お蔭様で 29 日のサイト全体のアクセス数が 10000PV/day を越えました。

Java 版 X68K えみゅ (PSV さん)

ちなみに私も TDU の OB ですが鳩山のほうだったので錦祭はよく知らなかったりします。

X68000 (なかのさん)

Java で X68000 (いわわさん)

Java で X68000 (Yog-Sothoth さん、SHIMSOFT さん)

本日のチェキ! (立花えり子さん)

いつもありがとうございます。

System Information (さやつゆさん)

BEL. さん。si.r に関する開発秘話(?)をありがとうございます。

- club oshiire - (sho kisaragi さん)

2003 年 10 月 30 日 木曜 (GP さん)

X68000 Emulator in Java

| コメント(0)

呼称を変更します。冗長ですがこちらのほうがわかりやすいので。

si.r version 3.66

| コメント(0)

68000 の動作周波数が 16.7MHz と表示されているのは MFP のタイマを MPU のクロックと同期させてあるためで、実際に 16.7MHz の 68000 相当の速度で動いているわけではありません。RTC を使用して計測されている system performance と machine performance の 60%台後半という結果はそれなりに的を射ているかも知れません。現在 CRTC の動作を MPU のクロックと同期させる変更を加えているところなので、それが動くとまた動作速度に変化が生じると思います。

mint version 3.08

| コメント(0)

起動してみただけ。

ぴぎゃ

| コメント(0)

メモ

| コメント(0)

SX-WINDOW ver3.1

| コメント(0)

フロッピーディスクまわりが不完全なのでドライブアイコンの挙動がいまいちですが…。

環境観測技術衛星「みどり II」

| コメント(0)

昨年 12 月 14 日に H-IIA ロケット 4 号機で打ち上げられた環境観測技術衛星「みどり II」(ADEOS-II)との通信がきのうの朝から途絶しているそうです。通信途絶前までに得られたデータから太陽電池パネルの発生電力が 6kW から 1kW に低下していたことが確認されたものの、それ以上のことは解析中とのこと。定常運用前の新しい衛星なので復旧するとよいのですが…。

環境観測技術衛星「みどり II」の運用異常について (JAXA プレスリリース、10 月 25 日)

Earth monitoring satellite goes silent (Spaceflight Now、10 月 25 日)→@nifty 翻訳

関連

環境観測技術衛星「みどり II」 (JAXA)

ADEOS-2 ページ (JAXA)

日記

メモ(2002 年 12 月 1 日)、H-IIA ロケット 4 号機打ち上げ間近(2002 年 12 月 13 日)、H-IIA ロケット 4 号機打ち上げ(2002 年 12 月 14 日)、みどり II(2002 年 12 月 14 日)

「みどり II」の異常とは関係ないかも知れませんが、10 月 22 日に NOAA が衛星通信への影響などを警戒するように呼びかけていた強い太陽風が日本時間のきのうの未明までに地球に到達していました。

Cloud of solar gas strikes our planet (CNN.com Science&Space、10 月 24 日)→@nifty 翻訳

SUN ERUPTS WITH INTENSE ACTIVITY (NOAA News Online、10 月 22 日)→@nifty 翻訳

SOLAR STORM REACHES EARTH; MORE ACTIVITY EXPECTED (NOAA News Online、10 月 24 日)→@nifty 翻訳

X68000 on Java の実装状況

| コメント(0)

