2007年9月アーカイブ

オークランド諸島で M7.3 の地震

| コメント(0)

日本時間 14 時 23 分頃、ニュージーランドのオークランド諸島の近海で M7.3 の地震がありました。

月周回衛星「かぐや」関連

| コメント(0)

9 月 14 日に打ち上げられた月周回衛星「かぐや」(SELENE)は予定通り地球周回軌道の 2 周目を終えて 3 周目に入りました。10 月 4 日、3 周目の遠地点近くで「かぐや」は月に接近し、そこで月周回軌道に入ります。

マリアナ諸島で M7.4 の地震

| コメント(0)

日本時間 22 時 39~41 分頃、マリアナ諸島で M7.4 の地震がありました。USGS は 10 時 39 分頃、気象庁は 10 時 41 分頃としていますがおそらく同じ地震のことでしょう。震源は海の彼方ですが規模が大きかったため震度 2 が記録されたようです。

「ドーン」打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 20 時 34 分、小惑星探査機「ドーン」が ケープカナベラル空軍基地 17B から Delta II ロケットで打ち上げられました。「ドーン」は 61 分 58 秒後に分離し、打ち上げは成功しました。

小惑星探査機「ドーン」

| コメント(0)

小惑星探査機「ドーン」の打ち上げは 1 日延期されて日本時間 9 月 27 日 20 時 20 分~20 時 49 分になりました。

「嫦娥 1 号」関連

| コメント(0)

中国の月周回衛星「嫦娥 1 号」は 8 月中旬に西昌衛星発射センターに搬入されました。10 月 1 日打ち上げ予定でしたが遅れており、打ち上げは 10 月末以降になるようです。西昌衛星発射センター 3 号塔 は長征 3 号シリーズのために昨年末に完成したばかりの新しい組み立て・発射塔です。6 月 1 日の SINOSAT-3 の打ち上げで使用されており、「嫦娥 1 号」でも 3 号塔が使われるかも知れません。

ナスカの地上絵

| コメント(0)

ナスカの地上絵に「渦巻き 13」(南緯 14.8227 度、西経 75.0259 度付近)を追加しました。

Google Earth

| コメント(0)

えーん。Google Earth がまたクラッシュしたよぅ。新しく描き込んだ地上絵のパスのデータが消えちゃったよぅ。クラッシュしても被害が最小限で済むように「お気に入り」の自動保存機能が欲しいって要望を出してあるのだけれど早く付けて欲しいよぅ。

GMP の使い方

| コメント(0)

GMP-ECM の使い方からGMP の使い方を分離しました。使用例として円周率を計算するプログラムと P-1 法を実行する Perl スクリプトを書いてみました。

土星の衛星

| コメント(0)

7 月に発見されたばかりの土星の衛星 S/2007 S4 が Anthe と命名されました。S/2006 S6、S/2006 S7、S/2007 S1 にも名前が付いて、名前の付いた土星の衛星の数は 52 個になりました。土星の衛星の数はカッシーニの活躍やすばる望遠鏡を使った観測などで急増しており、命名された衛星の数では木星の 49 個を上回りました。

JCSAT-12

| コメント(0)

JSAT は 19 日、6 日に ILS(インターナショナル・ローンチ・サービス社)のプロトンロケットで打ち上げに失敗した予備の通信衛星 JCSAT-11 の代替機 JCSAT-12 の打ち上げを Arianespace(アリアンスペース社)に発注したそうです。衛星本体は即日、打ち上げも 2 週間足らずで発注されたことになりますが、それでも代替機の打ち上げは 2 年後の 2009 年の夏になってしまいます。1997 年 2 月 18 日に打ち上げられた現在の予備機 JCSAT-R(JCSAT-4)には 12 年の設計寿命を迎える 2009 年 2 月以降も頑張ってもらわなければなりません。JCSAT-R は予備機なのでサービスに直接影響するわけではなく打ち上げ費用も保険で補填されるので JCSAT-11 の打ち上げ失敗は JSAT の業績にほとんど影響しないとされていますが、結果を見ると「JCSAT-11 の打ち上げも JCSAT-3A(JCSAT-10)と同じ Arianespace にしておけばよかったのに」という気がしてしまいます(Arianespace が失敗する可能性もゼロではありませんが)。カザフスタンで JCSAT-11 の残骸の回収が完了し Lockheed Martin(ロッキード・マーティン社)のエンジニアは心を込めて作った衛星の無残な姿を見てどう思っただろうかとか、失敗の原因も判明しないうちに代替機の打ち上げが他社に発注されたと聞いて ILS の経営者はどう思っただろうかとか、JCSAT-11 で初めて ILS を選んだ JSAT の担当者は今どんな気持ちだろうかとか、いろいろ考えてしまいました。月周回衛星「かぐや」の打ち上げを成功させて今年度中に商用衛星打ち上げの初受注を目指している三菱重工にも頑張って欲しいな。

