スペースデブリ

| コメント(0)

まなにえ さんから。11 月 10 日、1991 年 9 月 12 日にスペースシャトル「ディスカバリー号」で打ち上げられ 2005 年 12 月 14 日に運用を終了した NASA の上層大気研究衛星 UARS(21701 1991-063B)に何かが衝突し、少なくとも 4 個の破片(32291 1991-063C、32292 1991-063D、32297 1991-063E、32298 1991-063F)が分離しました。C と D は既に大気圏に突入して消滅しましたが E と F はまだ地球を周回しています。UARS に衝突した物体は 1981 年 6 月 4 日に打ち上げられ 50 日後に(バッテリの破裂で?)少なくとも 300 個以上のデブリを発生させたソ連の COSMOS 1275(12504 1981-053A)の破片である可能性が高いようです。現在、地球周回軌道上には確認されているものだけで 12,600 個以上の物体があり、そのうち 7,500 個以上がスペースデブリ(宇宙ゴミ)です。こうした衝突事故は今後ますます増えるのでしょう。

コメントする

この記事について

このページは、kamadoxが2007年12月28日 12:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Glonass 打ち上げ」です。

次の記事は「2007 WD5 が火星に接近中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3