2005年9月アーカイブ

isana さん から。NASA が 35 年来の謎だった持続時間の短いガンマ線バーストの正体が判明したので記者会見を開くと発表しました。日時は日本時間の 10 月 6 日 2 時から。会見の模様は NASA TV で中継されます。

関連

JavaScript で人工衛星の位置を表示するでガンマ線天文衛星 Swift の位置を表示できます。

ソユーズ打ち上げ

| コメント(0)

10 月初めの ISS(国際宇宙ステーション)のクルーの交代のタイミングで、米国人科学者グレッグ・オルセン氏(60 歳)が自費で ISS に滞在するそうです。オルセン氏は明日 10 月 1 日に新しいクルーと共にソユーズに搭乗して ISS へ向かい、ISS で一週間過ごしてから 10 月 11 日に現在のクルーと一緒に帰還します。自費で ISS に滞在するのは 3 人目で、費用は 2000 万 US ドル(およそ 23 億円)とのこと。

ぶんかいせいこう

| コメント(0)

"9" を 168 個並べて右端に "1" を 1 個繋げた 169 桁の数は、56 桁の素数と 114 桁の素数の積に分解されました。素因数の大きさがびみょー。

10169-9 = (9)1681<169> = C169
C169 = P56 · P114
P56 = 94211591202708488915524241578569786726705726654902440361<56>
P114 = 106144051621882701124925887117325659671531292461815961898361365027825862303359296356795774245471393139352946460831<114>
Number: 99991_169
N=9999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999991
  ( 169 digits)
SNFS difficulty: 170 digits.
Divisors found:
 r1=94211591202708488915524241578569786726705726654902440361 (pp56)
 r2=106144051621882701124925887117325659671531292461815961898361365027825862303359296356795774245471393139352946460831 (pp114)
Version: GGNFS-0.77.1
Total time: 168.51 hours.
Scaled time: 144.92 units (timescale=0.860).
Factorization parameters were as follows:
n: 9999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999999991
m: 10000000000000000000000000000000000
c5: 1
c0: -90
skew: 3
type: snfs
Factor base limits: 6000000/6000000
Large primes per side: 3
Large prime bits: 27/27
Sieved special-q in [3000000, 7600001)
Relations: rels:6364281, finalFF:925392
Initial matrix: 826019 x 925392 with sparse part having weight 57695015.
Pruned matrix : 789184 x 793378 with weight 41189257.
Total sieving time: 141.03 hours.
Total relation processing time: 0.68 hours.
Matrix solve time: 26.66 hours.
Time per square root: 0.14 hours.
Prototype def-par.txt line would be:
snfs,170,5,0,0,0,0,0,0,0,0,6000000,6000000,27,27,48,48,2.6,2.6,100000
total time: 168.51 hours.
 --------- CPU info (if available) ----------

ぶんかいちゅう

| コメント(0)

5 時すぎから Block Lanczos に突入。27 時間くらいかかる見込み。

19 時頃、50%を越えた。

ぶんかいちゅう

| コメント(0)

明日の午前中にふるいが終わる見込み。

Big Baby Galaxies

| コメント(0)

スピッツァー宇宙望遠鏡との連携で、ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された超深宇宙(Ultra Deep Field)の画像に写ったおよそ 1 万の銀河の中に予想を超える大きさのものが見つかったとのこと。ビッグバンの後、わずか数億年で急成長したのだとか。それにしても、1 万の銀河が写っているという超深宇宙の画像は何度見ても圧倒されます。適当に加工してデスクトップの壁紙にすると吉。なお、JavaScript で人工衛星の位置を表示するでスピッツァー宇宙望遠鏡が表示されないのは、スピッツァーが地球のまわりではなく太陽のまわりを回っていて、プログラムがそのような種類の人工天体に対応していないからです。

スーパーコンピュータ

| コメント(0)

ITmedia の記事に掲載されている国立情報学研究所所長さんの「資源のない日本は人と知恵しかなく、科学立国につきる」という発言に改めて同感。何のとりえもない国なんてつまらない。

