2007年10月アーカイブ

「嫦娥 1 号」が月へ

| コメント(0)

日本時間 18 時 28 分、10 月 24 日に打ち上げられた中国の月探査衛星「嫦娥 1 号」が 3 回目の近地点軌道変更を行って地球から月への遷移軌道に移りました。

STS-120

| コメント(0)

国際宇宙ステーションで行われていた P6 トラスの移設作業で不具合が発生し、P6 4B 太陽電池パドルの一部が破れてめくれ上がってしまいました。巨大なトラスの先端に近いほうなので詳しく調べるとしたら手間がかかりそうです。今後のスケジュールに影響しなければよいのですが・・・。

お引っ越し

| コメント(0)

卓さんの Penguin's BAR が @nifty にお引っ越し。

400 歳の貝

| コメント(0)

英国バンゴー大学の研究チームが昨年アイスランド北岸沖の大西洋の海底で採集した 2 枚貝(学名を Arctica islandica というハマグリの一種)の成長線を調べたところ、年齢が 405~410 歳であることが判明したのだとか。関ヶ原の戦いがあった頃に生まれた動物の 1 個体が 264 年間も続いた江戸時代を越えて現代まで生き続けていたことになります。せっかく長生きしたのに標本にされてしまったのは残念ですが、過去の気候の変動や老化の抑制に関する研究に役立ってくれることでしょう。

Msieve 1.29

| コメント(0)

Jason Papadopoulos さんによる素因数分解プログラム Msieve 1.29 が公開されました。

XYYXF

| コメント(0)

xy+yxという形の数の素因数分解を行っている Andrey Kulsha さんの XYYXF プロジェクト がプロジェクト始動から 6 年で x=100 までの素因数分解表を完成させました。おめでとうございます。

月周回衛星「嫦娥 1 号」関連

| コメント(0)

遠地点高度約 7 万 km、周期約 24 時間の軌道要素です。

2 回目の軌道変更後
OBJECT B                
1 32273U 07050A   07299.50000000 -.00000211  00000-0  00000+0 0    97
2 32273  31.0300 168.7760 8352900 185.0210  35.8162  0.99670452    24
  カタログ名         = OBJECT B
  カタログ番号       = 32273
  国際標識           = 2007-050A
  元期               = 2007年10月26日(金)21時00分00秒 [JST]
                     = 54399.500000 [MJD]
  軌道傾斜角      i0 =  31.0300 [deg]
  昇交点赤経  Omega0 = 168.7760 [deg]
  離心率          e0 =   0.8352900
  近地点引数  omega0 = 185.0210 [deg]
  平均近点角      M0 =  35.8162 [deg]
  平均運動        n0 =   0.99670452 [revs/day]
  周期               = 24時間04分46秒
  近地点高度         =   594.72 [km]
  遠地点高度         = 71317.31 [km]
  軌道長半径      a0 = 42334.15 [km]
  軌道短半径      b0 = 23275.73 [km]
  近地点距離      q0 =  6972.86 [km]
  遠地点距離      Q0 = 77695.45 [km]
  昇交点赤経摂動     =  -0.1240 [deg/day]
  近地点引数摂動     =   0.1933 [deg/day]

地図にプロットされた軌道は S 字から∞に変化しました。

Glonass 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 16 時 35 分、ロシアの航行衛星 Glonass を 3 機乗せた Proton ロケットがカザフスタン チュラタムの バイコヌール宇宙基地 から打ち上げられました。3 時間半後に衛星が所定の軌道に投入され、打ち上げは成功しました。Proton ロケットは先月9 月 6 日に JCSAT-11 の打ち上げに失敗したばかりですが、第 1 段と第 2 段を結ぶケーブルが損傷していたことが失敗の原因であると特定されたことから 2 ヶ月足らずで復帰しました。有毒なロケット燃料で国土を汚染されたカザフスタンはロシアに対して今後数年間に渡る住民の健康診断の費用を含む 6,000 万ドルの支払いを求めているそうです。

FFFTP 1.96b

| コメント(0)

Sota さんによる Windows 用 FTP クライアント FFFTP 1.96b が公開されました。

月周回衛星「嫦娥 1 号」関連

| コメント(0)