日本時間 12 時 26 分、中国の CAST とブラジルの INPE が共同開発した地球観測衛星「資源 1 号」が 大原衛星打ち上げセンター から長征 4 号乙ロケットで打ち上げられました。12 分後に衛星が近地点高度 738km、遠地点高度 750km の太陽同期軌道に投入され、打ち上げは成功しました。重量は 1,452kg、設計寿命は 2 年とされています。

WorldView 1 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 3 時 35 分、Google Earth でおなじみの DigitalGlobe の最新鋭機 WorldView 1 がカリフォルニア州の バンデンバーグ空軍基地 SLC-2W から Delta 2 ロケットで打ち上げられました。衛星は 73 分 28 秒後に分離し、打ち上げは成功しました。WorldView 1 の軌道は高度 496km、周期 94.6 分、降交点通過地方時 10 時 30 分の太陽同期軌道です。気になる地表解像度は直下でパンクロ 50cm、マルチスペクトル 1.8m、オフナディア角 20 度でパンクロ 55cm。現在商業衛星で最高の地表解像度を誇る同社の QuickBird がパンクロ 61cm、マルチスペクトル 2.44m ですからそれを上回り、年末までに予定されている WorldView 1 の運用開始で DigitalGlobe は最高性能の観測衛星を 2 機運用することになります。WorldView 1 のダイナミックレンジは 11 ビット。観測幅は 17.6km。回帰日数は解像度 1m のとき 1.7 日、解像度 51cm のとき 5.9 日。記憶容量は 2,199 ギガビット。ダウンリンク速度は 800Mbps となっており、ポインティング性能も QuickBird の 10 倍とのこと。重量は 2,500kg。設計寿命は 7.25 年。WorldView 1 の運用開始に伴って Google Earth の解像度もアップすることを期待しています。特にナスカの地上絵付近の解像度が上がると嬉しいな。

JAXA 地球観測センター一般公開

| コメント(0)

9 月 29 日に埼玉県比企郡鳩山町の JAXA 地球観測センターが一般公開されるそうです。鳩山というと昔通っていたことがあって馴染みのある地名なのですが、交通の便が悪くてキャンパスから出ることがなく一度行ってみたいと思っていた地球観測センターにも結局行かずじまいでした。当日は送迎バスが出るそうだから行ってみようかなぁ。そういえば先日 BS ジャパンで(再)放送された「地球SOS!地球観測衛星“だいち”からの警告 (メッセージ)」(BS ジャパン)で地球観測センターが紹介されていましたね。

FFFTP 1.95

| コメント(0)

曽田さんによる FTP クライアント FFFTP のバージョン 1.95 が公開されました。

Google Earth 4.2.0198 (beta)

| コメント(0)

Google Earth 4.2.0198 (beta) が公開されました。キャッシュのパスを変更している人はアップグレードするときに最後の「Google Earth を起動」のチェックを消して「完了」し、すぐに regedit でレジストリキー "HKEY_CURRENT_USER\Software\Google\Google Earth Plus\CachePath"(Plus でない人は Plus が付いていないと思う)の値(空になっている)にキャッシュのパスを入力してから Google Earth を起動するとキャッシュを継承できるようです。

FFFTP 1.94a

| コメント(0)

曽田さんによる FTP クライアント FFFTP のバージョン 1.94a が公開されました。

月周回衛星「かぐや」関連

| コメント(0)