ぶんかいちゅう

| コメント(0)

先週の金曜日から 169 桁の数を SNFS にかけています。1 台の PC で録画の時間を避けて休み休み動かしていますが、問題が起きなければ今週中に終わると思います。例によって ECM をあまり回していないので素因数の大きさは期待していません。

残照に輝く夜空のスペクタクル

| コメント(0)

日本時間の 23 日 11 時 24 分、現地時間の 22 日 19 時 24 分、カリフォルニアのバンデンバーグ空軍基地から軍事衛星を載せて飛び立ったミノタウロスロケットが長大な飛行機雲を作り出しました。そして風に乗ってらせん状に空高く舞い上がった飛行機雲は日没直後に高空を照らす太陽光を浴びて輝き、壮大な空の落書きが完成したのです。この現象は、こうなることを予想していた関係者によってあらかじめアナウンスされていたので、多くの天文ファンを喜ばせたそうです。ところが、天候の条件があまりも良すぎたために、飛行機雲はユタ、ネバダ、アリゾナなどの離れた地域にもぎょっとするような光景を作り出してしまい、テレビ局や地元当局には驚いた人々からの問い合わせが相次いだそうです。

気象庁の気象衛星のページで 9 月 24 日午前 6 時の全球赤外画像を見ると、オーストラリアの南側から下が真っ白になっています。ここで「ひまわり 6 号」のカメラの電源が切れてしまったそうです。再起動のために必要な機器の冷却に時間がかかったこともあって、復旧したのは 12 時 30 分の北半球の画像から。台風 17 号(サオラー)が接近していることもあり、気象庁では GOES 9 の画像を用いて急場をしのいだそうです。

「ひまわり 5 号」の老朽化で東アジアの気象観測がピンチだったときにアメリカから東経 155 度の赤道上空まで移動してきて観測を手伝ってくれた NOAA の静止実用環境衛星 GOES 9(ゴーズ 9 号)ですが、JavaScript で人工衛星の位置を表示するで表示されるように現在も東経 155 度の赤道上空にあって、気象観測を続けています。アメリカ海軍研究所海洋気象部門が公開している地球全体の可視、赤外、水蒸気の画像を見ると、西太平洋地域は「ひまわり 6 号」の運用が始まった今でも GOES 9 が担当していることがわかります。台風情報のページでは個々の台風の進路予測も行っています。

人工衛星や惑星探査機の CPU

| コメント(0)

放射線に晒される宇宙空間で活躍する人工衛星や惑星探査機では一般的にプロセスルールが太くて遅い CPU が使われるのですが、それでも最近は 100MHz を越える RISC プロセッサも使われていて「意外に速いな」という印象を受けます。8 月 12 日に打ち上げられて火星に向かっているマーズ・リコナイサンス・オービタ(MRO)は PowerPC 750(G3)をベースにした対放射線仕様の RAD750 を 133MHz で駆動しています。既に火星で活躍しているスピリットとオポチュニティーは RAD6000 の 20MHz 駆動ですから、探査機の CPU の処理能力が格段にアップしていることがわかります。一方、9 月 22 日にファーストライトが公開された小型副衛星「れいめい」の OBC(オンボードコンピュータ)は対放射線仕様ではない民生品の 32 ビット RISC プロセッサ SH-3(SH7708、60MHz)を 3 個搭載しており、三重多数決方式でフォルトトレラントなシステムを構成しているのだそうです。東工大の超小型衛星 CUTE-I(CubeSat)の CPU は H8 のようですね。

mersennewiki

| コメント(0)

Mersenne Prime Search (GIMPS)より。mersennewiki が開設されました。Great Internet Mersenne Prime Search (GIMPS) とメルセンヌ素数に関する Wiki とのことです。

10 月 3 日の午後、@nifty のサーバメンテナンスのため、STUDIO KAMADA が閲覧できなくなる時間帯があります。ご了承ください。メンテナンスは当初 9 月 12 日の午後に予定されていて、その後延期になっていました。

