2007年3月アーカイブ

素因数分解プログラムの使い方

| コメント(0)

GMP-ECM、Msieve、GGNFS の恐ろしく大雑把な使い方を書きました。詳しい人には参考にならず、詳しくない人には意味がわからない、要するに役に立たない文章かも知れないけれど、ないよりマシ?

能登半島地震関連

| コメント(0)

3 月 25 日に発生した能登半島地震に関連して、陸域観測技術衛星「だいち」による緊急観測で得られた画像が公開されました。土砂崩れの様子などがわかります。

安全確保と災害対応などを目的とする情報収集衛星光学 1 号機と光学 2 号機は「だいち」よりも地表分解能が高く同一地点の撮影頻度も高い(ということになっている)のですから当然既に支援に役立てられているはずですが、今回もそのような話は出てきませんねぇ。

JCSAT-3

| コメント(0)

JSAT の通信衛星 JCSAT-3(23649 1995-043A JCSAT 3)は 1995 年 8 月 29 日に打ち上げられ、今年で設計寿命の 12 年を迎えます。東経 128 度の赤道上空に静止して「スカイパーフェク TV!」などで活躍してきました。その JCSAT-3 の軌道要素が 1 週間くらい前から公開されていません。最後に公開されていた軌道要素は元期が 2 月 20 日のもので、この時点で軌道長半径が静止軌道の 42,165km 前後よりも 10km ほど高い 42,175.4km となっており、やや西へドリフトしていました。JCSAT-3 の後継機で2006 年 8 月 12 日に打ち上げられた JCSAT-3A(29272 2006-033A JCSAT 10)が2006 年 10 月 2 日から順調にサービスを開始し、役目を終えた JCSAT-3 は他の静止衛星の邪魔にならないように高度を上げたためトラッキングが中断したのかなと勝手に想像しています。

JSAT(ジェイサット株式会社)とスカパー(株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ)は 4 月 2 日に経営統合し、スカパー JSAT(スカパー JSAT 株式会社)が設立されるそうです。

600...001 の素因数分解表

| コメント(0)

600...001 の素因数分解表を n=200 まで伸ばしました。GMP-ECM で B1=250000 までテストしてあります。

宇宙ステーション補給機 HTV

| コメント(0)

2006 年 6 月 23 日に試験機が公開された日本の宇宙ステーション補給機 HTV(H-II Transfer Vehicle)に関するプレスリリースが出ました。HTV は約 6 トンの物資を ISS(国際宇宙ステーション)に届ける能力を備え、現在開発中の H-IIB ロケットで 2009 年度に技術実証機が打ち上げられます。

4 年前の2003 年 3 月 28 日に打ち上げられた情報収集衛星レーダ 1 号機(27699 2003-009B IGS 1B,IGS R1)が電源系のトラブルで 3 月 25 日から運用できなくなっているそうです。復旧作業の見通しは明るくないとのこと。もともと 2003 年中に 4 機打ち上がるはずが2003 年 11 月 29 日の H-IIA ロケット 6 号機の打ち上げ失敗で 4 機目が 3 年以上遅れ、今年の夏頃にやっと 4 機体制での本格的な運用が始まると思っていたら、今度は最初に打ち上げられたレーダ 1 号機が設計寿命の 5 年を下回る期間で故障してしまい、結局 4 機体制はおあずけということになりそうです。2 月 24 日に打ち上げられた情報収集衛星レーダ 2 号機(30586 2007-005A IGS 4A,IGS R2)は順調ならば現在(陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)でいうところの)初期機能確認フェーズだと思います。2009 年に光学 3 号機、2011 年にレーダ 3 号機と光学 4 号機の打ち上げが予定されています。

Dnepr ロケット打ち上げ延期

| コメント(0)

今日予定されていた Dnepr ロケットの打ち上げは技術的な理由で延期されました。Dnepr ロケットは2006 年 7 月 27 日に日本大学の SEEDS を含む 14 機の CubeSat の打ち上げに失敗しました。今回もテザー実験衛星など多数の超小型衛星を軌道に投入することになっています。

能登半島地震関連

| コメント(0)

