2006年11月アーカイブ

スペースシャトル

| コメント(0)

日本時間 12 月 8 日 11 時 35 分、スペースシャトル「ディスカバリー号」が ISS(国際宇宙ステーション)へ向けて打ち上げられます。STS-116、ISS 組み立てミッション 12A.1 で、P5 トラスの取り付けなどが行われます。また、「コロンビア号」の事故以来ソユーズ宇宙船で行われていた長期滞在クルーの交代が 4 年振りにスペースシャトルで行われます。帰還は 12 月 20 日 6 時 36 分以降の予定です。

情報収集衛星

| コメント(0)

12 月 16 日に予定されている H-IIA ロケット 11 号機による技術試験衛星 VIII 型「きく 8 号」(ETS-VIII)の打ち上げ準備と平行して、H-IIA ロケット 12 号機による情報収集衛星レーダ 2 号機、光学 3 号機実証衛星の打ち上げ準備が進んでいます。

ひまわり 6 号

| コメント(0)

11 月 28 日 20 時から「ひまわり 6 号」(運輸多目的衛星新 1 号、MTSAT-1R、HIMAWARI 6、28622、2005-006A)の航空衛星通信サービスが再開されたそうです。「ひまわり 6 号」の航空衛星通信サービスは7 月 20 日の日記に書いたように地上システムの不具合で 7 月 10 日から運用できなくなり、9 月 1 日の日記に書いたように 8 月 31 日までに処置が完了して運用再開へ向けた試験が続いていました。

ナスカの地上絵

| コメント(0)

ナスカの地上絵の Google Earth 用のデータは目印の数が先週 1,000 箇所を超えたものの、いまだに「角のある生物」を発見できず。地形が似ているところを何箇所か見つけたのだけれどどれもしっくりこなくて全部違いそう。山形大学人文学部 ナスカの地上絵プロジェクト の分布図が under construction のままなのは保護計画とも関係があるのかな。

小杉健郎教授が逝去

| コメント(0)

JAXA 宇宙科学研究本部研究総主幹で「ひので」プロジェクトマネージャーの小杉健郎教授が 24 日脳梗塞で倒れ、26 日亡くなったそうです。太陽観測衛星「ひので」(SOLAR-B)は9 月 23 日に打ち上げられ、10 月 25 日にファーストライトを迎えて本格的な観測に入ろうとしていた矢先の悲報となってしまいました。心よりご冥福をお祈りいたします。

空目

| コメント(0)

横顔 (南緯 14.7671 度、西経 75.2607 度付近)。

コネコネ

| コメント(0)

GACHA さんが X680x0 を USB メモリから起動することに成功されたそうです。これぞコネコネ。昔、家庭用ゲーム機のメモリカードを JOY STICK ポートに繋いで RAMDISK にするという(怒られそうな)ネタがあったのを思い出しました。

Mitaka Ver.1.00 (beta 6)

| コメント(0)

国立天文台 4 次元デジタル宇宙プロジェクトの 4 次元デジタル宇宙ビューワー「Mitaka」のバージョン 1.0 β 6 が公開されました。いわゆる星座早見盤的なソフトウェアと違って上映用なので画面が美しいです。地球や火星などに観測地を固定するプラネタリウム・モードとターゲットの天体を固定する宇宙空間モードがあります。我侭を言えば観測地もターゲットも固定しない宇宙船モード(Google Earth で言うところの G-Force モード。ただし宇宙船の質量は可変)が欲しいな。

新東京タワー

| コメント(0)

高いものシリーズに書いた新東京タワー(すみだタワー)のデザインが発表されました。日本の伝統美を取り入れ、日本刀や日本の伝統建築に見られる「そり」や「むくり」を意識した近未来的なデザインとのこと。高さは 610m で変わらず、展望台は地上 350m と 450m。オフィシャルページが開かなくて詳細を確認できませんです。

ナスカの地上絵

| コメント(0)

ナスカの地上絵の All items(工事中)のアイテムの数が 1,000 を超えました。ただし、人工物や轍などの最近になってできたものや自然の地形がかなり(?)混ざっているかも知れません。パスの座標や折り紙(南緯 14.6950 度、西経 75.2787 度付近)とかダイアグラム(南緯 14.6880 度、西経 75.2680 度付近)などの名前は適当です。