8 月 24 日に光衛星間通信実験衛星「きらり」(OICETS)と一緒に打ち上げられた小型副衛星「れいめい」(INDEX)が南極のオーロラを初観測したということで画像が公開されています。JavaScript で人工衛星の位置を表示するで「れいめい」の現在の位置を確認できます。http://homepage2.nifty.com/m_kamada/javascript/satellite/?q=28810 で参照すると ISS の代わりに最初から「れいめい」の軌道を表示して追跡するようになっています。

JavaScript で炎を作る

| コメント(0)

下の枠の中にマウスで文字を書くと燃え上がります。Shift キーを押しながらで消火します。Java で作った炎アプレットと基本は同じです。例によって重いです。

Opera 完全フリー化

| コメント(0)

Opera 8.5 から広告バナーが撤去され、ライセンス料金が不要になりました。JavaScript で人工衛星の位置を表示するで一番軽いのは Opera なのでお試しあれ。

Ajax で手書き文字認識

| コメント(0)

ズームやドラッグにシームレスな追従を見せる Google マップ で威力を発揮した Ajax。線を描き加えてゆくごとに次々と候補が絞り込まれてゆく手書き文字認識も Ajax の格好の題材だったとは。素晴らしいアイデアだと思いました。

NASA の月面基地計画

| コメント(0)

NASA の月面基地計画が正式に発表されました。2018 年に人類が再び月に降り立つだけでなく、着陸船などの燃料に液体メタンを採用するといった遠くない将来の有人火星探査を見据えた計画になっています。

JavaScript で球を描く

| コメント(0)

少し時間がかかります。

9 月 15 日の日記で、坂井さんによる 56 桁の素因数が champs の要件を満たしていないと書きましたが、条件を桁数で計算することになっているのは手間を減らすためにすぎず、log で計算するほうが合理的だということで、どちらで計算してもよいようにルールが一部改正されました。その結果、坂井さんの記録は晴れて第 8 位に掲載されることになりました。おめでとうございます。

http://retropc.net/x68000/person/mankaiinc.htm に書いたように、株式会社満開製作所が X68000 関連事業から撤退した後、使われなくなった mankai.co.jp ドメインは「ダイアモンドアプリコット電話研究所」が取得されていましたが、whois によると、2005 年 9 月 15 日付けで新たに「株式会社まんかい」が mankai.co.jp ドメインを取得されています。

今回 mankai.co.jp ドメインを取得された「株式会社まんかい」について検索したところ、http://honkibaito.en-japan.com/FrontDescription.do?wid=3427 にその詳細が掲載されていました。株式会社満開製作所や X68000 とは無関係の会社です。特に起業直後の忙しい時期に無関係な問い合わせは大変な迷惑になると思いますので、「株式会社まんかい」に株式会社満開製作所に関する問い合わせをしないようにお願いいたします。私達に馴染みのあるドメインを取得された「株式会社まんかい」さんの発展を期待しています。(元満開製作所スタッフ:鎌田)

使っている画像ファイルは線のパーツを規則的に並べたもの 1 枚だけです。この画像を位置と大きさを固定した SPAN 要素の背景に位置指定付きで貼り付けることで任意の場所に任意の角度のパーツを表示できます。いくつも繋げば直線も曲線も自在に描けるというわけです。長い線を描くには SPAN 要素をいくつも並べなければなりませんが、JavaScript で人工衛星の位置を表示するで使ったように広範囲に渡る線を描くことができます。なお、線ではなくてビットマップを表示したいときはだいぶ前に作ったJavaScript でマンデルブロ集合を描くのように TABLE 要素が使えますが、この方法は大きさに限界があるので人工衛星の軌道の表示には適しません。

上に書いたトリックを使って追跡している衛星の軌道を追跡を開始した日時の前後合わせて 1 周期分表示するようにしました。離心率の大きい CXO(X 線観測衛星「チャンドラ」)の軌道がループしているように見えて面白いのでお試しあれ。

JavaScript で斜めの線を描く

| コメント(0)