気象庁は昨日能登半島沖で発生した地震を「平成 19 年(2007 年)能登半島地震」(The Noto Hanto Earthquake in 2007)と命名しました。地震災害が命名されるのは2004 年 10 月 23 日の新潟県中越地震以来です。強い地震だったにも関わらず被害が局地的で犠牲者が少なかったのは発生時刻や土地柄などの要因が重なってもたらされた不幸中の幸いだったようです。試験運用が始まっている緊急地震速報が今回初めて実際の大規模地震を予測し、震度 6 強を記録した輪島市では震源が近すぎて間に合わなかったものの震度 6 弱を記録した能登町では大きな揺れが来る 5 秒前に発報することに成功したそうです。今後速報の活用が進めば被害軽減の効果が具体的な数字となって現れてくることでしょう。

バヌアツで M7.2 の地震

| コメント(0)

日本時間 9 時 40 分頃、オーストラリアの東のバヌアツで強い地震がありました。

太平洋津波警報センター(PTWC;Pacific Tsunami Warning Center)が津波に関する情報を出して注意を呼びかけています。

震源は 南緯 20.597 度、東経 169.413 度、深さ 35km、規模は M7.2(USGS)。

石川県で震度 6 強の地震

| コメント(0)

9 時 42 分頃、北陸地方を中心に強い地震があり、石川県で震度 6 強、新潟県と富山県で震度 5 弱が観測されました。

9 時 43 分、石川県能登地方、石川県加賀地方に津波注意報が発令され、11 時 30 分に解除されました。

石川県珠洲市で 11 時 01 分に 20cm、金沢港で 11 時 00 分に 20cm の津波が観測されました。

震源は能登半島沖(輪島の南西約 30km)、北緯 37.22 度 東経 136.69 度、深さ 11km、規模は M6.9(気象庁)。北緯 37.275 度、東経 136.603 度、深さ 5km、規模は M6.7(USGS)。

JR 東日本は信越本線の黒姫~長岡駅間で運転見合わせ。上越新幹線の越後湯沢~新潟駅間は 12 時 25 分頃運転再開し遅れ。長野新幹線下り線で遅れ。特急「はくたか号」「北越号」が一部運休。上越線の水上~長岡駅間の上下線に遅れ。JR 西日本も北陸地方で運転見合わせ。

能登空港は滑走路が閉鎖されたため終日欠航。

東京電力柏崎刈羽原発は影響なし。北陸電力志賀原発は地震の前から停止中。

災害用伝言ダイヤルなど。

水平方向の地殻変動は志賀町富来で南西方向へ約 25cm、穴水町大町で北西方向へ約 13cm(暫定値)。

素因数分解表

| コメント(0)

素因数分解表で画面からはみ出してしまうような長い数の途中に ­ を挟んで欲しいとの要望があったのでどうするか考え中です。2004 年 11 月 15 日の日記で同様の方法を書いたときは Firefox が対応していないこととコピペにゴミが入るのが嫌で結局採用しなかったのですが、その後投稿ページや求むページを作ったのでテーブルから数を直接コピペする機会は当時よりも少なくなったかも知れませんね。

「風雲 1 号 C」のデブリ

| コメント(0)

軌道要素が公開されている「風雲 1 号 C」のデブリの数がさらに増えて 1,096 個になりました。JavaScript で人工衛星の位置を表示するには遠地点高度が 320km 以上、近地点高度が 360km 以下の 19 個だけ表示しています。

600 万ビジット御礼

| コメント(0)

気付いたらカウンタが 600 万を超えていました。いつもたくさんのアクセスをありがとうございます。

400...001 の素因数分解表

| コメント(0)

400...001 の素因数分解表を n=200 まで伸ばしました。GMP-ECM で B1=250000 までテストしてあります。n≤150 の合成数も残っています。

太陽フレア

| コメント(0)

太陽観測衛星「ひので」が捉えた太陽フレアのダイナミックな映像が公開されました。

Falcon-1 軌道投入失敗

| コメント(0)

日本時間 10 時 10 分、マーシャル諸島共和国のクェゼリン環礁から飛び立った SpaceX 社の Falcon-1 ロケットは第 2 段エンジンの燃焼中にコントロールを失い、予定された軌道に達せず落下しました。SpaceX 社の発表によると、エンジンが停止したときの高度は 200 マイル(322km)で、システムの 95 パーセントがうまくいっており、前回(2006 年 3 月 25 日)と比べれば格段の進歩であるとのこと。次こそはうまくいくかな。