火星周回軌道にいる NASA のマーズ・グローバル・サーベイヤー(Mars Global Surveyor)からの通信が 11 月 2 日から途絶えています。太陽電池パネルの出力が低下している可能性があるため火星の地表にいる火星探査車オポチュニティー(Mars Exploration Rover Opportunity)が交信を試みましたが、オポチュニティーもマーズ・グローバル・サーベイヤーからの信号を受信することができませんでした。通信回復の試みは続けられますが、マーズ・グローバル・サーベイヤーのミッションはこのまま終了となるかも知れません。マーズ・グローバル・サーベイヤーは 10 年前の 1996 年 11 月 7 日に打ち上げられ、1997 年 9 月 11 日に火星周回軌道に乗りました。1999 年 4 月から火星の地表の撮影を開始し、当初 2 年間(火星の 1 年間)の計画だったミッション期間は 4 倍に伸びています。長命ゆえに単に地形を観測するだけでなく火星の極地方の季節による変化も克明に捉えてきました。マーズ・グローバル・サーベイヤーが地球へ届けた画像は 24 万枚を超えています。

すばる望遠鏡

| コメント(0)

国立天文台ハワイ観測所のすばる望遠鏡に 188 素子補償光学系とレーザーガイド星生成システムが搭載され、試験観測が行われたそうです。大気による揺らぎは地上に設置された天体望遠鏡の弱点です。すばる望遠鏡の回折限界(理論的な解像度)は波長 2 μ m の近赤外線で 0.06 秒角なのに、実際には大気による揺らぎの影響で 10 倍も悪い 0.6 秒角になっていました。この問題を解決するために開発されたのが 188 素子補償光学系とレーザーガイド星生成システムです。188 素子補償光学系は波面センサーによって測定されたガイド星の揺らぎを 1/1000 秒単位で可変形状鏡にフィードバックさせて大気による揺らぎを打ち消します。レーザーガイド星生成システムは高度約 90km のナトリウム層にレーザー光線を照射してナトリウム原子を発光させることで人工的にガイド星を作り、近くに明るいガイド星がない天域でも補償光学系が使えるようにします。今回の試験観測でほぼ回折限界の 0.063 秒角が達成され、すばる望遠鏡の解像度が従来の約 10 倍に改善されたことを確認できたそうです。

ハチドリ 2

| コメント(0)

ナスカの地上絵のデータにHummingbird2 - ハチドリ 2(南緯 14.6938 度、西経 75.2633 度付近)などを追加しました。このハチドリは有名なHummingbird - ハチドリ(南緯 14.6922 度、西経 75.1490 度付近)よりもシンプルな別の地上絵です。昨日追加したアイテムの中にどこかで見たような気がする四角形と直線が並んだ地上絵があって気になっていたのですが、それは4 月 20 日の日記に書いた山形大学の研究チームが新たに発見した地上絵として一部で報道されていた写真に写っていたもののひとつでした。写真ではわからなかった大きさも Google Earth で見ると四角形だけで南北 40m×東西 500m くらいあることがわかります。これほど大きな地上絵が以前に誰にも気付かれていなかったとは考えにくいですが、学術的な調査を行ったのは山形大学のチームが初めてだったのでしょう。その四角形と直線の地上絵に全長 80m くらいの前述のハチドリの地上絵が隣接しています。

赤ちゃんコンドル

| コメント(0)

ナスカの地上絵のデータにBaby condor - 赤ちゃんコンドル(南緯 14.7905 度、 西経 75.0064 度付近)などを追加しました。Baby condor は赤ちゃんと言っても全長が 25 メートルくらいあって恐竜のような姿をしています。残念ながら現在の Google Earth の解像度では Baby condor の地上絵は不明瞭ですが、例によって推定される位置に青い線で大雑把な形を描いてみたのでそこにいることはなんとなくわかるでしょう。All items で表示されるアイテムの数は 750 個を超えました。