中国の月周回衛星「嫦娥 1 号」(32273 2007-051A)は地球を 1 周半した 25 日 18 時 55 分に遠地点で 1 回目の軌道変更を行って近地点高度を約 200km から約 600km に上げ、さらに 1 周半した 26 日 18 時 33 分に近地点で 2 回目の軌道変更を行って遠地点高度を約 5 万 km から約 7 万 km に上げました。周期は約 16 時間から約 24 時間になりました。

軌道変更前
OBJECT B
1 32273U 07051A   07298.08472813  .00000031  00000-0  00000+0 0    49
2 32273 030.9597 169.1953 7925186 184.5572 358.5158 01.53256237    05
  カタログ名         = OBJECT B
  カタログ番号       = 32273
  国際標識           = 2007-051A
  元期               = 2007年10月25日(木)11時02分01秒 [JST]
                     = 54398.084728 [MJD]
  軌道傾斜角      i0 =  30.9597 [deg]
  昇交点赤経  Omega0 = 169.1953 [deg]
  離心率          e0 =   0.7925186
  近地点引数  omega0 = 184.5572 [deg]
  平均近点角      M0 = 358.5158 [deg]
  平均運動        n0 =   1.53256237 [revs/day]
  周期               = 15時間39分36秒
  近地点高度         =   215.15 [km]
  遠地点高度         = 50584.06 [km]
  軌道長半径      a0 = 31777.74 [km]
  軌道短半径      b0 = 19379.59 [km]
  近地点距離      q0 =  6593.29 [km]
  遠地点距離      Q0 = 56962.20 [km]
  昇交点赤経摂動     =  -0.2238 [deg/day]
  近地点引数摂動     =   0.3492 [deg/day]
1 回目の軌道変更後
OBJECT B
1 32273U 07051A   07298.60000000 -.00000114  00000-0  00000+0 0    67
2 32273 031.1110 169.2610 7821123 184.5950 281.9120 01.51986066    13
  カタログ名         = OBJECT B
  カタログ番号       = 32273
  国際標識           = 2007-051A
  元期               = 2007年10月25日(木)23時24分00秒 [JST]
                     = 54398.600000 [MJD]
  軌道傾斜角      i0 =  31.1110 [deg]
  昇交点赤経  Omega0 = 169.2610 [deg]
  離心率          e0 =   0.7821123
  近地点引数  omega0 = 184.5950 [deg]
  平均近点角      M0 = 281.9120 [deg]
  平均運動        n0 =   1.51986066 [revs/day]
  周期               = 15時間47分27秒
  近地点高度         =   584.37 [km]
  遠地点高度         = 50568.45 [km]
  軌道長半径      a0 = 31954.55 [km]
  軌道短半径      b0 = 19912.08 [km]
  近地点距離      q0 =  6962.50 [km]
  遠地点距離      Q0 = 56946.59 [km]
  昇交点赤経摂動     =  -0.2010 [deg/day]
  近地点引数摂動     =   0.3129 [deg/day]

傾斜角が 31 度で周期が 16 時間の長楕円軌道を地図にプロットすると大きな S 字になります。

「嫦娥 1 号」を打ち上げた長征 3 号甲ロケットの 1 段目が落下した場所は民家だったそうですが中国では想定の範囲内です。

ホームズ彗星がアウトバースト

| コメント(0)

2 日前に約 17 等だったホームズ彗星(17P/Holmes)がアウトバーストして今日未明の時点で 2.9 等になっているそうです。ペルセウス座にあるので晴れていれば一晩中観測できるはずなのですが・・・。

日本時間 19 時 05 分、中国の月周回衛星「嫦娥 1 号」(じょうがいちごう、Chang'e-1、32274 2007-051A)を乗せた長征 3 号甲ロケットが中国 四川省の 西昌衛星発射センター 3 号塔 から打ち上げられました。衛星は 24 分 33 秒後に傾斜角 31 度、近地点高度 208km、遠地点高度 50,584km、周期 15 時間 39 分 27 秒の長楕円軌道に投入され、打ち上げは成功しました。太陽電池パネルとアンテナを展開して順調に飛行しているようです。明日 25 日のアポジ噴射で近地点高度を 600km 付近まで引き上げてから遠地点高度を段階的に伸ばして行き、10 月 31 日にいよいよ月へ向かいます。月に接近する 11 月 5 日にブレーキをかけて月周回軌道に入り、最終的に高度 200km、周期 127 分の月周回軌道に収まる予定です。