今朝までの実装状況です。作りやすくて見栄えのするところから始めた5 日目までと違って地味に進んでいます。

X68000 on Java の実装状況(10 日目)
メインデバイスの初期化が終わるまで初期化の進行状況を表示する。
バスコントローラデバイスの管理、メモリマップの管理、割り込みの調停を行う。
MC68000 の reset 命令によるバスリセットを、接続されているすべてのデバイスに配信する。
MC68000 とメモリマップトデバイス(メインメモリを含む)のやりとりを仲介する。ライトプロテクトされたページへの書き込みをバスエラーにする。MC68000 の FC2 を監視しており、スーパーバイザ保護されているページへのユーザモードでのアクセスをバスエラーにする。
MC68000 の IPL を監視しており、MC68000 から割り込み受け付けの指示があったとき受け付けられる最も高いレベルの割り込みを要求を出しているデバイスにベクタを問い合わせて MC68000 に報告する。
MC68000すべての命令。
割り込み、アドレスエラー、トレースなどを含むすべての例外処理。ただし、不当命令例外は一部を除いて発生しない場合が多い。
メインメモリ12MB。
スーパーバイザ保護は未実装。
グラフィック画面1024x1024 ピクセル、16 色モード。パレット対応。
この他のモードとハードウェアスクロールと高速クリアは未実装。
テキスト画面1024x1024 ピクセル、4 プレーン。パレット対応。
複数プレーンの同時アクセス、ビットマスク、ラスタコピーが可能。
ハードウェアスクロールは未実装。
CRTCテキスト画面の機能の仲介のみ。
ビデオコントローラパレットレジスタ、画面モード、描画エンジン。
パレットレジスタはグラフィック、テキスト、スプライトのすべてのパレットレジスタを実装。現在効果があるのはグラフィックとテキストのみ。
画面モードの設定はグラフィック画面の ON/OFF のみ。プライオリティはテキスト>グラフィックに固定。
描画範囲は 768x512 ピクセルに固定。
描画範囲を 32x32 ピクセルのブロックに分割して更新されたブロックだけ描画する。
描画の間隔は 100ms。
DMACなし。
エリアセットなし。
MFPGPIP、割り込み、タイマ(Timer-B を除く)の各レジスタと USART の一部のレジスタを実装。
デバイス内の割り込みを調停し、レベル 6 の割り込み要求を行う。割り込み要因は Timer-A(ディレイモードとイベントカウントモード)、キー入力、V-DISP、Timer-C、Timer-D が現在有効。
タイマの精度はスレッドの動作間隔に依存する。間隔を小さくしても動くが重くなるので現在は 10ms になっている。
GPIP データレジスタの H-SYNC 信号はレジスタの読み出しの度に反転する。
V-DISP 信号は同期期間 18ms~20ms、帰線期間 2ms~10ms で変化し、アクティブエッジレジスタに従って割り込み要求および Timer-A カウントが発生する。
キーが押されたまたは離されたとき、KeyEvent から取り出したキーコードを変換して UDR にセットしてからキー入力割り込みを要求する。
TSR のビット 7 は Buffer Empty に固定。
RTCなし。
プリンタポートなし。
システムポートNMI ボタンによるレベル 7 の割り込み要求を行う。
レジスタは未実装。
FM 音源なし。
ADPCMなし。
フロッピーディスクディスクイメージを gzip 圧縮したものをダウンロードして IOCS レベルでアクセスする。
FDC は未実装。
SASI ハードディスクIOCS レベルでエラーにする。
HDC は未実装。
SCCチャンネル A(RS-232C)とチャンネル B(マウス)を実装しており、内部で調停してからレベル 5 の割り込み要求を行う。
デバッグ用のコンソール(テキストエリア)を管理しており、チャンネル A への出力はコンソールに表示される。チャンネル A の読み出しレジスタ 0 は常に送信バッファ空を示す。チェックボックスによる選択で、KeyEvent を SCC が RS-232C 入力割り込みとして使うか MFP に渡してキー入力割り込みとするか選択できる。現在、F12 キーが NMI スイッチになっており、システムポートに要求して NMI を発生させることができる。
チャンネル B の書き込みレジスタ 5 のビット 1 がセットされたらマウス入力による割り込みを要求する。マウスのデータは 1 回につき 3 バイトあり、書き込みレジスタ 0 に IUS リセットが書き込まれたら次の割り込みを要求する。
MouseEvent を監視しており、X68000 のマウスカーソルが Windows のマウスカーソルの真下に隠れるように相対位置のパラメータを決定する。X68000 のマウス入力割り込みルーチンが行うアクセラレーションを逆算するために 1025 バイトのテーブルを使っている。
8255なし。
INT1なし。
スプライト画面なし。
SRAM16KB。
ライトプロテクトの制御は未実装。
CGROMCGROM.DAT.gz があるときはそれをダウンロードする。なければすべてのフォントを自動生成する。
IPLROMIPLROM.DAT.gz をダウンロードする。ダウンロードした後、メモリ容量を 12MB に設定して ROM デバッガの起動フラグをセットする。

ROM デバッガ

| コメント(0)

SCC に細工をしてデバッグ用のコンソールを作りました。表示方法に工夫の余地がありますが、ROM デバッガが使えるのでエミュレータ自身のデバッグに役立ちそうです。

どれにしようかな?

| コメント(0)

X68000 on Java で質実剛健な麻雀ソフト「じょんぐ」(作者:村田敏幸さん)がなんとか遊べる速さで動いています。描画が遅いので「実機と同じように…」とは言えませんが。CGROM.DAT.gz がある場合はそれを読み込むようにしたのでスクリーンショットの見栄えがよくなりました。下のスクリーンショットにあるマウスカーソルは Windows のもので、X68000 のマウスカーソルは Windows のマウスカーソルの真下に隠れています。マウスを動かすと Windows のマウスカーソルを X68000 のマウスカーソルが追いかけてきます。

X-BASIC

| コメント(0)

Windows 上の Java 仮想マシンで X68000 をエミュレートして X-BASIC インタプリタを走らせたところ。

コンテキストメニュー

| コメント(0)

IE6 のコンテキストメニュー(右クリックで出てくるメニュー。コンテクストメニューと表記されることもあり、マイクロソフトのサイト内でも統一されていない)は、アクティブスクリプトが有効になっている場合に限って出てこないようにすることができます。きのうのマウスカーソルを消す実験でもメニューが出てこないように指定してありますが、アクティブスクリプトが無効になっている場合にはメニューが表示されます。

X68000 on Java

| コメント(0)

ぴぴぴ☆さん卓さんRetroPC.NET さんSaTa. さんしまけんさんmitsuman さん、感想をありがとうございます。

XM6 version 1.42

| コメント(0)

PI. さんによる Windows 用 X68000EXPERT エミュレータ XM6 の version 1.42 が公開されました。

PI.Home page (PI. さん)

