2007年2月アーカイブ

現地時間の月曜日の午後、KSC(ケネディ宇宙センター)の発射台 39A で 3 月 15 日の打ち上げに向けて準備の最終段階に入っていたスペースシャトル「アトランティス号」に突然ゴルフボール大の雹の嵐が降り注ぎました。重力と秒速 28 メートルの風で叩きつけられた雹で外部燃料タンクの断熱材が広範囲に渡って傷ついてしまったため、シャトルを一旦発射台から VAB(シャトル組み立て棟)に戻して修理することになりました。その結果 3 月 25 日までの打ち上げ可能期間には間に合わず、「アトランティス号」の打ち上げは 4 月 21 日以降に延期されることになりました。可能性は低いようですが、最悪の場合はタンクを交換しなければならないため、6 月以降になる可能性もあります。1 月 20 日の日記に書いたように今年はスペースシャトルの打ち上げスケジュールが詰まっており、序盤からこの調子だと日本の実験棟「きぼう」の打ち上げがいつになるのか気がかりです。

情報収集衛星関連

| コメント(0)

2006 年 7 月 6 日の日記に内閣衛星情報センターの地上局の話を少し書きましたが、その後 Google Maps の解像度が上がり、現在は情報収集衛星のメインの地上局である副センターのレドームもはっきり写っています。敷地が広いのであまり大きく見えませんが、ズームアウトしてみるとここだけ縮尺が間違っているのではないかと思うくらいレドームも建物も異様に大きいことがわかります。

「風雲 1 号 C」関連

| コメント(0)

軌道要素が公開されている「風雲 1 号 C」のデブリの数がさらに増えて 817 個になっています。JavaScript で人工衛星の位置を表示するには遠地点高度が 320km 以上、近地点高度が 360km 以下の 14 個だけを表示しています。

イラン国営テレビがロケットの打ち上げに成功したと報じたとのこと。要確認。

情報収集衛星の打ち上げ成功

| コメント(0)

13 時 41 分、情報収集衛星レーダ 2 号機と情報収集衛星光学 3 号機実証衛星を載せた H-IIA ロケット 12 号機が種子島宇宙センターから打ち上げられました。衛星は予定された軌道に投入され、打ち上げは成功しました。レーダ 2 号機は太陽電池パドルを展開して順調に飛行しているようです。合成開口レーダアンテナの展開については非公表とのこと。

情報収集衛星の打ち上げ

| コメント(0)

情報収集衛星レーダ 2 号機と情報収集衛星光学 3 号機実証衛星を載せた H-IIA ロケット 12 号機が未明に射点へ移動し、13 時 41 分の打ち上げを待っています。打ち上げウインドウは 10 分間。情報収集衛星の打ち上げは当初の予定だった 2 月 15 日から気象条件の制約で 3 度延期されて今日になりましたが、もしも今日も打ち上げられないと中 5 日ルールによって 2 月中の打ち上げはできなくなり、6 月以降までおあずけとなってしまいます(月周回衛星「セレーネ」(SELENE)の打ち上げ準備との兼ね合いもあるので 6 月に打ち上げられるのかどうかはまだわかりません)。

ツバル

| コメント(0)

ツバル(Tuvalu)は南太平洋の東経 178 度、南緯 8 度付近に位置する小さな国です。サンゴ礁(環礁)の上に砂が堆積してできた島で、平均海抜は 2m、最高点でも 5m しかありません。9 つの島を全部合わせても三宅島の半分にも満たない 25.9km2の土地に約 11,810 人(2006 年 7 月)が暮らしています。ツバルの国別ドメインコード「TV」は日本でもよく知られていますが(例えば http://www.haruhi.tv/ とか)、ドメインコードの使用権料は変動が大きく、資源に乏しいツバルの国家財政は厳しいようです。地球温暖化が予想を上回るペースで海面を上昇させており、このまま海面の上昇が続けばいずれ国土の大半が水没してしまうかも知れません。

GPS 衛星の話

| コメント(0)