冥王星の分類名は「準惑星」に

| コメント(0)

セレス(1 Ceres)、冥王星(134340 Pluto)、エリス(136199 Eris (2003 UB313))などの分類名の dwarf planet の和名として「準惑星」という言葉が提言されたそうです。正式決定は 4 月。ただし、当面は dwarf planet の概念そのものを積極的に推奨しないとのこと。

個人的には「矮惑星」のままでよかったのにと思います。dwarf を「準」と訳すのは意味的に無理がありますし、dwarf nova は「矮新星」で通っていますから。使い慣れない言葉を「難しい」とか「語感が悪い」などという理由でいちいち使い慣れた言葉に置き換えていたら、表現の多様性が失われて日本語がつまらない言語になってしまうのではないでしょうか。

「準惑星」の表記に即日対応した Toxsoft さんのプラネタリウムソフト Stella Theater Lite Ver 2.63 が公開されました。

300...001 の素因数分解表

| コメント(0)

300...001 の素因数分解表を n=200 まで伸ばしました。GMP-ECM で B1=250000 までテストしてあります。n≤150 の合成数も残っています。

オリゲー・フェスタ☆68

| コメント(0)

ラキッ!さん から。5 月 4 日に開催される「オリゲー・フェスタ☆68」のサークル参加および企業参加の申し込みの受け付けが始まっています。ミニセミナーも開催されるそうです。

Falcon-1 打ち上げ延期

| コメント(0)

日本時間の今朝 8 時 45 分に予定されていた Falcon-1 による DemoSat の打ち上げは延期されました。

情報収集衛星関連

| コメント(0)

2 月 24 日に打ち上げられた情報収集衛星レーダ 2 号機(30586 2007-005A IGS 4A,IGS R2)と情報収集衛星光学 3 号機実証衛星(30587 2007-005B IGS 4B,IGS K3)について、2 日前に共同通信が NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)が軌道データを公開したという記事を配信しました。しかし、該当するデータが見当たりません。共同通信の記者が何を見てこの記事を書いたのかが気になります。衛星破壊兵器の実験に成功した中国でも一部のメディアが日本で報道された情報として解説を付けて報じているようです。なお、IGS R2 と IGS K3 の初期の軌道は NSSDC(米国宇宙科学データセンター)が毎月発行している SPACEWARN Bulletin に周期 94.4 分、遠地点高度 494km、近地点高度 481km、軌道傾斜角 97.2 度と明記されています。

166...667 の素因数分解表

| コメント(0)

166...667 の素因数分解表を n=200 まで伸ばしました。GMP-ECM で B1=250000 までテストしてあります。n≤150 の合成数も残っています。

FFFTP Version 1.92c

| コメント(0)

Sota's Web Page (曽田さん)より、FFFTP Version 1.92c が公開されました。

小型科学衛星「れいめい」

| コメント(0)

ISAS の 宇宙科学の最前線 で「れいめい」の姿勢制御系の開発の苦労話などが紹介されています。モンテカルロ法を用いた計算機シミュレーションを分散処理する仕組みを作っておいてよかった話などが興味深いです。

軌道要素が公開されている「風雲 1 号 C」のデブリの数がさらに増えて 1,036 個になり、とうとう 1,000 個を超えてしまいました。JavaScript で人工衛星の位置を表示するには遠地点高度が 320km 以上、近地点高度が 360km 以下の 18 個だけを表示しています。

目で見る地球温暖化

| コメント(0)

グリーンランドの東岸(北緯 71.5 度、西経 21.8 度付近)に位置する“半島”の周囲の氷が地球温暖化の影響で解けてしまったら、“半島”の付け根(北緯 71.457 度、西経 21.909 度付近)に海峡が出現して、実は“半島”ではなくて“島”だったことがわかったのだとか。Google Earth の画像では氷で覆われていてよくわかりませんが(画像が古いか撮影時期が夏ではないのでしょう)、USGS の記事にある Landsat 7 の画像を見ると氷が解けて海峡が出現した様子がよくわかります。

磁気圏観測衛星 THEMIS

| コメント(0)

JavaScript で人工衛星の位置を表示する2 月 14 日に打ち上げられた NASA の磁気圏観測衛星 THEMIS 5 機を加えました。近地点高度が 460km、遠地点高度 87,000km という長楕円軌道なので、地図で見るとゆっくり西へ移動してから近地点の前後で勢いよく東へ引き返してまた西へ向かうという動きになります。