X68000 エミュレータ XM6

X68000 の本体のコネクタに繋がれたマウスからの入力は、まず最初に 10ms 間隔で呼び出される Timer-C 割り込みルーチンが Z8530SCC のチャンネル B の書き込みレジスタ 5 のビット 1 をセット(0→1)することでマウスにデータの送信を要求し、続いてマウスから送られてくる 3 バイトのデータを SCC の割り込みルーチンが 1 バイトずつワークエリアに取り込みます。この割り込み処理を伴う一連の作業が、SCC の機能の一部を実装することによって X68000 on Java でも動くようになりました。マウスカーソルの表示がそれなりに重いですが、なんとか動いています。

X68000 on Java にマウスのインタフェイスをどうやって実装するか考えていたときに気付いたのですが、Windows+IE6 の環境ではマウスカーソルを消してしまうことができます。下の枠にマウスカーソルを重ねてみてください。これをフルスクリーンでやられるとパニックになってしまう人もいるのではないでしょうか。

-

X68000 on Java

| コメント(0)

ラキッ!さんMitsuky さん、どもです。先のことはわかりませんが、とりあえず次はマウスが使えるようにします。それで「じょんぐ」が動くようになるはずなので、「じょんぐ」にハマって先に進まなく……ダメじゃん。

じょんぐ

| コメント(0)

これまでテキスト画面が単独で行っていた描画処理をビデオコントローラ側に移し、グラフィック画面を 1024x1024 ピクセル 16 色モード限定で仮実装しました。下のスクリーンショットは村田敏幸さんの麻雀ソフト「じょんぐ」を起動したところです。まだマウスが使えないので遊べません。

X68000 on Java の実装状況

| コメント(0)

今朝までの実装状況です。

X68000 on Java の実装状況(5 日目)
バスコントローラバスアクセスの仲介と割り込みの調停。
MC68000RESET と STOP を除くすべての命令。
割り込みを含む例外処理。
ファンクションコードの信号線は FC2 のみ。
メインメモリ12MB。
スーパーバイザ保護は未実装。
グラフィック画面なし。
テキスト画面1024x1024 ピクセル、4 プレーン。
ハードウェアスクロールを除く機能を実装。
(複数プレーンの同時アクセス、ビットマスク、ラスタコピーなど)
○ビデオコントローラがまだ動いていないので単独で描画している。
描画範囲は 768x512 ピクセルに固定。
描画範囲を 24x16 個のブロックに分割して更新されたブロックだけ描画。
描画の間隔は 100ms。
CRTCテキスト画面の機能の仲介のみ。
ビデオコントローラテキスト画面のパレットの変更のみ。
DMACなし。
エリアセットなし。
MFPデバイス内の割り込みの調停。
キー入力割り込み(KeyEvent のキーコードを適当に変換)。
Timer-C 割り込み(10ms に固定)。
V-DISP 信号(表示期間 16ms、同期期間 18ms に固定)。
H-SYNC 信号(GPIP データレジスタのアクセスの度に反転)。
TSR のビット 7 を Buffer Empty に固定。
RTCなし。
プリンタポートなし。
システムポートなし。
FM 音源なし。
ADPCMなし。
フロッピーディスクHUMAN302.XDF.gz をダウンロードして IOCS レベルでアクセスする。
FDC は未実装。
SASI ハードディスクIOCS レベルでエラーにする。
HDC は未実装。
SCCなし。
8255なし。
INT1なし。
スプライト画面なし。
SRAM16KB。
ライトプロテクトの制御は未実装。
CGROMすべてのフォントを自動生成する。
IPLROMIPLROM.DAT.gz をダウンロードする。

見ての通り、まだほとんど何もできませんけど……動かしてみたい人います? 許諾条件の都合で動くものを公開するには汚いソースも一緒に公開しなければならないので今のところスクリーンショットだけにしているのですが、Pentium 4 の 3.06GHz に近いパワーがあって Sun の J2RE(最新版は v1.4.2_02)をインストールしてある PC でそこそこの通信速度があればウェブブラウザ上(インターネットゾーン)でも動きます。

X68000 on Java

| コメント(0)

実はきのうまで 1 枚しかなかったテキストプレーンを 4 枚にして、CRTC の同時アクセスなどを実装しました。テキストに色がついただけですが、だいぶ X68000 っぽくなりました。

IOCS コールの 0x40~0x4f でディスクイメージをアクセスできるようにしました。MC68000 のコアにバグが残っていてちょっと手間取りましたが、Human68k v3.02 のシステムディスク(HUMAN302.XDF)から起動することができました。

ROM Human

| コメント(0)

IOCS コールの 0x40~0x4f を潰して SRAM の初期化データのブートデバイスのところを ROM Human に書き換えて起動してみたところ。ROM DISK が入っていないので Human のプロンプトに落ちています。この起動画面を実機で見たことがある人はいるかな。

ものはためし

| コメント(0)

バスエラーが出ないようにするだけのダミーのデバイスを繋げて動かしてみるテスト。最初に MFP の TSR の Buffer Empty 待ちで無限ループに陥ったのでとりあえずこのビットを 1 に固定して、次に FDC のステータスレジスタの RQM 待ちで無限ループに陥ったところ。

-

ものはためし

| コメント(0)