2 月 5 日の日記に書いた「風雲 1 号 C」の破壊実験に関する日経 BPnet の松浦晋也氏の記事の続きの「もし GPS 衛星が破壊されたら」を読むべし。可能性は低いけれどアメリカの GPS 衛星が破壊されると物流の停滞などで大きな損害をこうむることになるので日本は独自に GPS 互換の衛星測位システムを構築するべきだというお話です。

GPS 衛星はアメリカが部隊の配置やミサイルの誘導に用いるために配備している軍事衛星です。その電波を民間に解放し世界中の国々に継続的に提供することで、アメリカはその強固な軍事力の一端を担う GPS 衛星を他国から攻撃されにくくしています。GPS 衛星を攻撃すればアメリカだけでなく他の多くの国を敵に回すことになるからです。自ら誘導電波を発信しているため標的になりやすいという GPS 衛星の“弱点”をカバーする巧妙な手法だと思います。しかし、そもそも戦争というのは愚かな国が他国の迷惑を顧みずに始めることですから、GPS 衛星が破壊される可能性もゼロとは言えないでしょう。少し古い情報ですが、JAXA のサイトによると 2002 年の統計で GPS 受信機を最も多く利用しているのは日本で世界の 44%、アメリカは 2 番目で 30%、3 番目はヨーロッパの 23%となっており、世界中の国々が GPS を利用しているといっても GPS 受信機市場の 4 分の 3 は日本とアメリカなのだそうです。GPS 衛星が破壊されると最も影響を受けるのは日本なのです。また、ロシアはグロナス(12 月 1 日の日記を参照)、EU はガリレオ(2005 年 12 月 18 日の日記を参照)、中国も「北斗」(2 月 3 日の日記を参照)の配備を始めていて、GPS 衛星がなくても困らない国が増えることは前述の GPS 衛星を攻撃しにくい仕組みに影響を与えるかも知れません。日本も準天頂衛星の打ち上げ計画を積極的に進めて少なくとも 3 機の打ち上げと運用にかかる費用くらいは予算に組み込まれるようになるとよいのですが、今のところあまり期待できそうにありませんね。

情報収集衛星の打ち上げ

| コメント(0)

明日 22 日に予定されていた H-IIA ロケット 12 号機による情報収集衛星レーダ 2 号機と情報収集衛星光学 3 号機実証衛星の打ち上げは天候の悪化が予測されるため 2 月 24 日に延期されました。

情報収集衛星の打ち上げ

| コメント(0)

H-IIA ロケット 12 号機による情報収集衛星レーダ 2 号機と情報収集衛星光学 3 号機実証衛星の打ち上げ日が 2 月 22 日に決定。

TBS 世界遺産

| コメント(0)

Google Earth の特集コンテンツに「TBS 世界遺産」が登場しました。TBS 系の番組「世界遺産」で放送された約 500 件の世界遺産の情報が日本語で表示されます。

アイコンの座標は「UNESCO 世界遺産 - Herminator」と同じで精度が低く(分の単位?)紹介されている写真の場所を正確に指しているわけではなく、ダブルクリックでズームすると迷うことがあります。例えば、ペルーの「マチュ・ピチュの歴史保護区」の写真の場所はアイコンの位置から南東に 7km くらい離れています。

情報収集衛星の打ち上げ

| コメント(0)

H-IIA ロケット 12 号機による情報収集衛星レーダ 2 号機と情報収集衛星光学 3 号機実証衛星の打ち上げは 2 月 22 日以降とのこと。

THEMIS 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 8 時 01 分、NASA の磁気圏観測衛星 THEMIS A~THEMIS E の 5 機を搭載した Delta II ロケットがフロリダ州のケープ・カナベラル空軍基地を飛び立ちました。5 機はロケットの 3 段目にピラミッドの 5 つの頂点のような位置関係で配置されており、打ち上げから 1 時間 13 分 42 秒後に先頭の THEMIS A、続いて THEMIS B~THEMIS E が同時に分離して所定の軌道に投入され、打ち上げは成功しました。