GPS IIR-16(M) 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間今日 4 時 12 分、GPS IIR-M シリーズの GPS 衛星 GPS IIR-16(M)(29601 2006-052A)がフロリダ州のケープカナベラル空軍基地から Delta II ロケットで打ち上げられました。1 時間 08 分 15 秒後に衛星が遠地点高度約 2 万 km の遷移軌道へ投入され、打ち上げは成功しました。GPS IIR-16(M) は 2005 年 9 月 26 日に打ち上げられた GPS IIR-14(M)(28874 2005-038A GPS BIIRM-1 (PRN 17)、軌道面 C、スロット 4)、9 月 26 日に打ち上げられた GPS IIR-15(M)(29486 2006-042A GPS BIIRM-2 (PRN 31)、軌道面 A、スロット 2)に続く 3 機目の新世代 GPS 衛星で、1993 年から運用されている GPS IIA-13(22779 1993-054A GPS BIIA-22 (PRN 05)、軌道面 B、スロット 4)の後継機です。GPS 衛星は現在 30 機で運用されており、今後すべての GPS 衛星が耐ジャミング性能などの優れた新世代機に置き換えられます。

千島沖地震関連

| コメント(0)

昨日、0 時 55 分に「0 時 32 分にすべての地域の津波注意報が解除されました」と書きましたが、実際に解除されたのは 1 時 30 分でした。おわびして訂正します。誤報の直接的な原因は津波注意報を発表しているおおもとの気象庁のホームページの情報が間違っていたためで、気象庁のホームページが間違っていたのはホームページの更新を委託されている日本気象協会のプログラムにバグがあったためとのことです。書いた後にリンクのチェックで一度確認したのですがその時点ではまだ修正されておらず、次に見たのが実際に注意報が解除された後だったため今日新聞を見るまで誤報があったことに気付きませんでした。おおもとの情報源が間違っていると困ってしまうのですが、解除については緊急度が低いので時間をかけて確認することにしたいと思います。

実際に津波注意報が解除された 1 時 30 分よりも後に、昨日書いたように各地で最大の津波が観測されました。この点について気象庁は「十分に注意を呼びかけたので注意報を解除した」「注意報解除のタイミングが早すぎたとは感じていないが、改善を検討したい」(MSN 毎日インタラクティブ)とのこと。津波注意報が発令されていなかった四国や九州でも最大 50cm の津波が観測されたことも併せて考えると、気象庁は津波注意報を解除した 1 時 30 分の時点でより大きな津波の発生を予測できていなかったのでしょう。地震関連の技術は大きな揺れが来る前にその大きさをある程度予測できるようになるなど進歩していますが、津波の規模についてもより的確な予測ができるように技術が進歩することを期待したいです。

地震関連

| コメント(0)

気象庁は今回の地震の規模を M8.1 から M7.9 に修正しました。また、三宅島坪田(東京都)では地震発生からおよそ 8 時間後、第 1 波の到達から 4 時間 33 分後の 4 時 09 分に 80cm、注意報の対象になっていなかった奄美市(鹿児島県)でも 4 時 58 分に 40cm の津波が観測されていました。三宅島坪田の潮位観測情報を見ると 23 時 36 分の第 1 波は見分けられないくらい微弱だったのに 3 時以降のグラフは大きく暴れており、4 時過ぎの変動は振幅が 160cm 近くに達していることがわかります。

地震関連

| コメント(0)

日本時間 11 月 15 日 20 時 14 分頃に千島列島(キリル諸島)の東の海底で発生した地震について、USGS が地震の規模を M8.3 に修正しました(速報では M7.7 と発表され、すぐに M7.8 に修正されていました)。震源の位置は北緯 46.616 度、東経 153.224 度、深さは 28.5km にそれぞれ更新されています。今年に限って見ると、地球全体で M8.0 以上の地震が観測されたのは初めてで、M7.0 以上の地震は 10 回目です。M8.0 に近かった地震としては5 月 3 日(日本時間 5 月 4 日)にトンガで発生した M7.9 の地震があります。死者または行方不明者の数では5 月 26 日(日本時間 5 月 27 日)にインドネシアのジャワ島を襲った M6.3 の地震で 5,749 人が犠牲になっており、地震の規模と犠牲者の数は必ずしも比例しないことがわかります。

実は 2 回目

| コメント(0)

HashiM さん から。HashiM さんのご実家でも避難勧告が出されて避難されたそうです。オホーツク海沿岸といえば佐呂間町は竜巻の被害に遭ったばかりで大変そうだなと思っていましたが、そのときの大雨でも避難勧告が出されていたとのこと。同じ地域に半月の間に異なる理由で 2 回も避難勧告が発令されたとは驚きました。

津波注意報解除

| コメント(0)