「かぐや」が月へ向かう前に地球を 2 周半するのは経験豊富な地球周回軌道上での軌道修正の機会を増やすことで目的の月周回軌道へ正確に投入するためとも言えるでしょう。日本が月周回軌道に衛星を投入するのは 1990 年に打ち上げた「ひてん」とその子衛星「はごろも」以来ですが、今回はただ投入するだけではなくて探査することが目的ですから正確な軌道投入が求められます。

日本時間 14 日 20 時 00 分、無人の微小重力実験船 Foton-M3 を乗せた Soyuz-U ロケットがバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。およそ 90 分後に分離した宇宙船は高度約 300km の極軌道に投入され、打ち上げは成功しました。Foton-M3 には欧州各国の研究機関が工夫を凝らした 43 個の実験ペイロードが搭載されており、軌道上で 12 日間に渡って微小重力実験を行います。また、Foton-M3 の外部には人類の宇宙開発史上最長となる長さ 30km、太さ 0.5mm のテザーを備えた小型衛星 YES2(second Young Engineers' Satellite)が連結されています。9 月 25 日にテザーを伸ばして小型カプセルを少ないコストで地球に帰還させる実験が行われるのですが、このとき高緯度のチリ南部、アルゼンチン、ロシア東部、アラスカおよび南極では空の彼方で輝くテザーを観測できるだろうと予測されています。テザーの材質は太さ 1cm で約 20 トンまで吊り上げられるという ダイニーマ (東洋紡)。

月周回衛星「かぐや」関連

| コメント(0)

ハイゲインアンテナも展開成功。これがないとせっかく集めた膨大なデータを地球に送ることができなくなってしまうからとっても大事。ハイゲインアンテナと太陽電池パドルが展開されたことが衛星搭載カメラでも確認され、その写真が公開されました。

上海環球金融中心が上棟

| コメント(0)

上海に建設中の 上海環球金融中心 (通称上海ヒルズ、高さ 492m、101 階建て、北緯 31.2367 度、東経 121.5028 度付近)が上棟したそうです。新華社の写真で見ると(少しわかりにくいですが)最上階の少し下に取っ手のような“穴”があいていることがわかります。開業は 2008 年 7 月。

10 時 31 分 01 秒、月周回衛星「かぐや」(SELENE)を乗せた H-IIA ロケット 13 号機が種子島宇宙センターから打ち上げられました。11 時 16 分 35 秒に近地点高度 281km、遠地点高度 233,306km の長楕円軌道で衛星が分離し、打ち上げは成功しました。「かぐや」は太陽電池パドルを展開して順調に飛行しているようです。今後は遠地点高度を上げながら地球を 2 周した後、3 周目に月へ向かいます。月周回軌道への投入は 10 月 4 日。「かぐや」の現在位置は JAXA の 軌道データ提供システム (要 Java SE + Java 3D)で確認できます。

月周回衛星「かぐや」

| コメント(0)

H-IIA ロケット 13 号機による月周回衛星「かぐや」(SELENE)の打ち上げまで 12 時間を切りました。打ち上げは 14 日 10 時 31 分 01 秒。

インドネシアで M7.1 の地震

| コメント(0)

日本時間 12 時 35 分頃、インドネシアのスマトラ島の沿岸で M7.1 の地震がありました。震源は 8 時 49 分の地震の北側。

インドネシアで M7.8 の地震

| コメント(0)

日本時間 8 時 49 分頃、インドネシアのスマトラ島の沿岸で M7.8 の地震がありました。昨夜の M8.4 の地震の余震のようですが震源の位置が 2 度北に移動しています。

Google Earth 4.2.0196.2018 (beta)

| コメント(0)

インドネシアで M8.4 の地震

| コメント(0)

日本時間 20 時 10 分頃、インドネシアのスマトラ島南部沿岸で M8.4 の地震がありました(M7.9 から上方修正されました)。スマトラ島の沿岸では2004 年 12 月 26 日に M9.0 の地震があり、大津波が発生してインド洋沿岸各国合わせて 23 万人が犠牲になりました。今回も津波が観測されていますがその規模は小さく、過去の経験も活かされて津波による人的被害が抑えられているとよいと思います。