THEMIS 打ち上げ延期

| コメント(0)

日本時間の今朝予定されていた NASA の磁気圏観測衛星 THEMIS の打ち上げは強風のため 24 時間延期されました。次の打ち上げ予定は日本時間 2 月 18 日 8 時 01 分~8 時 19 分。

情報収集衛星打ち上げ延期

| コメント(0)

射点上空に氷結層を含む雲が観測されたため、天候制約により今日の H-IIA ロケット 12 号機の打ち上げは延期されました。次回の打ち上げ日は未定。ウインドウは 2 月 28 日まで。

情報収集衛星の打ち上げ

| コメント(0)

H-IIA ロケット 12 号機はいつもよりも少し遠回りをして 0 時 56 分に射点に到着したそうです。打ち上げは 13 時 41 分~13 時 51 分。

「風雲 1 号 C」関連

| コメント(0)

トラッキングされている「風雲 1 号 C」のデブリの数がさらに増えて 757 個になりました。

情報収集衛星関連

| コメント(0)

情報収集衛星レーダ 2 号機と情報収集衛星光学 3 号機実証衛星の打ち上げは 2 月 16 日 13 時 41 分~13 時 51 分。

THEMIS の打ち上げ

| コメント(0)

日本時間 2 月 16 日朝に予定されていた NASA の磁気圏観測衛星 THEMIS(Time History of Events and Macroscale Interaction during Substorms)の打ち上げは天候不良で燃料の充填が遅れたため 24 時間延期されました。THEMIS は 5 機の衛星で構成されており、オーロラが揺らめく仕組み(サブストーム)を解明して磁気圏が太陽風から地球をどのように守っているのかを知る手掛かりを探します。2 月 17 日 8 時 05 分~8 時 23 分、ケープカナベラルから Delta II ロケットで 5 機同時に打ち上げられます。

情報収集衛星の打ち上げ

| コメント(0)

2 月 15 日に予定されていた情報収集衛星レーダ 2 号機と情報収集衛星光学 3 号機実証衛星の打ち上げは天候悪化が予想されるため 2 月 16 日に延期されました。

若田光一宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)の第 18 次長期滞在搭乗員に決定したそうです。バックアップは野口聡一宇宙飛行士。期間は 2008 年に予定されている STS-126(ULF2)から STS-127(2J/A)までの約 3 ヶ月間で、打ち上げと帰還はスペースシャトルです(ソユーズを用いるアメリカとロシアのクルーは通常約 6 ヶ月間滞在します)。2007 年末から建設が始まる予定の日本の実験棟「きぼう」に関するミッションを含めて活躍が期待されます。

FFFTP Version 1.92b

| コメント(0)

Sota's Web Page (曽田さん)より、FFFTP Version 1.92b が公開されました。

mint 3.10

| コメント(0)

桑島技研Online (立花えり子さん)より、mint 3.10 が公開されました。

JSAT 横浜衛星管制センター

| コメント(0)

ITPro の JSAT 横浜衛星管制センターの紹介記事が易しくてわかりやすい。

「風雲 1 号 C」関連

| コメント(0)

トラッキングされている「風雲 1 号 C」のデブリの数がさらに増えて 707 個になりました。

海王星の衛星の名前

| コメント(0)

2 月 7 日の日記に書いた海王星の衛星の名前の関連記事。

オリゲー・フェスタ☆68 復活

| コメント(0)

第 10 回オリゲー・フェスタ☆68 は 2007 年 5 月 4 日開催。場所は秋葉原の損保会館 5F、502-503 会議室。

ICBM テスト成功

| コメント(0)

アメリカはバンデンバーグ空軍基地(カリフォルニア州)の今年最初の打ち上げとなる非武装大陸間弾道ミサイルテストを成功させました。日本時間 2 月 7 日 17 時 14 分、105 トンある格納庫の扉が爆破されると同時に模擬弾頭を搭載したミニットマン III が離陸し、およそ 20 分後に約 4,200 マイル(6,759km)離れたレーガン試験場(マーシャル諸島 クェゼリン環礁)の標的に命中しました。無線通信を用いず GPS による誘導だけで遂行されたテストは今回が初めてとのこと。収集されたデータは国防総省やエネルギー省が利用します。