Java でてきとーに書いてデバッグもしていない MC68000 コアにテスト用のループではなくて X68000 EXPERT 用の IPL を食わせたら何命令で暴走するでしょうか。

-

ものはためし

| コメント(0)

Java で MC68000 をエミュレートしてみるテストの最初の一歩。てきとーに書いたコアとメインメモリを使って ADDQ+BRA のループを回してみたところ、Pentium 4 3.06GHz の Windows XP 上の J2RE v1.4.2_01 で 1 秒間に 50 万回くらい回りました。単純に計算すると局所的に 17MHz の MC68000 と同じくらいの速度で動いたことになります。わずか 2 命令ではほとんど参考になりませんが、他の命令もインプリメントして試してみたくなる結果でした。

小惑星ヘルメス

| コメント(0)

1937 年に地球へ接近し、その後 66 年間も行方不明になっていた小惑星ヘルメス(Asteroid 1937 UB Hermes)が再発見され、そのカオティクな軌道が特定されたそうです。ヘルメスは地球と金星の両方に接近してその度に軌道を変化させてきたこともあって、66 年分の軌道の特定に時間がかかったようです。今後 100 年以内に地球から 0.02AU(月までの距離の約 8 倍)以下の距離まで接近することはなく、今のところ地球に衝突する心配はないそうです。

Orbit for Hermes Dynamically Linked from 1937 to 2003 (NASA JPL NEO、10 月 16 日)→ @nifty 翻訳

1937UB (NEODyS)

Asteroid (1937 UB) (NASA JPL NEO) … 軌道シミュレーション(Java)

Windows Update

| コメント(0)

MS03-041~MS03-047 が出ています。個人ユーザに関係があるのは MS03-041~MS03-045 の 5 個(Windows XP ユーザに関係があるのは 041、043、044、045 の 4 個)で、すべて「緊急」とされています。

緊急:Windows NT 4.0 / NT Server 4.0 / 2000 / XP / Server 2003

MS03-041 : Windows の重要な更新 Authenticode™ の検証の問題により、コードが実行される (823182)

緊急:Windows 2000

MS03-042 : Windows の重要な更新 Windows トラブルシュータ ActiveX コントロールのバッファ オーバーフローにより、コードが実行される (826232)

緊急:Windows NT Workstation 4.0 / NT 4.0 / NT Server 4.0 / 2000 / XP / Server 2003

MS03-043 : Windows の重要な更新 メッセンジャ サービスのバッファ オーバーランにより、コードが実行される (828035)

緊急:Windows Me / NT Workstation 4.0 / NT 4.0 / NT Server 4.0 / 2000 / XP / Server 2003

MS03-044 : Windows の重要な更新 Windows の「ヘルプとサポート」のバッファ オーバーランにより、システムが侵害される (825119)

緊急:Windows NT Workstation 4.0 / NT 4.0 / NT Server 4.0 / 2000 / XP / Server 2003

MS03-045 : Windows の重要な更新 リストボックスおよびコンボボックスのコントロールのバッファ オーバーランにより、コードが実行される (824141)

緊急:Windows Exchange Server 5.5 / Exchange Server 2000

MS03-046 : Exchange の重要な更新 Exchange Server の脆弱性により、任意のコードが実行される (829436)

警告:Windows Exchange Server 5.5 Outlook Web Access

MS03-047 : Exchange Server 5.5 の重要な更新 Exchange Server 5.5 Outlook Web Access の脆弱性により、クロスサイト スクリプティングの攻撃が実行される (828489)

神舟 5 号関連

| コメント(0)

日本時間のきょう午前 7 時 23 分頃、神舟 5 号は理論的な目標地点から 4.8km の誤差を生じたものの予定通り内モンゴル自治区に着陸しました。このミッションの成功によって、中国は名実共に軌道へ人類を送ることができる第 3 の国家になりました。

Mission Status Center (Spaceflight Now、最新)→@nifty 翻訳

First Chinese space hero safely returns to Earth (Spaceflight Now、10 月 15 日)→@nifty 翻訳

中国有人宇宙船: 内モンゴル自治区に無事帰還 (Mainichi INTERACTIVE ニュースセレクション、10 月 16 日)

中国首次 载 人航天 飞 行 实时报 道新 华 网)→Infoseek 翻訳

杨 利 伟 出 舱 瞬 间Infoseek 翻訳 … 船を降りた直後の杨 利 伟(Yang Liwei)宇宙飛行士

CS301

| コメント(0)

1 チップあたり 25GFLOPS(ピーク性能)でしかも低消費電力の浮動小数点演算プロセッサが早ければ 1 年以内に市場に出て、これを 4 個乗せた PCI カードを 6 枚装着した理論性能 600GFLOPS のデスクトップ PC が 2 万 5000 ドル程度で手に入るようになるのだとか。

「普通のパソコンをスパコンに変える」カード型超高性能演算プロセッサー (WIRED NEWS、10 月 15 日)

ClearSpeed

ClearSpeed Announces CS301 Multi-Threaded Array Processor to Deliver High Performance Computing and Power Efficiency

神舟 5 号関連

| コメント(0)