日本時間 0 時 38 分 19 秒、スペースシャトル「ディスカバリー号」(32272 2007-050A STS 120)がアメリカ フロリダ州の ケネディ宇宙センター LC-39A から ISS へ向けて出発しました。8 分 35 秒後に予定通りメインエンジンの燃焼を終了し、打ち上げは成功しました。ISS とのドッキングは 25 日 21 時 35 分頃に予定されています。

Cosmos 2430

| コメント(0)

日本時間 13 時 39 分、ロシア国防省の Oko 早期警戒衛星 Cosmos 2430(32268 2007-049A COSMOS 2430)がロシア アルハンゲリスク州の プレセツク射場 から Molniya-M ロケットで打ち上げられました。衛星は傾斜角 63 度、近地点高度 522km、遠地点高度 39,169km、周期 11 時間 44 分の長楕円軌道に投入され、打ち上げは成功しました。今後近地点高度を上げて2006 年 7 月 20 日に打ち上げられた Oko 早期警戒衛星 Cosmos 2422(29260 2006-030A COSMOS 2422)と同じ周期 11 時間 58 分のモルニヤ軌道に移ります。

カリフォルニア州南部の山火事

| コメント(0)

先週末カリフォルニア州南部で発生した山火事はおよそ 425 平方マイル(1,100 平方 km、11 万ヘクタール)を焼いてなお延焼中。6,000 人近い消防士が消火にあたっているもののこれまでに約 700 棟の家屋を焼失し、シュワ知事が先手を打って避難を早めたこともあって 30 万人以上が避難しているそうです。ギリシャの山火事も記憶に新しいですし、地球温暖化と大規模火災の悪循環が始まっているのではないかと心配になります。

日立といえばベーシックマスターシリーズでシャープや NEC とともに 8 ビットマイコンの全盛期を支えた企業のひとつ。個人的にはワイヤーフレームの馬が軽やかに走る店頭デモに魅了されて S1 が欲しくてたまらなかったのだけれどどうしても手が届かなくて泣く泣く諦めた思い出が。法人向けパソコン FLORA(フローラ)は HP に生産を委託しており、個人向けパソコン Prius(プリウス)を生産していた豊川工場も既に休止して新機種も開発していないとのこと。サポートは継続する。なお、法人向けシンクライアント端末 FLORA Se は自社生産を続けている模様。余談だが、2002 年 12 月に東大の金田康正教授のチームが日立のスーパーコンピュータ HITACHI SR8000/MPP を用いて叩き出した 1 兆 2,411 億桁の円周率の世界記録は未だに破られていない。

Globalstar 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 21 日 5 時 12 分、Globalstar の通信衛星 4 機(32263~32266、2007-048A~2007-048D)を載せた Soyuz-Fregat ロケットが バイコヌール宇宙基地 から打ち上げられました。4 機の衛星は高度 910km~930km の軌道に投入され、打ち上げは成功しました。Globalstar は 6 つの軌道面に 40 機の低軌道衛星を投入することで極地と海洋の一部を除く地球表面の 80% を超える地域と海域に CDMA 方式の携帯電話サービスを提供しています。

初期機能確認フェーズへ移行

| コメント(0)

観測軌道に到着した月周回衛星「かぐや」はクリティカルフェーズを終了して初期機能確認フェーズへ移行しました。三軸姿勢制御で安定飛行しており、今後は搭載機器の機能確認を行ってから 12 月中旬に定常観測を開始します。

9 月 14 日に打ち上げられ10 月 4 日に月周回軌道に投入された月周回衛星「かぐや」はその後徐々に高度を下げて行き、昨日実施された軌道変更マヌーバで近月点高度 80km、遠月点高度 123km、周期 1 時間 58 分の観測軌道に到達したことが確認されました。

南極はみんなのもの

| コメント(0)

少し前にロシアが北極点の 4,200m の海底に国旗を立て、今度はイギリスが南極の大陸棚の一部について領有権を主張することを計画しているのだとか。イギリスは南極条約の調印以前に主張していた西経 80 度から西経 20 度までの領有権について南極条約を反故にする覚悟で再び主張しようとしているのでしょうか。21 世紀にもなって資源欲しさに「自分達だけ生き残れば良い」的な考え方をしているようでは人類滅亡の日は近付く一方だと思います。