0 時 32 分、すべての地域の津波注意報が解除されました。幸い今回発生した津波の規模は予想よりも小さかったようですが、もしも大きな津波が襲ってきたらそれが見えてから逃げても間に合わないと言われています。津波警報が発令されたらとりあえず高台に逃げてから様子を見ましょう。

津波警報→津波注意報

| コメント(0)

北海道太平洋沿岸東部とオホーツク海沿岸に発令されていた津波警報は 23 時 30 分に津波注意報に切り替えられました。

津波警報発令中

| コメント(0)

23 時 00 分現在、北海道太平洋沿岸東部とオホーツク海沿岸に津波警報が引き続き発令されています。気象庁の釧路、花咲、網走の 21 時以降の潮位観測情報に大きな変動が見られ、花咲では最高点と最低点の差が 40cm 近くに達したようです。津波が観測されていない地域でも第 1 波到達予想時刻の 2 時間後までは警戒が必要です。

津波警報発令

| コメント(0)

北海道太平洋沿岸東部とオホーツク海沿岸に津波警報が発令されました。津波警報が発令されている海岸や海に近い川沿いにいる人はすぐに高台に避難してください。到達予想時刻と高さは目安です。第 1 波よりも第 2 波、第 3 波のほうが高くなることがあります。

津波警報(地域 第 1 波到達予想時刻 高さ)

北海道太平洋沿岸東部 21 時 10 分 1m

オホーツク海沿岸 21 時 20 分 2m

静岡県に至る広い範囲に津波注意報が発令されています。

NOAA による津波到達予想時刻(UTC なので 1219 は 21 時 19 分)

 LOCATION                            COORDINATES     ARRIVAL TIME
 --------------------------------    ------------    ------------
 RUSSIA           URUP IS            46.1N 150.5E    1139Z 15 NOV
                  PETROPAVLOVSK K    53.0N 159.5E    1222Z 15 NOV
                  SEVERO KURILSK     50.8N 156.1E    1227Z 15 NOV
                  UST KAMCHATSK      56.1N 162.6E    1246Z 15 NOV
                  MEDNNY IS          54.7N 167.4E    1250Z 15 NOV
 JAPAN            KUSHIRO            42.8N 144.2E    1225Z 15 NOV
                  HACHINOHE          40.5N 141.8E    1253Z 15 NOV
                  KATSUURA           35.1N 140.3E    1317Z 15 NOV
                  SHIMIZU            32.8N 132.8E    1444Z 15 NOV
                  OKINAWA            26.2N 128.0E    1529Z 15 NOV
 MARCUS IS.       MARCUS IS.         24.3N 154.0E    1408Z 15 NOV
 WAKE IS.         WAKE IS.           19.3N 166.6E    1506Z 15 NOV
 MIDWAY IS.       MIDWAY IS.         28.2N 177.4W    1513Z 15 NOV
 N. MARIANAS      SAIPAN             15.3N 145.8E    1531Z 15 NOV
 GUAM             GUAM               13.4N 144.7E    1553Z 15 NOV
 MARSHALL IS.     ENIWETOK           11.4N 162.3E    1603Z 15 NOV
                  KWAJALEIN           8.7N 167.7E    1638Z 15 NOV
                  MAJURO              7.1N 171.4E    1656Z 15 NOV
 TAIWAN           HUALIEN            24.0N 121.8E    1617Z 15 NOV
 CHUUK            CHUUK IS.           7.4N 151.8E    1628Z 15 NOV
 POHNPEI          POHNPEI IS.         7.0N 158.2E    1630Z 15 NOV
 YAP              YAP IS.             9.5N 138.1E    1632Z 15 NOV
 PHILIPPINES      PALANAN            17.1N 122.6E    1639Z 15 NOV
                  LAOAG              18.2N 120.6E    1658Z 15 NOV
                  LEGASPI            13.2N 124.0E    1701Z 15 NOV
                  SAN FERNANDO       16.6N 120.3E    1727Z 15 NOV
                  DAVAO               6.8N 125.7E    1731Z 15 NOV
                  ZAMBOANGA           7.0N 122.2E    1818Z 15 NOV
                  MANILA             14.5N 120.8E    1821Z 15 NOV
                  PUERTO PRINCESA     9.8N 119.0E    1903Z 15 NOV
                  ILOILO             10.8N 122.8E    1920Z 15 NOV
 KOSRAE           KOSRAE IS.          5.5N 163.0E    1652Z 15 NOV
 BELAU            MALAKAL             7.3N 134.5E    1701Z 15 NOV
 JOHNSTON IS.     JOHNSTON IS.       16.7N 169.5W    1703Z 15 NOV
 HAWAII           NAWILIWILI         22.0N 159.4W    1720Z 15 NOV
                  HONOLULU           21.3N 157.9W    1736Z 15 NOV
                  HILO               19.7N 155.1W    1756Z 15 NOV
 INDONESIA        GEME                4.8N 126.8E    1731Z 15 NOV
                  BEREBERE            2.5N 128.7E    1742Z 15 NOV
                  WARSA               0.6S 135.8E    1759Z 15 NOV
                  MANOKWARI           0.8S 134.2E    1806Z 15 NOV
                  PATANI              0.4N 128.8E    1811Z 15 NOV
                  JAYAPURA            2.4S 140.8E    1815Z 15 NOV
                  SORONG              0.8S 131.1E    1815Z 15 NOV
                  MANADO              1.5N 124.8E    1816Z 15 NOV
                  TARAKAN             3.3N 117.6E    1923Z 15 NOV
                  SINGKAWANG          1.0N 108.8E    0142Z 16 NOV
                  PANGKALPINANG       2.0S 106.2E    0615Z 16 NOV
 KIRIBATI         TARAWA IS.          1.5N 173.0E    1746Z 15 NOV
                  KANTON IS.          2.8S 171.7W    1902Z 15 NOV
                  CHRISTMAS IS.       2.0N 157.5W    1947Z 15 NOV
                  MALDEN IS.          3.9S 154.9W    2030Z 15 NOV
                  FLINT IS.          11.4S 151.8W    2127Z 15 NOV
 NAURU            NAURU               0.5S 166.9E    1750Z 15 NOV
 PAPUA NEW GUINE  KAVIENG             2.5S 150.7E    1754Z 15 NOV
                  MANUS IS.           2.0S 147.5E    1758Z 15 NOV
                  VANIMO              2.6S 141.3E    1813Z 15 NOV
                  RABAUL              4.2S 152.3E    1816Z 15 NOV
                  WEWAK               3.5S 143.6E    1824Z 15 NOV
                  KIETA               6.1S 155.6E    1837Z 15 NOV
                  AMUN                6.0S 154.7E    1843Z 15 NOV
                  MADANG              5.2S 146.0E    1849Z 15 NOV
                  LAE                 6.8S 147.0E    1918Z 15 NOV
                  PORT MORESBY        9.5S 147.0E    2039Z 15 NOV