Cosmos-2429 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 11 日 22 時 05 分 06 秒、ロシアの軍事衛星 Cosmos-2429(32052 2007-038A)がロシア北部のプレセツク射場から Cosmos-3M ロケットで打ち上げられました。衛星は 1 時間 03 分後に傾斜角 82.96 度、近地点高度 970km、遠地点高度 1,010km、周期約 105 分の軌道に投入され、打ち上げは成功しました。Cosmos-2429 は 2005 年 1 月以来の打ち上げとなる Parus システムの航行・データ中継衛星のようです。

月周回衛星「かぐや」(SELENE)の打ち上げ日時が 24 時間延期されて 9 月 14 日 10 時 31 分 01 秒に再設定されました。天候不良が予想されるためで今後さらに延期される可能性もあります。

ラキッ!さん から。X ロゴの入ったカッコいいマグカップであります。1 個 5,000 円はチト高いですが代金の一部が オリゲー・フェスタ☆68・第 11 回 の協賛金になるそうです。限定数 1。

FFFTP 1.94

| コメント(0)

曽田さんによる FTP クライアント FFFTP のバージョン 1.94 が公開されました。

Cygwin のインストール

| コメント(0)

GMP-ECM の使い方の中のCygwin のインストールを更新しました。

GMP-ECM 6.1.3

| コメント(0)

GMP-ECM 6.1.3 が公開されました。6.1.2 からの変更点はバグフィックスのみ。

台風 9 号関連

| コメント(0)

台風 9 号(フィートウ)が午前 2 時頃小田原市付近に上陸したようです。関東、東北を縦断して 19 時現在青森県に達しています。はん濫危険情報は 19 時までにすべて解除されました。

台風が通り過ぎたので窓を開けていたら羽蟻の団体さんが強い南風に押し込まれるように網戸の目をくぐって部屋の中に。いやーん。

2007 RS1

| コメント(0)

地球に最接近中の小惑星。距離は 75,000km くらい(月までの距離のおよそ 1/5)。パレルモスケールは -6 以下、トリノスケールは 0。大きさは数メートルと見積もられているので仮に将来大気圏に突入することがあったとしても大した被害は出ないでしょう。

JCSAT-11 打ち上げ失敗

| コメント(0)

日本時間 7 時 43 分、JSAT の通信衛星 JCSAT-11 を乗せた Proton M ロケットがカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。第 1 段は力強くロケットを押し上げましたが 139 秒後に第 2 段で技術的な問題が発生し、打ち上げは失敗しました。失敗の原因は調査中とのことですが、第 1 段が燃焼を終了して切り離された時点で何故か第 2 段が点火しておらずそのまま落下したことがわかっています。ロケットの落下地点はカザフ平原で ジェズカズガン の南東約 50km(バイコヌール宇宙基地 から東北東に 400km くらい)、地図で見ると大きな川の合流地点に近く、第 1 段以外が燃焼しなかったことを考えると有毒な燃料による汚染が心配されます。8 月 17 日に書いたように JCSAT-11 は 1997 年 2 月 17 日に打ち上げられ東経 150 度で待機している予備衛星 JCSAT-R(JCSAT-4)の後継機 JCSAT-RA として軌道上で待機する予定でした。予備衛星の後継機ですので今回の打ち上げ失敗が JSAT の通信サービスに直接影響することはありません。JSAT は即日ロッキード・マーティンに同型の代替機を発注したそうです。

内閣衛星情報センター

| コメント(0)

WikiScanner 関連の記事を読んでいて思い出したのだけれど、内閣衛星情報センターからJavaScript で人工衛星の位置を表示するへのアクセスが今年の 1 月頃からパッタリ途絶えてしまったのでした。税金で構築したネットワークを私的に利用するのはやっぱりダメだと思うし、それを許していたとすると重要な国家機密を扱う組織としてどうなの?という気もするけれど、それまで頻繁にあったアクセスがなくなってしまったのはちょっと寂しいな。

INSAT-4CR

| コメント(0)