Stella Theater Lite Ver 2.60

| コメント(0)

Toxsoft さんのプラネタリウムソフト Stella Theater Lite Ver 2.60 が公開されました。マウスホイールの対応と Windows Vista に合わせたデザインの採用など。

NASA の宇宙飛行士が誘拐・・・

| コメント(0)

2006 年 7 月 5 日打ち上げのスペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗したミッションスペシャリストのリサ・ノワック宇宙飛行士が誘拐・・・されそうになったのかと思ったらそうではなくて、本人が誘拐未遂、器物損壊、強盗未遂、殺人未遂の容疑で逮捕されたらしい。保釈金は 25,500 ドル(300 万円くらい)。何やってんだか。

海王星の衛星の名前

| コメント(0)

X680x0 ユーザにお馴染みの LAN+USB+Memory ボード「ネレイド」(Nereid)の名前は海王星(Neptune)の衛星から付けられたものですが、ネレイドよりも外側の軌道を回っている 2002 年以降に新たに発見された衛星は最近まで正式な名前がありませんでした。先週、それらの衛星が命名されて、海王星の知られている 13 個の衛星すべてに名前が付きました。海王星の衛星の名前は内側から順にナイアド(III Naiad)、タラッサ(IV Thalassa)、デスピナ(V Despina)、ガラテア(VI Galatea)、ラリッサ(VII Larissa)、プロテウス(VIII Proteus)、トリトン(I Triton)、ネレイド(II Nereid)、ハリメデ(IX Halimede)、サオ(XI Sao)、ラオメデイア(XII Laomedeia)、プサマテ(X Psamathe)、ネソ(XIII Neso)となっています。これらの名前の多くはギリシャ神話に登場するネレイス(Nereids。海の妖精(sea nymphs)。海の老人ネレウス(Nereus, the Old Man of the Sea)とドリス(Doris)の 50 人の娘たち)に由来しています。

060turboX プロジェクト断念

| コメント(0)

ラキッ!さん より、060turboX プロジェクト を断念されるそうです。理由は PGA ソケットの手配が困難になってしまったことと、やはり MC68060RC50 の単価が高くなりすぎるため。やむを得ませんね。難しいことを承知で可能性を探ってくださった労力に感謝です。寂しい気持ちもありますが、正直少しホッとしていたりします。我侭ばかり言ってごめんなさい。あせらず気持ちを切り替えてから次のプロジェクトへゴーです。

陸に揚がった潜水艦

| コメント(0)

井崎さんの日記 より、てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)に昨秋搬入された「ゆうしお」型潜水艦 7 番艦 SS-579「あきしお」。全長 76m、幅 9.9m、高さ 16.3m、排水量 2,250t。周囲の建物と比較してみるとその大きさにあらためて驚かされます。てつのくじら館は 4 月開館予定で、実物の潜水艦の陸上展示は国内初。場所は呉港の大和ミュージアムの向かい側(→Google Maps)。

1988 年の「なだしお事件」では同じ「ゆうしお」型潜水艦 5 番艦 SS-577「なだしお」と遊漁船「第一富士丸」が衝突して 30 人が犠牲になりました。全長 28.5m、154t の「第一富士丸」が「なだしお」の艦首に乗り上げて横転し、出入口から海水が入って数分で沈没してしまったそうです。「第一富士丸」の船内にいて自分が乗っている船がこれほど大きな鉄の塊に乗り上げたとは思わないまま亡くなった人もいたことでしょう。

「風雲 1 号 C」関連

| コメント(0)

「風雲 1 号 C」のデブリのトラッキングデータが 646 個になりました。646 個目はカタログ番号 30364、国際標識 1999-025ACB。国際標識の末尾の英字は通常 1 文字ですが、撒き散らされた破片の数が多すぎて 2 文字でも足りなくなり、3 文字目が使われています。