C188 = P89 * P100

| コメント(0)

Jo Yeong Uk さんが "4" を 187 個並べて右端に "1" を 1 個付け加えた Near-repdigit な 188 桁の合成数(4·10188-31)/9を 89 桁の素数と 100 桁の素数の積に分解しました。2 番目に大きい素因数が 89 桁ということは7 月 9 日の Robert Backstrom さんの 88 桁を上回って私が管理しているテーブルの中で 最高記録 です。おめでとうございます。

日本時間 21 時 23 分、GPS 衛星 Navstar-2RM 4(GPS 2R-17)がアメリカ フロリダ州の ケープカナベラル空軍基地 SLC-17A から Delta II ロケットで打ち上げられました。68 分後に衛星が切り離され、打ち上げは成功しました。

中国の月周回衛星「嫦娥 1 号」は 10 月 24 日 19 時 05 分頃に中国 四川省の 西昌衛星発射センター 3 号塔 から長征 3 号甲ロケットで打ち上げられます。

小惑星 2007 TU24(続き)

| コメント(0)

小惑星 2007 TU24 の 1 月 29 日頃の接近について最接近時の距離が月までの距離の 1.5 倍から 1.3 倍に減少。

小惑星 2007 TU24

| コメント(0)

10 月 11 日に発見された小惑星 2007 TU24 が来年の 1 月 29 日頃に地球に 0.0037 天文単位(月までの距離の 1.5 倍くらい)まで接近すると予測されています。大きさは 250m~560m くらい。もしも地球に衝突すればツングースカ大爆発の 100 倍(?)の破壊力で局地的に壊滅的な被害を生じさせる大きさです。発見から間もないので今後の観測で軌道要素が修正され大して接近しないかも知れませんが、いずれにしても 2007 TU24 の発見は将来このサイズの天体が地球に衝突するときに 3 ヶ月半前まで気付かない可能性があることを示しています。

昨夜の日曜洋画劇場で放映された 1998 年公開の映画「アルマゲドン」はテキサス州くらいの大きさの小惑星が地球に衝突する 18 日前に発見されたという設定でした。テキサス州は東西、南北ともに 1,000km 以上あります。そのような巨大な天体が地球に衝突することに 18 日前まで気付かないということは現実には有り得ないでしょう。

FFFTP 1.96

| コメント(0)

Sota さんによる Windows 用 FTP クライアント FFFTP 1.96 が公開されました。

Vstar 分離

| コメント(0)

日本時間 13 時 28 分、月周回衛星「かぐや」が VRAD 衛星(Vstar)を分離しました。また、リレー衛星(Rstar)は「おきな」(OKINA)、VRAD 衛星(Vstar)は「おうな」(OUNA)と命名されました。かぐや姫が翁と嫗を月に招待するというストーリーだったのね。

「嫦娥 1 号」関連

| コメント(0)

中国の月周回衛星「嫦娥 1 号」の打ち上げ観覧席の入場チケットの前売りが始まったそうです。価格は 800 元(1 万 2,500 円くらい?)。「嫦娥 1 号」は年内に中国 四川省の 西昌衛星発射センター 3 号塔 から長征 3 号甲ロケットで打ち上げられる予定です。

WGS 1 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 9 時 22 分、アメリカの軍事通信衛星 WGS 1(Wideband Global SATCOM)がアメリカ フロリダ州の ケープカナベラル空軍基地 SLC-41 から Atlas-5 ロケットで打ち上げられました。衛星は 31 分 40 秒後に静止トランスファー軌道に投入され、打ち上げは成功しました。WGS 1 は東南アジアと太平洋における軍事活動に用いられる大容量の静止通信衛星です。WGS シリーズは WGS 1 を含めて 5 機の打ち上げが計画されています。

ソユーズ宇宙船が出発

| コメント(0)

日本時間 10 日 22 時 22 分、ISS のクルー交代とソユーズ交換のため有人宇宙船 Soyuz-TMA 11 がカザフスタン チュラタムの バイコヌール宇宙基地 を出発しました。