NEO のカタログ化

| コメント(0)

NASA は地球近傍天体(NEOs;Near-Earth Objects。近日点距離が 1.3AU 未満の天体)のうち直径が 140m 以上のもの(推定 2 万個?)の 90%を 2020 年末までにカタログ化することになっていますが、予算不足で実現が危ぶまれているそうです。潜在的に地球に衝突する危険のある天体(PHOs;Potentially Hazardous Objects。地球との軌道間距離が 0.05AU 以内で大気圏を突き抜けて深刻なダメージを与えうる天体)に限るといった代案が示されているようですがどうなることやら。

モホスの地上絵?

| コメント(0)

モホスの地上絵?の Google Earth 用のデータを作ってみました。サークル、正方形、菱形、角の丸い四角形、六角形、二重のサークル、二重の四角形などの図形をパスで大雑把になぞってあります。KML ファイルを作るのにナスカの地上絵のスクリプトをそのまま流用したので整理の仕方がいまいちだな。

Skynet 5A、Insat 4B 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 7 時 03 分、イギリス国防省(MoD)の軍事通信衛星 Skynet 5A とインド宇宙研究機関(ISRO)の放送衛星 Insat 4B を乗せた Ariane 5 ECA ロケットがギアナ宇宙センター(仏領ギアナ クールー)から打ち上げられました。26 分 45 秒後に Skynet 5A、30 分 56 秒後に Insat 4B が静止トランスファ軌道に投入され、打ち上げは成功しました。打ち上げ重量はそれぞれ 4,700kg と 3,000kg でした。

北米夏時間開始

| コメント(0)

アメリカとカナダは今日から夏時間(DST; Daylight Saving Time)に入ります。DST の期間は 2006 年まで 4 月第 1 日曜日午前 2 時~10 月最終日曜日午前 2 時でしたが、2007 年から 3 月第 2 日曜日午前 2 時~11 月第 1 日曜日午前 2 時に延長されました。DST のルールが更新されていないソフトウェアを使用している人は、特に今日から 4 月 1 日までの期間は、注意が必要です。

-開始終了
2007 年3 月 11 日11 月 4 日
2008 年3 月 9 日11 月 2 日
2009 年3 月 8 日11 月 1 日
2010 年3 月 14 日11 月 7 日
2011 年3 月 13 日11 月 6 日
2012 年3 月 11 日11 月 4 日
2013 年3 月 10 日11 月 3 日
2014 年3 月 9 日11 月 2 日
2015 年3 月 8 日11 月 1 日

モホスの地上絵?

| コメント(0)

3 月 5 日の番組の最後で紹介された地上絵を Google Earth で捜索中。とりあえず番組に出てきたアクレ州立大学があるブラジルのアクレ州リオ・ブランコの郊外をうろうろしてみたところ、30m から 270m くらいまでのサークルや多角形がゾロゾロと。自然にできなくもなさそうなものや新しそうに見えるものもあるので本物の遺跡が 1 つでも含まれているかどうか定かではありませんが。

余談。アマゾン川流域の森林が伐採されてパッチワークのようになってしまっている様子は衛星写真で見ても痛々しい。

Atlas-5 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 12 時 10 分、ケープ・カナベラル空軍基地から Atlas-5 ロケットが打ち上げられました。搭載された Orbital Express(ASTRO、NextSat)、MidSTAR 1、STPSat 1(MEPSI 4A、MEPSI 4B)、CFESat、FalconSat 3 が次々に切り離され、打ち上げは成功しました。

「風雲 1 号 C」関連

| コメント(0)

軌道要素が公開されている「風雲 1 号 C」のデブリの数がさらに増えて 957 個に。JavaScript で人工衛星の位置を表示するには遠地点高度が 320km 以上、近地点高度が 360km 以下の 17 個を表示。

| コメント(0)

Penguin's BAR さん 68,000HIT おめ。

ウイルス性っぽい

| コメント(0)

病院で点滴を打ってもらいました。

ぴーぴー

| コメント(0)

体調悪いっす。

モホス大平原の古代文明

| コメント(0)