神舟 5 号は順調に飛行中。

最新情報

中国首次 载 人航天 飞 行 实时报 道新 华 网)→Infoseek 翻訳

Mission Status Center (Spaceflight Now)→@nifty 翻訳

写真

::“神舟”五号 载 人 飞 船成功 发 射升空::新 华 网)→Infoseek 翻訳

神舟 5 号関連

| コメント(0)

日本時間のきょう午前 10 時 00 分頃、神舟 5 号は無事打ち上げられ、予定の軌道に乗りました。

CHINA ORBITS MAN (Spaceflight Now、10 月 15 日)

Mission Status Center (Spaceflight Now、最新)

有人宇宙船: 中国が「神舟5号」を打ち上げ (Mainichi INTERACTIVE、10 月 15 日 10 時 23 分)

中国初の有人宇宙船「神舟5号」打ち上げ成功 (asahi.com サイエンス、10 月 15 日 10 時 33 分)

China's space mission lifts off (CNN.com Science&Space、10 月 14 日)→@nifty 翻訳

中国、初の有人宇宙船打ち上げ 世界3番目 (CNN.co.jp サイエンス、10 月 15 日)

China Launches Its First Piloted (SPACE.com、10 月 14 日)→@nifty 翻訳

神舟 5 号関連

| コメント(0)

11 日の日記にも書きましたが、神舟 5 号は日本時間のきょう午前 10 時頃に打ち上げられるかも知れません。

IKONOS で撮影された中国酒泉 卫 星 发 射中心(China Jiuquan Satellite Launch Centre (JSLC); 中国酒泉衛星打ち上げセンター)の衛星写真が公開されています。神舟 5 号はここから打ち上げられます。

Jiuquan Space Launch Center, China (Space Imaging、10 月 5 日)→@nifty 翻訳

関連

China Jiuquan Satellite Launch Centre (Chinese Defence Today)→@nifty 翻訳

神舟 5 号関連

| コメント(0)

10 月 15 日~17 日の間に打ち上げられる予定の中国の有人宇宙船「神舟 5 号」(Shenzhou V)について、地元中国の新 华 网は特別報道のページを作って盛り上げているようです。10 月 12 日から東京の日本科学未来館を中心に開催されている第 18 回世界宇宙飛行士会議についても紹介されており、世界各国の宇宙飛行士たちが中国の有人宇宙飛行を盛り上げるために集まったかのような勢いで報道されているところが面白いです。会議の実行委員会委員長で宇宙飛行士で日本科学未来館館長の毛利衛さんのコメントも掲載されています。

中国首次 载 人航天 飞 行特別 报 道新 华 网)→Infoseek 翻訳 … 特別報道

世界宇航 员 相聚 东 京 向中国“神舟”祝福新 华 网、10 月 14 日)→Infoseek 翻訳 … 第 18 回世界宇宙飛行士会議に関する記事

関連

ASE:第 18 回 世界宇宙飛行士会議 (JAXA)

宇宙作家クラブ ニュース掲示板

泥沼

| コメント(0)

米国の SS/L(スペースシステムズ/ローラル)社で製造されほぼ完成して試験段階に入っているとされる日本の MTSAT-1R(運輸多目的衛星新 1 号)が、SS/L の破綻によって納入されない可能性が出てきたそうです。もしもこのまま状況が改善されなければ日本の気象衛星の存続がまたしてもピンチに陥るだけでなく、東アジア・西太平洋地域の気象観測と航空管制システムの構築にも影響が生じることになります。メーカー側が一方的に契約内容の変更(追加費用 3000 万ドルおよび遅延に対する保証金や損害賠償の放棄など)を要求してきたというのも酷い話ですが、何かとリスクの大きい宇宙関連事業を予備機も用意せず後手後手に進めてきた日本の一連の事業の進め方が泥沼をますます深くしているようです。

参考

宇宙作家クラブ ニュース掲示板 (宇宙作家クラブ ニュース掲示板)

気象庁

運輸多目的衛星新1号の製造請負契約等の緊急救済命令 (Temporary Restraining Order) 申し立てに対する米国連邦破産裁判所の判断について [PDF 形式 :8KB] (気象庁、10 月 12 日)

ニュース

気象衛星: ひまわり5号の後継機納入されない可能性も (Mainichi INTERACTIVE ジャンル別速報、10 月 13 日)

この日記の MTSAT 関連の記事

「ひまわり 5 号」の代役は「GOES」の予備機のうちの 1 機になる見通し(2002 年 2 月 15 日)

パシフィックゴーズ(2003 年 5 月 22 日)

コイカモ

| コメント(0)

撮影日:きょう。ロケ地:落合川(東京都東久留米市)。

コイカモ

神舟 5 号関連

| コメント(0)

公式発表によると 10 月 15 日~17 日の間、非公式な情報では日本時間の 15 日午前 10 時頃に、中国初の有人宇宙船「神舟 5 号」(Shenzhou V)が甘粛省(モンゴルに接する内蒙古自治区の西側)にある中国酒泉 卫 星 发 射中心(China Jiuquan Satellite Launch Centre (JSLC); 中国酒泉衛星打ち上げセンター)から宇宙飛行士 1 人を乗せて打ち上げられます。神舟 5 号は軌道傾斜角 42.4 度、高度 200~350km の楕円軌道を経て高度 343km、1 周およそ 90 分の円軌道へ投入され、帰還までに地球を 14 周する予定になっています。このミッションが成功すれば、中国はロシア(旧ソ連)、アメリカに次いで地球周回軌道へ人類を送り出すことができる第 3 の国家になります。