日本時間 20 時 14 分頃、千島列島の中央部の東側(北緯 46.683 度、東経 153.224 度付近)の海底で地震がありました。規模は M8.1(気象庁、NOAA)~M7.8(USGS)、深さは 27.7km。

10^n+7

| コメント(0)

素因数が大量に送られてきたので 10n+7 の素因数分解表を n=200 まで伸ばしました。n=150 までは分解済みで残りは 27 個。分解結果は匿名でも投稿できます。

パルパの地上絵

| コメント(0)

ナスカの地上絵のデータは北側のパルパ(Palpa)地方を含んでしまっているのでパルパの地上絵の名前もいくつか追加してみました。Google Earth の解像度では細かい線までは見えませんが、例えばトゥミ(Tumi;儀式などで使う仮面の付いたナイフ)の絵は矢印のような形が特徴なので探しやすいです。ナスカの地上絵には犬やサルが出てくるのに、パルパの地上絵に見られる動物はだけなのだそうです。詳しい資料が公開されているのでこれらの位置もわかっているのですが、鳥の絵は破壊されており、鯨の絵は解像度が足りず、残念ながら両方とも Google Earth では判別することができませんでした。

Fish もいいけど

| コメント(0)

ラキッ!さん から。「津階心地杯加賀?」ってのもありましたねー。

ナスカの地上絵

| コメント(0)

ナスカの地上絵の Google Earth 用のデータの All items のアイテム数が 480 個くらいになっています。傾けて見るとプッシュピンの森が・・・。

BADR 4 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 11 月 9 日 5 時 01 分、サウジアラビアの商業用通信衛星 BADR 4 がカザフスタンのバイコヌール宇宙基地(チュラタム射場)から Proton M/Breeze M ロケットで打ち上げられました。衛星は所定の静止トランスファー軌道へ投入され、打ち上げは成功しました。BADR 4 の別名は ARABSAT 4B で、3 月 1 日に打ち上げに失敗した ARABSAT 4A の代替機です。Ku バンド×32 本の中継器を搭載しており、東経 26 度の赤道上空に静止してモロッコからアラビア湾までとヨーロッパの一部にテレビとインターネットのサービスを提供します。