超高速インターネット衛星 WINDS の愛称が「きずな」に決まったそうです。ローマ字表記は KIZUNA。インターネットは人と人を結ぶ絆だから。「きずな」は H-IIA ロケットで年明け後今年度中に打ち上げられる予定です。

Rstar 分離

| コメント(0)

日本時間 9 時 36 分、月周回衛星「かぐや」が予定通りリレー衛星 Rstar を分離しました。また、「かぐや」のハイゲインアンテナの状態を確認するためのカメラが背景に月が見切れている写真を撮影したので公開されました。地球から見上げるのではなく周回軌道から撮影された月は迫力がありますね。月の裏側も一部写っているようです。

ナスカの地上絵

| コメント(0)

ナスカの地上絵を更新しました。「鳥」とだけ書いてあったところを「グンカンドリ」にしてみました。くちばしの下に大きな曲線があってグンカンドリの赤い風船を連想させます。

Intelsat 11、Optus D2 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 7 時 02 分、インテルサットの通信衛星 Intelsat 11 とオプタスの通信衛星 Optus D2 を乗せたアリアンスペースの Ariane 5 GS ロケットが仏領ギアナ クールーの ギアナ宇宙センター ELA-3 から打ち上げられました。近地点高度 584.7km、遠地点高度 35,913km、傾斜角 4.01 度の静止トランスファ軌道で 28 分後に Intelsat 11 が、続いて 32 分後に Optus D2 が切り離され、打ち上げは成功しました。いずれもオービタル・サイエンシーズ社の Star 2 バスに多数の中継器を搭載しており、Intelsat 11 は西経 43 度、Optus D2 は東経 152 度の赤道上空に静止して運用されます。

月周回衛星「かぐや」は 4 日 5 時 55 分から 6 時 20 分まで 25 分間月周回軌道投入マヌーバ(噴射)を行い、近月点高度 101km、遠月点高度 1 万 1,741km、周期 16 時間 42 分の月周回軌道に入りました。

大雑把なメモ 月の赤道半径はおよそ 1.7374e+6[m] なので軌道長半径は (1.01e+5+1.7374e+6*2+1.1741e+7)/2=7.6584e+6[m]、7,658km。離心率は 1-(1.01e+5+1.7374e+6)/7.6584e+6=0.75995。軌道短半径は 7.6584e+6*sqrt(1-0.75995^2)=4.9778e+6[m]、4,978km。月心重力定数はおよそ 4.9028e+12[m^3/s^2/kg] なので周期は 2*pi/sqrt(4.9028e+12/7.6584e+6^3)=6.0140e+4[s]、16 時間 42 分 20 秒。

月周回軌道投入マヌーバ LOI1(Lunar Orbit Injection Maneuver)は 5 時 55 分頃から。

月周回衛星「かぐや」関連

| コメント(0)

9 月 29 日に月周回衛星「かぐや」(SELENE)が遠ざかる地球をハイビジョン動画撮影した映像が公開されています。地球をハイビジョンでとらえた映像としてはこれまでで最も遠い 11 万 km の距離から撮影されたものです。明日はいよいよ月周回軌道に投入されます。

Google Earth

| コメント(0)

Google Earth の衛星写真が更新されました。メキシコのユカタン半島にあるベカン遺跡(北緯 18.518 度、西経 89.467 度付近)が写っています。北側のピラミッドの頂上が雲に隠れていてよく見えないのが残念。Google Maps の写真はまだ更新されていないようです。

アポフィス再び?

| コメント(0)

2029 年 4 月 13 日の金曜日(日本時間では翌朝)に地球から約 38,000km(月までの距離の 1/10)のところを通過すると予測されている小惑星アポフィス(99942 Apophis)について、ロシアの天文学者が「ある条件の下では 2029 年に地球に衝突するかも知れない」と指摘したそうです。アポフィスは 2004 年に発見され、2004 年 12 月には初めてトリノスケール 4 が点灯した天体になりました。エジプトの破壊神の名を与えられ、注意深く観測された結果、今では「すれすれのところを通過する」と信じられていますが果たしてどうなることやら。

毎日 .jp

| コメント(0)

毎日 .jp。毎日新聞のニュースサイトが移転。

日本郵政グループ

| コメント(0)