China's first manned spacecraft to blast off (:: Xinhuanet - English ::、10 月 10 日)→@nifty 翻訳

China: first manned spaceflight set for next week (CCTV-English Channel、10 月 11 日)→@nifty 翻訳

Shenzhou-5 To Launch Oct. 15 For 21 Hour Mission (spacedaily.com、10 月 9 日)→@nifty 翻訳

Final Group Of Three Yuhangyuans Made "Public" Appearances (spacedaily.com、10 月 10 日)→@nifty 翻訳

China To Launch Manned Space Craft Next Week: Official (spacedaily.com、10 月 10 日)→@nifty 翻訳

JSLC について

China Jiuquan Satellite Launch Centre (Chinese Defence Today)→@nifty 翻訳

中国地図 (JCBus)

甘粛省地図

フェルマー数

| コメント(0)

22n+1 の形をフェルマー数と呼び、Fnと書きます。17 世紀にフェルマーが「22n+1 の形の数は必ず素数になるに違いない」と考えたのでフェルマー数と呼ばれていますが、18 世紀にオイラーが F5を素因数分解して見せて、フェルマーの考えが間違っていたことがわかりました。それどころか、コンピュータの進歩した現在に至るまで F5以降に素数は 1 つも見つかっていません。フェルマーの最終定理が証明された現在では、これがフェルマーが書き残した唯一の間違いだと言う人もいます。Fnは n が 1 増えると桁数がおよそ 2 倍になるので、n が大きくなると Fnが素数か合成数かを見分けることは急激に困難になってゆきます。

Yves Gallot's Proth Search Page によると、2003 年 10 月 10 日に「合成数であることが証明された最大のフェルマー数」の記録が更新されたそうです。新たに発見された合成数のフェルマー数は F2478782という桁数の桁数が 70 万を越えてしまう巨大な数です。大きな数を表現するときに「海岸にある砂粒の数」とか「宇宙に存在する粒子の数」などととりとめのないことをよく言いますが、この数は大きすぎて現実世界に存在する物の数では例えようがありません。

Fermat factoring status (Yves Gallot's Proth Search Page)

Power Beaming

| コメント(0)

NASA の MSFC と DFRC およびアラバマ大学ハンツビル校の研究者によって、地上から送られる赤外線レーザーから取り出したエネルギーだけでプロペラを回して飛び続ける模型飛行機の実証実験が行われ、実験は成功したそうです。地上からエネルギーを供給してもらえば燃料やバッテリーが不要になって機体が軽くなり、太陽が出ていない夜間も飛び続けることができます。エネルギーを光に変えて離れたところへ送る技術は着々と進歩しているようです。

NASA research team successfully flies first laser-powered aircraft (NASA MSFC、10 月 9 日)→@nifty 翻訳

NASA RESEARCH TEAM SUCCESSFULLY FLIES FIRST LASER-POWERED AIRCRAFT (NASA DFRC、10 月 9 日)→@nifty 翻訳

530x480 JPEG Image (142 KBytes) … 小さい写真

1131x1024 JPEG Image (585 KBytes) … 大きい写真

小数点の書き方

| コメント(0)

日本の学校では小数点としてピリオドを使うように教わりますが、小数点にコンマを使う国も多くあります。asahi.com の記事によると、小数点の書き方を国際規格で統一しようという動きがあるそうです。文化が異なれば使う文字や記号が異なるのは当然のことですから、国際規格でどちらか一方を押し付けるのはちょっと違うような気がします。小数点の書き方の違いが原因で間違いが起きることを心配するくらいならば、米国がいまだにヤード法を使っているためにメートル法との変換で日々間違いが起きていることや変換にどれだけの時間と労力が費やされているかを心配するべきだと思うのは私だけでしょうか。

「,」か「.」か、小数点記号論争にピリオド? (asahi.com サイエンス、10 月 9 日)

天王星の衛星

| コメント(0)

天王星の衛星の数がまた増えたようです。国際天文連合から 10 月 9 日にアナウンスされた S/2003 U3 を含めて、現在までに 27 個の衛星が発見されています。

New Satellites of Uranus Discovered in 2003 (Scott S. Sheppard さん)

Natural Satellite Discovery Data (NASA JPL SSD)

DIGITAL Personal Workstation 500au

| コメント(0)

舩本さんからタレこみいただきました。今はなき DEC の DIGITAL Personal Workstation 500au の中古品が 19,800 円(付属品なし、消費税、送料別)だそうです。私が Alpha 搭載機に出会ったのは今から 10 年くらい前でした。清く正しい 64bit RISC プロセッサである Alpha のアーキテクチャには感動さえ覚えたものです。結局、個人で入手するに至らないまま DEC の時代は過ぎ去ってしまいましたが。