気温が下がった途端に熱出してます。あぅ。

JavaScript と画像ファイルを 1 枚だけ使って任意の角度の斜めの線を描く方法を思い付いたのでメモ。Windows 上の IE6,Firefox,Opera,Mozilla の十分に新しいバージョンで JavaScript を有効にすると動きます。ちょっと重いです。同じ要領で曲線を作って地図上に人工衛星の軌道を描くのに使うつもり。

私の素因数分解表で常連の坂井さんが GMP-ECM を用いて3·10166-1の 56 桁の素因数を発見しました。私が扱っている near-repdigit の範囲では Robert Backstrom さんが 2003 年 10 月に発見した 58 桁に次いで第 2 位、ECMNET では今年の top10 の第 8 位、歴代の top50 の第 11 位に入る大きさです。合成数が 123 桁しかないため、r=123/56=2.1964<2.2 で残念ながら champs の要件はわずかに満たしていません。なお、桁数ではなくて log10 で計算すると log10(C123)/log10(P56)=2.2241>=2.2 となります。

WEOS(鯨生態観測衛星「観太くん」)など 30 機追加しました。表示される衛星の数が 104 機になりました。

鯨生態観測衛星「観太くん」は千葉工業大学の小型衛星です。2002 年 12 月 14 日に環境観測技術衛星「みどり II」と一緒に H-IIA ロケット 4 号機で打ち上げられました(2002 年 12 月 13 日の日記以降を参照)。クジラに取り付けたプローブから送られてくるデータを人工衛星を使って収集することでクジラの生態を調査しようというユニークな試みで、多くの学生が衛星の設計・製作に携わったそうです。しかし、クジラにプローブを取り付ける作業が難航していて、まだ実際の観測には至っていないようです。

「ようこう」を削除して JSAT の通信衛星と B-SAT の放送衛星を追加しました。表示される衛星の数は現在 74 個です。

9 月 8 日の日記に書いたように、SOLAR A (YOHKOH)(太陽 X 線観測衛星「ようこう」)は 2005 年 9 月 12 日 18 時 16 分頃北緯 24 度東経 85 度付近で大気圏に再突入して消滅したとのことです。

表示される衛星の数が 57 個になりました。赤道上空が混雑してきたので衛星のマークを小さくして名前と位置の表示方法も変更しました。

きょう午前 10 時、減速噴射の結果「はやぶさ」と「イトカワ」の相対速度がほぼゼロ(0.25mm/ 秒)になったことが確認され、「はやぶさ」が「イトカワ」に到着したと発表されました。

小惑星探査機「はやぶさ」は小惑星「イトカワ」まで 12 日 9 時現在で残り 20km。探査機のカメラが捉えた「イトカワ」は細長くて曲がっていてゴツゴツしていて、「かりんとう」を連想してしまいました。イオンエンジンとスタートラッカを用いた自律航行はここまでほぼ順調で、次のハードルは小惑星とのランデブー、そしてタッチダウン。

軌道にあっても活動を終了している衛星をデフォルトで表示しないようにしました。メニューですべての表示を ON/OFF できます。それから大雑把な操作方法を書きました。衛星は主に日本が打ち上げた古いものをいくつか追加しました。まだ他にもあります。調べてみると既に大気圏に再突入して消滅してしまったものも多いですね。

追記 調子に乗ってスーパーバードや放送衛星などの静止衛星をどんどん加えていったら赤道上空が大混乱。

9 月 11 日

| コメント(0)

米国同時多発テロから 4 年。

衆議院議員選挙投票日。

Firefox に重大な脆弱性

| コメント(0)

IDN(国際化ドメイン名)サポートに関する任意のコードの実行に至る可能性のある極めて重大な脆弱性とのこと。パッチが公開されているほか、デフォルトで有効になっている IDN サポートを設定変更で無効化することでも回避できる。手順は、アドレスバーに about:config と入力、フィルタバーに network.enableIDN と入力、network.enableIDN の項目の値を見る。true になっている場合はその項目を右クリックして切り替えを選択して false にする。Firefox を再起動して同じ手順で network.enableIDN の項目の値が false になっていることを確認する。