緊急地震速報の一般提供

| コメント(0)

気象庁が 緊急地震速報 の一般提供を開始。一般提供開始直前に発生した未明の地震では、震度 5 強が観測された神奈川県西部では震源が近かったため緊急地震速報が間に合わなかったのはやむを得ないとしても、規模についても第 1 報から第 7 報まで震度 4 以上、第 8 報と最終報で震度 4 から震度 5 弱程度と予測しており、初日から「震源が近いと間に合わないだけでなく、予測された規模よりも大きな地震が来ることもあるから過信するな」と釘を刺された格好に。

今月の打ち上げ

| コメント(0)
打ち上げ日射場ロケット軌道名前開発運用重量など参照
10 月 6 日
7 時 02 分
成功
仏領ギアナ クールー
ギアナ宇宙センター ELA-3
Ariane 5 GS静止
西経 43 度
通信衛星
Intelsat 11
アメリカ
オービタル
アメリカ
インテルサット
Star 2
2,500kg
C×16 Ku×18
3.5kW
Arianespace
Orbital
Gunter
静止
東経 177 度
通信衛星
Optus D2
アメリカ
オービタル
オーストラリア
オプタス
Star 2
2,350kg
Ku×24
15 年
Orbital
Gunter
10 月 10 日
22 時 22 分
成功
カザフスタン チュラタム
バイコヌール宇宙基地 LC-1/5
Soyuz-FGISS有人宇宙船
Soyuz-TMA 11
-ISS クルー交代
ソユーズ交換
15S
NASA
JAXA
Spaceflight Now
10 月 11 日
9 時 22 分
成功
アメリカ フロリダ州
ケープカナベラル空軍基地 SLC-41
Atlas-5静止軍事通信衛星
WGS 1
アメリカ
ボーイング
アメリカ
アメリカ空軍
Boeing 702Spaceflight Now
Boeing
USAF
Gunter
GlobalSecurity
10 月 17 日
21 時 23 分
成功
アメリカ フロリダ州
ケープカナベラル空軍基地 SLC-17A
Delta IIGPSGPS 衛星
Navstar-2RM 4
アメリカ
ロッキード・マーティン
アメリカ
アメリカ空軍
-Gunter
10 月 21 日
5 時 12 分
成功
カザフスタン チュラタム
バイコヌール宇宙基地 LC-31/6
Soyuz-FG920km通信衛星
Globalstar 66,67,68,70
--Gunter
10 月 23 日
13 時 39 分
成功
ロシア アルハンゲリスク州
プレセツク射場
Molniya-MモルニヤOko 早期警戒衛星
Cosmos 2430
--RIA Novosti
Gunter
10 月 24 日
0 時 38 分 19 秒
成功
アメリカ フロリダ州
ケネディ宇宙センター LC-39A
-ISSスペースシャトル
ディスカバリー号
-STS-120
ISS 組み立て
10A
ハーモニー
NASA
JAXA
10 月 24 日
19 時 05 分
成功
中国 四川省
西昌衛星発射センター 3 号塔
長征 3 号甲月周回月周回衛星
嫦娥 1 号
中国--
10 月 26 日
16 時 35 分
成功
カザフスタン チュラタム
バイコヌール宇宙基地 LC-31/6
ProtonGlonass航行衛星
Glonass×3
ロシア-Gunter
10 月 ? 日インド スリハリコタ
サティシュ・ダワン宇宙センター
PSLV-SAR 技術実証衛星
TechSAR 1
(Polaris)
イスラエル-Gunter
11 月 ? 日シー・ローンチ
太平洋上 西経 154 度
Zenit-3SL静止通信衛星
Thuraya-3
アメリカ
ボーイング
UAE
スラーヤ
-Boeing
Sea Launch
Gulfnews

神奈川県で震度 5 強の地震

| コメント(0)

2 時 21 分頃、神奈川県で震度 5 強の地震がありました。津波の心配はなし。震源は神奈川県西部(北緯 35.2 度、東経 139.1 度)、深さ 14km、規模は M4.9。余震に注意。

震度 5 強 箱根町

震度 5 弱 小田原市

緊急地震速報の一般提供は今日の 9 時から開始されます。

このアーカイブについて

このページには、2007年10月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年9月です。

次のアーカイブは2007年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3