DEC Personal Workstation 500AU Alpha21164 500MHz/128MB/4GBMOVILE WORKS カールデザイン

関連

日本 DEC、パーソナル・ワークステーションに 64 ビット UNIX シリーズを追加、従来の 2 倍の価格性能比を実現 (HP COMPAQ 日本 DEC プレスリリース、1997 年 7 月 3 日)

メモ

| コメント(0)

らくがき

| コメント(0)

マンデルブロ集合から。

MS03-040 関連

| コメント(0)

IE6 では、システムにインストールされているフォントの一覧をスクリプトで取得することができます。これは仕様です。ウェブページの管理者は、閲覧者がどのようなフォントをシステムにインストールしているかを知ることができます。もしも特定のメーカーの PC にプリインストールされているフォントや特定のアプリケーションに付属しているフォントがインストールされていれば、閲覧者がそのメーカーの PC やアプリケーションを利用している(可能性が高い)という情報が外部に漏洩していることになります。そのような情報を知られたところでほとんど問題にはならないと思いますが、本人の気付かないところで必要以上の情報が外に出ているというのはあまり気持ちのよいものではありません。

対策

下の実験では Dialog Helper Object を経由しているので、インターネットゾーンの「アクティブスクリプト」または「ActiveX コントロールとプラグインの実行」を禁止するとフォントの一覧を取得できなくなります。他の方法で取得あるいは遮蔽できるかどうかは確認していません。

実験

システムにインストールされているフォントの一覧を表示します。多数のフォント(数百種類以上)がインストールされていると表示に時間がかかります。

Examples of Dialog Helper Object (Internet Explorer)

結果

Windows XP Home Edition SP1 + IE6 SP1… 対策しなければフォントの一覧が表示される

Windows 98 Second Edition + IE6 SP1… 対策しなければフォントの一覧が表示される

MS03-040

| コメント(0)

IE の累積的な修正プログラム。

絵でみるセキュリティ情報 MS03-040 : Internet Explorer の重要な更新 Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム(828750) (Microsoft セキュリティ、10 月 4 日)

Internet Explorer 用の累積的な修正プログラム (828750) (MS03-040) (Microsoft TechNet、10 月 4 日)

Windows Update (Microsoft)

MS03-040 の修正プログラムを適用したところ、MS03-032 の修正プログラムで塞がれていなかった IE のセキュリティホールの実験は動かなくなりました。しかし、IE6 のメディアバーのセキュリティホールの実験は以前と同様に動いてしまいました(Windows XP Home Edition SP1 + IE6 SP1 で確認)。

メモ

| コメント(0)

立教大教授の荒川恒男さん死去 (asahi.com 社会、10 月 4 日)

荒川 恒男 (立教大学数学教室)

研究者情報の詳細:arakawa_t (立教大学)

関連

木田祐司ホームページ (立教大学数学教室)

小惑星 2003 SQ222 関連

| コメント(0)

小惑星 2003 SQ222 が静止衛星軌道の 2 倍程度の距離のところを通過したのはインド東部に隕石が落下して被害が生じてからわずか 10 時間後のことでしたが、それらを関連付ける情報はないとのことです。

Closest asteroid yet flies past Earth (New Scientist、10 月 3 日)→@nifty 翻訳

ルイジアナ州にも隕石が落下

| コメント(0)

9 月 23 日にはルイジアナ州ニューオーリンズの民家にも合計 20kg の隕石が直撃していたそうです。小天体関連のニュースが本当によく続きますね。

Meteorite Hits House In Louisiana (NASA JPL NEO News、10 月 3 日)→ @nifty 翻訳

New Orleans fall (meteoriteguy's Home Page)→ @nifty 翻訳 … 写真あり

POV-Ray 3.5 の日本語マニュアル

| コメント(0)

POV Online より。大分大学工学部福祉環境工学科建築コースで演習用に編集・公開されている POV-Ray の日本語マニュアルが POV-Ray 3.1 用から POV-Ray 3.5 用に更新されました。こちらのマニュアルは以前から利用させていただいていたのですが、3.5 の新機能の解説が加わって大助かりです。

POV-HTML-JP-Manual (大分大学工学部福祉環境工学科建築コース)

小惑星 2003 SQ222

| コメント(0)

日本時間の 9 月 28 日午前 8 時頃、小惑星 2003 SQ222 が地球からわずか 8 万 4000km ほどのところを通過したようです。絶対光度から換算されたこの小惑星の直径は 2.7m~6m ですから、乗用車ほどの大きさでしょう。9 月 19 日には2003 SW130 が地球から 16 万 km ほどのところを通過し、9 月 27 日にはインド東部に隕石が落下して人的被害が発生、さらにサウスウェールズでも火球が撮影されるなどなど、このところ小天体関連のニュースが多いですね。

Asteroid (2003 SQ222) (NASA JPL NEO) … 軌道シミュレーション(Java)

NEODyS: 2003SQ222 (NEODyS)

環境省 生物多様性センター

| コメント(0)

人類が生物の多様性を脅かしていることは言うまでもないことです。生物の多様性を保つために個人にできることは限られてくると思うのですが、動植物を守り、地球を守ることが人類の子孫を守ることにもつながるのですから、国家や企業だけでなく個人も真剣に考えなければならない問題だと思います……そんなことを考えさせられるサイトです。