TBS の「古代発掘ミステリ- 秘境アマゾン巨大文明 ~歴史が変わる第 2 弾 !!~」を鑑賞。アマゾン川流域に広がるモホス大平原(南緯 14.5 度、西経 65 度付近)に一定の方向を向いた巨大な四角い湖を 1,000 個以上も造った人々の謎に迫るお話でした。未開の土地と思われていたところに点在する湖群が人造湖であることに最初に気付いた人はきっと身震いするくらい驚いたのでしょうね。番組では四角い湖が 2 つずつペアになっている理由の仮説やドイツの調査隊がロマ・サルバティエラ(Loma Salvatierra)で発見したという 7 世紀の「高貴な人」の装飾品と「番人」の DNA 鑑定の結果などが紹介されました。まだ情報が断片的で、今後の発掘によってもっと凄いものが見つかるかも知れないという期待を抱かせる内容でした。

「風雲 1 号 C」関連

| コメント(0)

軌道要素が公開されている「風雲 1 号 C」のデブリの数がさらに増えて 916 個に。JavaScript で人工衛星の位置を表示するには遠地点高度が 320km 以上、近地点高度が 360km 以下の 16 個を表示。

太陽系小天体 2006 VV2

| コメント(0)

今月末、太陽系小天体 2006 VV2 が地球に接近します。3 月 31 日の最接近のとき地球からの距離は約 340 万 km、月までの距離のおよそ 8.8 倍です。この距離まで接近する天体の中ではかなり大きい(1.5km 以上?)のでゴールドストンやアレシボの電波望遠鏡をはじめとして各地で観測が予定されているそうです。残念ながら肉眼では見えませんが、9.9 等級に達すると予測されているので小型の天体望遠鏡があれば観測できるかも知れません。

Google Earth でスイスをお散歩

| コメント(0)

Google Earth のスイス全土のイメージの解像度が 50cm、都市部は 25cm に、標高データの解像度も 10m になったそうです。ツェルマット(Zermatt, Switzerland)から西南西の方向を見上げるとマッターホルンがいい感じにそびえています。本物を見てみたいな。

C175 = P82 * P94

| コメント(0)

Tyler Cadigan さんが "7" と "7" の間に "6" が 173 個挟まった 175 桁の合成数(23·10174+1)/3を 3 週間かけて 82 桁の素数と 94 桁の素数に分解しました。2 番目に大きい素因数が 82 桁もあるのは私が管理しているテーブルでは最高記録です。おめでとうございます。なお、XYYXF のほうにもう少し大きい記録があるので GGNFS による分解での最高記録ではないかも知れません。

今月の打ち上げ

| コメント(0)
打ち上げ日射場ロケット軌道名前開発運用重量など参照
3 月 9 日
12 時 10 分
成功
アメリカ
フロリダ
ケープ・カナベラル
Atlas-5
401
450km
38 度
技術衛星
ASTRO
アメリカ
Boeing
アメリカ
DARPA
700kgGunter
技術衛星
NEXTSat/CSC
アメリカ
Ball Aerospace
224kgBall Aerospace
Gunter
560km
35.4 度
技術衛星
STPSat 1
アメリカ
AeroAstro
アメリカ
STP
170kgGunter
技術実証衛星
NPSat1
アメリカ
NPS
80kgGunter
飛行実験衛星
CFESat
アメリカ
LANL
イギリス
SSTL
アメリカ
STP
-LANL
Gunter
560km
35 度
科学衛星
Falconsat 3
アメリカ
USAFA
50kgUSAFA
Gunter
-技術衛星
MidSTAR 1
-アメリカ
USNA
-USNA
Gunter
-技術衛星
MEPSI 4A
アメリカ
Aerospace
アメリカ
DARPA
1.5kgGunter
-技術衛星
MEPSI 4B
3 月 12 日
7 時 03 分
成功
仏領ギアナ
クールー
Ariane 5 ECA-軍事通信衛星
Skynet 5A
イギリス
EADS Astrium
イギリス
MoD
4,700kg-
東経 93.5 度通信衛星
Insat 4B
インド
ISRO
Ku-band×12
C-band×12
3,000kg
Indiatimes
Sahara
3 月 21 日
10 時 10 分
失敗
マーシャル諸島
クェゼリン環礁
オメレク
Falcon-1-技術衛星
DemoSat
-アメリカ
DARPA
--

このアーカイブについて

このページには、2007年3月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年2月です。

次のアーカイブは2007年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3