2 日に打ち上げられた INSAT-4CR の高度が上がり始めました。

32050 2007-037A OBJECT A
OBJECT A                
1 32050U 07037A   07246.91928194 -.00000068  00000-0  60544-2 0    42
2 32050  11.0260 122.2989 6361690 172.2510 119.2874  2.10409063    45
  カタログ名         = OBJECT A
  カタログ番号       = 32050
  国際標識           = 2007-037A
  元期               = 2007年 9月 4日(火) 7時03分46秒 [JST]
                     = 54346.919282 [MJD]
  軌道傾斜角      i0 =  11.0260 [deg]
  昇交点赤経  Omega0 = 122.2989 [deg]
  離心率          e0 =   0.6361690
  近地点引数  omega0 = 172.2510 [deg]
  平均近点角      M0 = 119.2874 [deg]
  平均運動        n0 =   2.10409063 [revs/day]
  周期               = 11時間24分23秒
  近地点高度         =  2981.49 [km]
  遠地点高度         = 35712.65 [km]
  軌道長半径      a0 = 25725.21 [km]
  軌道短半径      b0 = 19848.28 [km]
  近地点距離      q0 =  9359.63 [km]
  遠地点距離      Q0 = 42090.79 [km]
  昇交点赤経摂動     =  -0.2094 [deg/day]
  近地点引数摂動     =   0.4072 [deg/day]

INSAT-4CR 打ち上げ成功?

| コメント(0)

日本時間 9 月 2 日 21 時 51 分、インドの静止通信衛星 INSAT-4CR がスリハリコタのサティシュ・ダワン宇宙センターから GSLV ロケットで打ち上げられました。技術的な問題で予定よりも 2 時間遅れの打ち上げでした。衛星は 17 分後に切り離され、近地点高度 167km、遠地点高度 34,710km、傾斜角 20.7 度の軌道に投入されたそうです。静止衛星ですから静止トランスファ軌道に投入しなければならないのですが、INSAT-4CR が投入された軌道は遠地点高度が予定よりも 1,265km 低く、傾斜角も 1 度足りませんでした。Spaceflight Now によると ISRO は打ち上げは成功したと宣言し、高度が低いことについての説明はなかったそうです。公開された 32050 2007-037A と 32051 2007-037B のトラッキングデータは近地点高度 170km 付近、遠地点高度 31,800km 付近、傾斜角 15.8 度付近を示していて遠地点高度が低すぎますが、これらが INSAT-4CR の軌道なのかどうかはまだわかりません。

ところで、8 月 24 日の夜に INSAT-4CR の打ち上げのためスリハリコタへ向かう途中で交通事故に遭い重体だった ISRO(インド宇宙研究機関)広報担当の S. Krishnamurthy 氏 (57) が 9 月 1 日に亡くなったそうです。後ろから大型トラックに激突され、同乗していた別の ISRO 職員と運転手は即死だったそうです。Krishnamurthy 氏は特に打ち上げ前後のブリーフィングで科学的・技術的な解説がわかりやすいことで記者の間で人気があったそうです。ご冥福をお祈りします。