環境省 生物多様性センター (環境省)

巨大氷山 C-19

| コメント(0)

2002 年 5 月に南極大陸のロス棚氷から分離した巨大氷山 C-19 が南極沿岸のロス海を移動中。C-19 は幅が 32km、長さが 200km もあり、現存する氷山としては最大で、観測史上 2 番目に大きい氷山です。あまりにも大きいために周囲の生態系への影響が懸念されているそうです。

HUGE ANTARCTIC ICEBERG MAKES A BIG SPLASH ON SEA LIFE (NASA GSFC、10 月 1 日)→@nifty 翻訳

南極から巨大氷山が流出 NASAが衛星写真発表 (asahi.com サイエンス、10 月 2 日)

ソンブレロ銀河

| コメント(0)

ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された 6 枚の画像をつなぎ合わせて作られたソンブレロ銀河(M104、NGC4594)の超高解像画像が公開されています。ソンブレロ銀河はおとめ座銀河団の南端に位置する渦巻銀河で、直径は 5 万光年、地球からの距離は 2800 万光年。その名の通り、形がメキシコの帽子に似ています。(ソンブレロ銀河の直径と距離の記述は資料によって大きく異なるようです。ここでは下記の HubbleSite の記事を参考にしました)

Heritage Project Celebrates Five Years of Harvesting the Best Images from Hubble Space Telescope (HubbleSite、10 月 2 日)→@nifty 翻訳

Hubble Mosaic of the Majestic Sombrero Galaxy@nifty 翻訳

NASAが「ソンブレロ星雲」の画像公開 (Mainichi INTERACTIVE photo ジャーナル、10 月 2 日)

関連

M104 (アストロアーツ)

秋の夕日

| コメント(0)

撮影日:きょう。ロケ地:北山公園(東京都東村山市)。

秋の夕日

ラキッ!さん、ありがとうございます。大きい画像 (720x960px、159KB)も用意しました。

メモ

| コメント(0)

Microsoft が企業のセキュリティ管理者向けのガイドを公開したそうです。企業のセキュリティ管理も大変だと思いますが、コンピュータウイルスが蔓延するのはセキュリティホールを放置しているエンドユーザが多いことが大きな要因の 1 つと考えられますから、エンドユーザ向けのガイドももっと充実させてほしいものです。

マイクロソフト「Microsoft セキュリティ修正プログラム管理ガイド」公開 (impress INTERNET Watch、10 月 1 日)

Microsoft セキュリティ修正プログラム管理ガイド (Microsoft TechNet)

天王星の新衛星

| コメント(0)

2001 年に一度発見されたものの天王星の衛星であることを確認できないまま見失われていた S/2001 U2 が再発見されたそうです。これで天王星の知られている衛星の数が 25 個になりました。

New Satellite of Uranus S/2001 U2 (Scott S. Sheppard さん)

たおぱいぱい

| コメント(0)

釈ちゃんの日記より。激しくウケました。

Tommy's Artist Company → 釈 由美子 →Diary→ たおぱいぱい (10 月 1 日)

関連

釈由美子 インタビュー (1) (COMIN' SOON TV Web)

釈由美子 インタビュー (2) (COMIN' SOON TV Web)

火球

| コメント(0)

英国のサウスウェールズで撮影された火球。友人たちとスケートボードを楽しみながらその様子を撮影していた 10 代の Jon Burnett さんがこの稀な現象をとらえたそうです。

APOD: 2003 October 1 - A Daytime Fireball Over South Wales (NASA GSFC ANTWRP APOD)→@nifty 翻訳

海王星の新衛星

| コメント(0)

海王星に衛星が新たに 1 個発見され、海王星の知られている衛星の数が 13 個になりました。

New Satellite of Neptune S/2003 N1 (Scott S. Sheppard さん)

2003 年 10 月

| コメント(0)

10 月 1 日(水)

JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency、宇宙航空研究開発機構、ジャクサ)発足。行政改革の一環で ISAS(宇宙科学研究所)、NAL(航空宇宙技術研究所)、NASDA(宇宙開発事業団)の旧 3 機関が統合されてできた日本の宇宙開発を担う新機関。

宇宙航空研究開発機構|JAXA

資源有効利用促進法が改正施行。家庭向けパソコンの回収・リサイクルがスタート。

家庭系 PC リサイクル (JEITA パソコン 3R)

東海道新幹線品川駅が開業。

埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の全域でディーゼル車排出ガス規制開始。

ディーゼル車規制総合情報サイト (東京都 環境局)

八都県市首脳会議大気保全専門部会ホームページ

10 月 13 日(月)

体育の日。

10 月中旬?

中国が神舟 5 号(Shenzhou V)を用いた有人宇宙飛行を計画している。成功すればロシア、アメリカに次いで地球周回軌道へ人類を送り出すことができる第 3 の国家に。

Manned space mission possibly October (Xinhuanet English、9 月 26 日)→@nifty 翻訳

China paper: Astronaut trip may be in October (CNN.com Science&Space、9 月 26 日)→@nifty 翻訳

このアーカイブについて

このページには、2003年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年9月です。

次のアーカイブは2003年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3