「風雲 1 号 C」関連

| コメント(0)

日経 BPnet の松浦晋也氏の記事を読むべし。1 月 19 日に「有人機に影響が及ぶ宙域で運用を終了した衛星を故意に破壊し地球周回軌道に大量のデブリをばら撒くなど狂気の沙汰」と書きましたが、他所の日本語の記事で軍拡ではなくデブリの発生に関して中国を強く批判しているものをあまり見かけなかったのでどうしてだろうと思っていました。地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)によると中国は世界の対人地雷の半数以上(1 億個以上)を所有しているそうですから無神経なのは今に始まったことではないと思いますが、この無神経さはいずれ人類を滅ぼすことになるかも知れないと思う今日この頃です。

「風雲 1 号 C」関連

| コメント(0)

昨日、『「風雲 1 号 C」のデブリを避けるために国際宇宙ステーション(ISS)の軌道を変更している』との報道が一部でありました。しかし、デブリを避けるだけなら 30 分くらいで済みそうな軌道変更を現在進行形で伝えるのは不自然ですし、軌道要素にもそれらしい変化は見られません。ロシアの RIA Novosti の英語版がミッションコントロールのスポークスマンの話を英訳した際に「大きなデブリとの衝突を回避するためには軌道を変更する」という方針の話を誤って現在進行形で伝えてしまったようです。今のところ ISS の軌道変更は行われていません。

日本時間 1 時 28 分、中国の航行試験衛星「北斗 1 号 D」(北斗一号 D 星、BEIDOU 1D、BD-1D、30323、2007-003A)が中国四川省の西昌衛星発射センターから長征 3 号甲ロケットで打ち上げられました。24 分後に衛星が静止トランスファ軌道に投入され、打ち上げは成功しました。「北斗」(Beidou、Big Dipper、Compass)はアメリカの GPS やロシアの GLONASS に対抗する中国の航行衛星です。GPS と違って静止衛星を併用し、静止軌道に 5 機、中軌道に 30 機の合計 35 機で構成されます。2000 年 10 月に打ち上げられた「北斗 1 号 A」が東経 140 度、2000 年 12 月に打ち上げられた「北斗 1 号 B」が東経 80 度、2003 年 5 月に打ち上げられた「北斗 1 号 C」が東経 110 度に位置しており、今回の「北斗 1 号 D」が静止軌道の 4 機目です。

Sea Launch 関連

| コメント(0)

1 月 31 日の Zenit-3SL ロケットの爆発で Sea Launch の打ち上げプラットフォーム Odyssey は巨大な炎に包まれましたが、幸い損傷は部分的で、航行、通信、乗員のサポートに関わる機能は健在とのこと。油田採掘用プラットフォームを改造して作られただけあって屈強ですね。

「風雲 1 号 C」のデブリ

| コメント(0)

NORAD のトラッキングデータに掲載されている「風雲 1 号 C」のデブリが 597 個になりました。国際標識は 1999-025ZZ に達し、末尾の英字が 2 文字目まで一杯になりました。次は 3 文字になります。現在 NORAD のトラッキングデータに掲載されている 9,600 個以上のオブジェクトの中で国際標識の末尾に英字が 3 文字付いているものは 22 個だけで、それらはすべて 1994 年に STEP 2 を打ち上げた Pegasus ロケットが残存燃料の爆発で粉々になったものの一部です。そのときばら撒かれた 600 個以上のデブリは大部分が既に大気圏に突入して消滅しましたが、国際宇宙ステーション(ISS)に回避行動をとらせるほど接近したものもあります。「風雲 1 号 C」の近地点高度は STEP 2 のそれより 250km 以上も高く、「風雲 1 号 C」のデブリは今後何十年も他の衛星を危険に晒すことになるでしょう。