H-IIA ロケット 11 号機

| コメント(0)

12 月 16 日の「きく 8 号」の打ち上げを控えて行われた H-IIA ロケット 11 号機の極低温試験で 3 箇所不具合が見つかったとのこと。打ち上げ日程に影響しなければよいのですが。

水星の太陽面通過

| コメント(0)

日本の明日の日の出は水星が太陽の手前を横切っている最中に訪れます。東京の水星の出は 6 時 11 分頃、水星が太陽の中心に最も近付くのは 6 時 42 分頃、水星が太陽面から抜ける第 4 接触(外触の終わり)は 9 時 10 分頃。肉眼で太陽を直接見てはいけません。水星が小さいからといって双眼鏡や望遠鏡で見ようとするのはさらに危険です。

突風

| コメント(0)

13 時 20 分頃に北海道の佐呂間町で発生した竜巻と見られる突風は、規模が大きかった上にプレハブの工事事務所兼宿舎が巻き込まれたこともあって 9 人も亡くなる惨事になってしまいました。まるで怪獣が通ったあとのようにあらゆる物がなぎ倒された被災地の映像は人間の無力さを感じさせます。それにしても、日本は竜巻に対して無防備すぎるように思います。緊急地震速報のように、たとえ 30 秒でも早く竜巻の発生を知ることができるかどうかが生死を分けるかも知れません。ドップラー気象レーダーの設置台数を増やすといった具体的な対策がとられることを期待したいです。

アカマクミドリ虫

| コメント(0)

水面が赤茶色の何かで覆われているのを見るとびっくりするけれど、この池が赤褐色に染まるのはアカマクミドリ虫という貴重な生物が活発に活動しているためなんだって。濁っているわけではないので膜の隙間から鮮やかなオレンジ色の鯉の姿を確認できますよ。

撮影日:きょう。ロケ地:北山公園

DMSP-17 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 11 月 4 日 22 時 53 分、アメリカの軍事気象衛星(Defense Meteorological Satellite Program satellite)DMSP-17 (29522 2006-050A USA 191,AMS-16,DMSP Block 5D-3 F-17,DMSP-17) がバンデンバーグ空軍基地から Delta IV ロケットで打ち上げられました。衛星は 18 分 27 秒後に切り離され、打ち上げは成功しました。

メモ

| コメント(0)

BRAINSTORM さんから。お大事になのです。

ナスカの地上絵

| コメント(0)

ナスカの地上絵のデータを更新しました。領域分割だけだと主要な地上絵を探しにくいので radioFolder を使って主要な地上絵だけを表示するモード(Noteworthy items)と登録されているすべての地上絵を領域分割して表示するモード(All items)を選択できるようにしてみました。デフォルトは Noteworthy items で従来通り主要な地上絵の位置が表示されます。All items に切り替えると 200 個以上の地上絵(または地上絵と思われるもの、その他)の位置が表示されます。

ナスカの地上絵

| コメント(0)

ナスカの地上絵の Google Earth 用のデータを 0.01 度四方の領域に分割してみるテスト。

Google Earth 4.0.2416

| コメント(0)

Google Earth 4.0.2416 が公開されました。メニューのヘルプのアップデートのチェックでは表示されませんでしたが、最新のバージョンをダウンロードしてきて上書きすることで更新できました。今回から無料版でもパスとポリゴンを編集できるようになったそうです。

2005 年 8 月 24 日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から Dnepr ロケットで打ち上げられた光衛星間通信実験衛星「きらり」(OICETS)が 10 月 16 日に定常段階を終了し、後期利用段階へ移行したそうです。「きらり」は ESA の先端型データ中継技術衛星 ARTEMIS との光衛星間通信実験に合計 100 回成功するなど、設計寿命である 1 年間に光通信に必要な捕捉、追尾、指向の技術を軌道上で実証し大きな成果を上げました。

オリゲーフェスタ

| コメント(0)

有志の尽力で来年のオリゲーフェスタ開催へ向けた準備が進んでいるようです。

このアーカイブについて

このページには、2006年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3