ギサンギ

| コメント(0)

韓国気象庁のマスコットキャラクター「ギサンギ」(ギサングイ?)がちょっと可愛いかも。青空と雲と温度計をモチーフにしているんだって。どこかで見たことがあるような気がするのはたぶん気のせい。日本の気象庁の「はれるん」は太陽と雲と雨のカタチを組み合わせて…顔と手足をつけただけっぽい。キッズページの「はれるんランド」は Flash を使っているけれど内容は薄いのね。天文情報も扱う台湾中央気象局のキッズページには、深く掘り下げてはいないようだけれど人工衛星の軌道の話などもあって面白いかも。毎月の天文現象のページには地球に接近する小惑星の情報も書いてあるみたい。

おまけ

9 月 7 日の日記に書いた、9 月 12 日の午後に予定されていたサーバメンテナンスが延期になったそうです。ぺこり。

ハウルの動く城

| コメント(0)

「ハウルの動く城」の DVD は 11 月 16 日発売。2 枚組みの通常版が 4935 円、4 枚組みの特別収録版が 8925 円。

メニューを広げて「詳細」ボタンを追加しました。軌道要素などが表示されます。「ひまわり 5 号」の項目には説明も書き加えました。説明に出てくる GOES 9 を追加しました。地図をダブルクリックするとメニューが出てくるようにしました。衛星をダブルクリックしたときはこれまで通りその衛星を追跡します。

51779 桁もある双子素数(p と p+2 が共に素数のペア)が発見され、双子素数の世界記録が更新されました。

上にも書きましたが、1991 年 8 月に打ち上げられた太陽 X 線観測衛星「ようこう」が 9 月 12 日頃大気圏に突入します。

スクリプト全体を整理・再構築しました。衛星の同時表示に対応したので画面はにぎやかになりましたが、メニューレイヤーを用いることでボタンの配置はすっきりさせました。9 月 12 日頃大気圏に突入する太陽 X 線観測衛星「ようこう」を一時的に追加してみました。高度が落ちてどんどん加速しているので誤差が大きいと思います。

9 月 12 日の午後、@nifty のサーバメンテナンスのため、STUDIO KAMADA が閲覧できなくなる時間帯があります。ご了承ください。

ディープ・インパクト

| コメント(0)

NASA の彗星探査機ディープ・インパクトが 7 月 4 日に撮影したテンペル第一彗星の鮮明な画像が公開されています。これまでほとんど知られていなかった彗星の核の姿を、探査機は 5 メートル / ピクセルという高解像度で捉えました。細かい塵を引き寄せる程度の微小な重力しか持たない彗星は粉雪の吹き溜まりよりもふわふわしていて人がジャンプするだけで宇宙に飛び出すことができてしまいます。表面はとても滑らかな領域とさまざまな大きさの衝突火口が点在する領域に分かれていますが、これらの衝突火口がいつどのようにできたのかわかりません。さらにスペクトル分析の結果は彗星が相当量の有機物質を持っていてかつて彗星が地球の歴史に影響を与えた可能性を示唆しているようです。

メモ

| コメント(0)

Mach-2 と mach2p の ROM のバージョンの大雑把な違い。ROM 6413 に「まーきゅりーゆにっと」対策を施したものが 6414。デフォルトで非同期転送が選択されるように初期設定を変えたのが 6415。SPC が変更されて SIMM メモリが追加されてショートバスサイクルが使えなくなった mach2p 専用の ROM が 6416。mach2p でショートバスサイクルが使えるようになったときのために一応用意したけれど結局使われなかったのが 6417。mach2p の ROM については2000 年 1 月 18 日~21 日の日記で自分の力不足を棚に上げて愚痴っています。

メモ

| コメント(0)

X680x0 の周辺機器の情報(DIP スイッチとか回路図とか)は Penguin's BAR (卓さん)の X68000 HARDWARE DATA にいろいろ掲載されていますにゃ。