32050 2007-037A OBJECT A
OBJECT A                
1 32050U 07037A   07245.76858736  .00072859 -87607-7  18113-2 0    23
2 32050  15.7806 119.9597 7071393 172.4534 209.3063  2.59728074    14
  カタログ名         = OBJECT A
  カタログ番号       = 32050
  国際標識           = 2007-037A
  元期               = 2007年 9月 3日(月) 3時26分46秒 [JST]
                     = 54345.768587 [MJD]
  軌道傾斜角      i0 =  15.7806 [deg]
  昇交点赤経  Omega0 = 119.9597 [deg]
  離心率          e0 =   0.7071393
  近地点引数  omega0 = 172.4534 [deg]
  平均近点角      M0 = 209.3063 [deg]
  平均運動        n0 =   2.59728074 [revs/day]
  周期               =  9時間14分26秒
  近地点高度         =   168.98 [km]
  遠地点高度         = 31786.24 [km]
  軌道長半径      a0 = 22355.75 [km]
  軌道短半径      b0 = 15807.18 [km]
  近地点距離      q0 =  6547.12 [km]
  遠地点距離      Q0 = 38164.38 [km]
  昇交点赤経摂動     =  -0.4758 [deg/day]
  近地点引数摂動     =   0.8975 [deg/day]
32051 2007-037B OBJECT B
OBJECT B                
1 32051U 07037B   07245.76981252  .00006451 -86536-7  19751-3 0    29
2 32051  15.7685 119.8678 7071676 172.5763 210.1878  2.59382388    05
  カタログ名         = OBJECT B
  カタログ番号       = 32051
  国際標識           = 2007-037B
  元期               = 2007年 9月 3日(月) 3時28分32秒 [JST]
                     = 54345.769813 [MJD]
  軌道傾斜角      i0 =  15.7685 [deg]
  昇交点赤経  Omega0 = 119.8678 [deg]
  離心率          e0 =   0.7071676
  近地点引数  omega0 = 172.5763 [deg]
  平均近点角      M0 = 210.1878 [deg]
  平均運動        n0 =   2.59382388 [revs/day]
  周期               =  9時間15分10秒
  近地点高度         =   174.17 [km]
  遠地点高度         = 31820.78 [km]
  軌道長半径      a0 = 22375.61 [km]
  軌道短半径      b0 = 15820.58 [km]
  近地点距離      q0 =  6552.30 [km]
  遠地点距離      Q0 = 38198.91 [km]
  昇交点赤経摂動     =  -0.4745 [deg/day]
  近地点引数摂動     =   0.8950 [deg/day]

観測ロケット S-520-23 号機

| コメント(0)

8 月 31 日に書いた JAXA ISAS の観測ロケット S-520-23 号機が 内之浦宇宙空間観測所 から打ち上げられました。下降時に放出されたリチウム蒸気は太陽の光を受けて赤い光だけを散乱させ、予想通り赤い雲が出現しました。知らずに見た人は何事かと驚いたかも知れませんね。

日本時間 10 時 05 分頃、南太平洋のソロモン諸島(国)のサンタクルーズ諸島で地震がありました。NOAA PTWC によると震源は 南緯 11.8 度、東経 166.0 度、深さ 100km 以浅、規模は M7.3。USGS によると震源は 南緯 11.5714 度、東経 165.8126 度、深さ 35km、規模は M6.9。気象庁によると日本への津波の影響はないとのこと。ソロモン諸島では4 月 2 日に M8.1 の地震があり、40 人が犠牲になっています。

今月の打ち上げ

| コメント(0)
打ち上げ日射場ロケット軌道名前開発運用重量など参照
9 月 2 日
19 時 20 分
成功
内之浦S-520-23----大気観測
リチウム放出
JAXA ISAS
高知工科大学
9 月 2 日
21 時 50 分
成功
スリハリコタGSLV静止軌道INSAT-4CRISROINSATKu×12
INSAT 4C の代替機
The Hindu
9 月 6 日
7 時 43 分
失敗
バイコヌールProton M静止軌道
東経 150 度
JCSAT-11ロッキード・マーティンJSATA2100AX
Ku×30 C×12
JCSAT-R(JCSAT-4)の後継機
JSAT
9 月 14 日
10 時 31 分 01 秒
成功
種子島H-IIA ロケット 13 号機月周回軌道月周回衛星
「かぐや」(SELENE)
JAXA-JAXA
三菱重工
9 月 14 日
20 時 00 分頃
成功
バイコヌールSoyuz-U-Foton-M3--RIA Novosti
-YES2---
9 月 19 日
3 時 35 分
成功
バンデンバーグDelta 2-地球観測衛星
WorldView 1
Ball AerospaceDigitalGlobeDigitalGlobe の最新鋭機
パンクロ 50cm マルチ 1.8m
RESTEC
9 月 19 日
12 時 26 分
成功
太原長征 4 号乙-地球観測衛星
CBERS 2B
CAST(中国)
INPE(ブラジル)
--RESTEC
9 月 27 日
20 時 34 分
成功
ケープカナベラルDelta II-小惑星探査機
ドーン
NASA準惑星セレス
小惑星ベスタ
NASA
JAXA

このアーカイブについて

このページには、2007年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年8月です。

次のアーカイブは2007年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3