関連

1 月 8 日に静止軌道に到達し搭載機器の動作確認を進めていた技術試験衛星 VIII 型「きく 8 号」(ETS-VIII)ですが、1 月 30 日に大きな問題が見つかってしまいました。大型展開アンテナで受信した携帯端末からの微弱な信号を増幅する低雑音増幅器(LNA;Low Noise Amplifier)の電源が入らないようです(がーん)。このままでは「きく 8 号」の大きな目的の 1 つである移動体通信技術の実験ができなくなってしまうかも知れません。低雑音増幅器は「きく 8 号」の給電部に 31+1 個取り付けられている 1 個 50g の小さな機器です。担当した NICT(独立行政法人情報通信研究機構)のページに写真と解説があります。

風雲 1 号 C のデブリ

| コメント(0)

風雲 1 号 C のデブリの中で NORAD のトラッキングデータに軌道要素が示されているものがさらに増えて 553 個になりました。末尾は 30310 1999-025ZX。これ以上増えると国際標識がややこしいことになりそうです(30241 1999-025XA の次が 30284 1999-025YV だったりするので全部埋まっているわけではないようですが)。JavaScript で人工衛星の位置を表示するには国際宇宙ステーションと衝突する可能性がある近地点高度が 360km 以下の 11 個だけを表示しています。

全国都道府県市区町村別の面積

| コメント(0)

国土地理院が 2006 年 10 月 1 日現在の全国都道府県市区町村別の面積を発表しました。それまでの 1 年間に埋め立てなどによって日本の面積は 8.36km2増えたそうです。埋め立ては主に海上空港の建設に伴うもので、関西国際空港の第二期工事が進んだ大阪府が特に増えています。

2008 年の暦要項

| コメント(0)

2008 年(平成 20 年)の暦要項が発表されました。5 月 6 日(火曜日)の国民の休日は 5 月 4 日(日曜日)の国民の祝日(みどりの日)の振替休日です。5 月 5 日(月曜日)の国民の祝日(こどもの日)を跨いで振り替えます。

1 月 1 日(火曜日)元日
1 月 14 日(月曜日)成人の日
2 月 7 日(木曜日)金環日食 (南極)
2 月 11 日(月曜日)建国記念の日
2 月 21 日(木曜日)皆既月食 (日本からは見られない)
3 月 20 日(木曜日)春分の日
4 月 29 日(火曜日)昭和の日
5 月 3 日(土曜日)憲法記念日
5 月 4 日(日曜日)みどりの日
5 月 5 日(月曜日)こどもの日
5 月 6 日(火曜日)(国民の休日)
7 月 21 日(月曜日)海の日
8 月 1 日(金曜日)皆既日食 (北極、ユーラシア大陸)
8 月 17 日(日曜日)部分月食 (北海道東部を除く日本各地)
9 月 15 日(月曜日)敬老の日
9 月 23 日(火曜日)秋分の日
10 月 13 日(月曜日)体育の日
11 月 3 日(月曜日)文化の日
11 月 23 日(日曜日)勤労感謝の日
11 月 24 日(月曜日)(国民の休日)
12 月 23 日(火曜日)天皇誕生日

今月の打ち上げ

| コメント(0)
打ち上げ日射場ロケット軌道名前開発運用重量など参照
2 月 3 日
1 時 28 分
成功
中国
四川省
西昌衛星発射センター
長征 3 号甲-航行試験衛星
北斗 1 号 D
-中国-2 月 3 日の日記
2 月 18 日
8 時 01 分
成功
アメリカ
フロリダ
ケープ・カナベラル
Delta II-THEMIS 1 (MIDEX 5A)-アメリカ-NASA
NASA
Gunter
THEMIS 2 (MIDEX 5B)
THEMIS 3 (MIDEX 5C)
THEMIS 4 (MIDEX 5D)
THEMIS 5 (MIDEX 5E)
2 月 24 日
13 時 41 分
成功
日本
鹿児島
種子島宇宙センター
H-IIA F12-情報収集衛星
レーダ 2 号機
日本-JAXA
JAXA
SAC
情報収集衛星
光学 3 号機実証衛星

このアーカイブについて

このページには、2007年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年1月です。

次のアーカイブは2007年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3