レピュニットの素因数分解

| コメント(0)

ECMNET のランキングが久しぶりに更新されました。青木さんのグループによって、素因数が 1 つも見つかっていなかったレピュニット R311 = (10311-1)/9 の 64 桁の素因数が発見され、ECM で発見された素因数としては歴代 2 位の大きさとしてランクインしました。残りの 247 桁も素数だったので R311は完全に分解されたことになります。これは ECM による素因数分解としては素晴らしい結果です。しかし、私の勝手な想像ですが、SNFS のターゲットを 1 つ失ったことになるのでこれはある意味失敗なのではないかと…。

メモ

| コメント(0)

JavaScript でラジオボタンのオブジェクトを作りたいとき。次の手順で作ったラジオボタンは IE6 では動作しない。

function createRadio(name) {
  var e = document.createElement('INPUT');
  e.type = 'radio';
  e.name = name;
  return e;
}
var form = document.createElement('FORM');
document.body.appendChild(form);
var i;
for (i = 0; i < 3; i++) {
  form.appendChild(createRadio('foo'));
}

応急処置。createElement が attribute を含む引数を受け付けるかどうかでブラウザの種類を判別している。

function createRadio(name) {
  var e;
  if (createRadio.isNotIE) {
    e = document.createElement('INPUT');
    e.type = 'radio';
    e.name = name;
    return e;
  }
  e = document.createElement('<input type="radio" name="'+name+'">');
  if (createRadio.isIE) {
    return e;
  }
  if (e && e.tagName == 'INPUT') {
    createRadio.isIE = 1;
    return e;
  }
  createRadio.isNotIE = 1;
  return createRadio(name);
}

オブジェクトを作る必要がなければ innerHTML を使って目的の場所に直接埋め込むほうが手っ取り早い。

メールをいただくとき

| コメント(0)

相変わらず迷惑メールの数が多すぎるため、以前から @nifty の スパムメールブロック未登録アドレスブロック を併用しています。登録されていないアドレスからのメールについては、いきなり削除するような乱暴な設定にはしていませんが、Subject が目に止まらなければ本文を読まずに捨てています。私的な都合で申し訳ありませんが、初めてメールをいただく方(または最近同じアドレスからメールをいただいていない方)は、用件に関連する具体的なキーワードを含む Subject(例えば「STUDIO KAMADA の○月○日の日記について」など)を付けて迷惑メールに埋もれないようにしていただくと助かります。よろしくお願いいたします。

オーバークロック

| コメント(0)

動作周波数 120GHz の超伝導集積回路の記事を読んでいて思い出した。一般的に PC のオーバークロックはわずかな高速化のために大きな代償を払うことになる危険があるものだけれど、Pentium 4 が 7GHz 超で動くと言われたらちょっと心が揺れてしまいそうだ。

人工衛星の位置表示

| コメント(0)

Space Fighter Now さんから。8 月 30 日の時点で「Safari でも問題なく動作してます」とのこと。ご報告をありがとうございます。手元に Mac がないのでとても助かります。地図のドラッグも動くとよいのですが…。

ハッブル宇宙望遠鏡の延命処置

| コメント(0)

ハッブル宇宙望遠鏡に搭載されているジャイロスコープのうちの 1 台が延命のために停止させられました。宇宙望遠鏡にとって目的の天体を正確に捉えるためにジャイロはなくてはならない装置です。ハッブルは予備も合わせて 6 台のジャイロを搭載していますが、そのうちの 2 台は既に機能しなくなっています。ハッブルはもともと 3 台のジャイロを用いて姿勢を制御するように設計されていますが、2 台でも従来と比較して遜色のない観測結果を得られることが確認できたので、動作していた 3 台のうちの 1 台を停止させて温存するという処置に踏み切ったそうです。この処置で観測期間は 8 ヶ月延長されて 2008 年の中頃までになるだろうとのことです。

このアーカイブについて

このページには、2005年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年8月です。

次のアーカイブは2005年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3