2008年7月アーカイブ

タイタンの湖

| コメント(0)

2007 年 1 月 4 日に書いた土星の衛星タイタンの湖について、NASA が正式に存在を確認したと発表しました。地球以外の天体の表面に液体が存在することが確認されたのはタイタンが初めてです。タイタンの湖に湛えられている物質は水ではなくて液化炭化水素ですが、天体の表面に液体が存在するということは物質が循環していることを意味しており、液化炭化水素の循環が何を産み出すのかとても興味深いです。

新日鉄八幡製鉄所の火災

| コメント(0)

日本初の近代的な製鉄所として知られる新日鉄八幡製鉄所でコークス工場のベルトコンベヤー付近から出火したそうです。消防に通報があったのは 6 時 44 分頃とのことですが 10 時現在も身体に悪そうな真っ黒い煙を吹き上げて炎上中。

自然に鎮火するのを待っているため 12 時間以上燃え続けているそうです。

桜島

| コメント(0)

7 時 05 分と 10 時 10 分に桜島の昭和火口が噴火し、3 月に新設された降灰予報が初めて発表されたそうです。

Persona 1 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 3 時 31 分、ロシアの光学偵察衛星 Persona 1(33272 2008-037A COSMOS 2441) がロシアのプレセツク射場 LC43/4 から Soyuz-2.1b ロケットで打ち上げられました。衛星は 200km x 700km の軌道に投入され、打ち上げは成功しました。Persona は LOMO が開発したセンサーを搭載しており、重量は約 7 トンとのこと。大きな望遠鏡を積んでいるのでしょう。

竜巻注意情報

| コメント(0)

18 時 07 分に東京都に竜巻注意情報が発表されました。19 時 50 分まで有効。竜巻注意情報は 3 月に新設されたもので東京都に発表されたのは今回が初めてかも。

ECM による試み

| コメント(0)

素因数分解表の投稿と予約のページに「ECM による試み」というコーナーを設けました。ECM で素因数を探したけれど結局見つからなかったときに「私は ECM をこれだけ試しました」と報告していただけると他の人が無駄な労力をかけずに済むかも知れません。

地震

| コメント(0)

Stella Theater Ver2.65

| コメント(0)

Toxsoft の Stella Theater シリーズがバージョンアップ。16 日に書いたマケマケ対応ほか。

SAR-Lupe 5 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 11 時 40 分、ドイツのレーダー偵察衛星 SAR-Lupe 5 がロシア アルハンゲリスク州のプレセツク射場 LC-132から Kosmos-3M ロケットで打ち上げられました。

NICT 施設一般公開 2008

| コメント(0)

7 月 25 日、26 日、27 日と 8 月 2 日に NICT の施設一般公開 2008 が開催されるそうです。34m アンテナがある鹿島宇宙技術センターが面白そうなのだけれど家からお散歩で行ける距離ではないのが残念。

JAXA と帝京科学大学がロケット飛行中の微小重力環境を利用した結晶成長実験を行う観測ロケット S-520-24 号機の打ち上げは 7 月 30 日 17 時 30 分の予定。

地震

| コメント(0)

11 時 39 分頃、東北・関東地方でやや強い地震。震源は福島県沖、深さ 10.0km、規模は M6.6。津波注意報発令。宮城県 11 時 50 分頃 50cm、福島県 12 時 10 分頃 50cm。第 2 波、第 3 波にも注意。石巻鮎川、相馬、仙台新港などに津波が到達。津波注意報解除。

(4*10^207-1)/3/227 = c205 = P100 * P106

| コメント(0)

"1" の右側に "3" を 207 個並べた 133...33 の形の 208 桁の near-repdigit な数を 227 で割ると 205 桁の合成数が残ります。その(4·10207-1)/3/227 の素因数分解に取り組んでいた Serge Batalov さんから素晴らしい結果が届きました。分解された合成数と見つかった素因数がいずれも巨大であることに加え、最近は家庭用のパソコンでも当たり前のように積んでいる 2GB のメモリで 200 桁を超える素因数分解が可能であることが示されたという点でも大きな成果だと思います。おめでとうございます。

レピュニットの素因数分解

| コメント(0)

Factorizations of 11...11 (Repunit)の n=65536~100000 の範囲について試し割りの上限を 2^32 未満から 10^10 未満に拡張中。

準惑星「マケマケ」

| コメント(0)

2005 年に発見された太陽系外縁天体 2005 FY9 が「マケマケ」(136472 Makemake) と命名され、正式に準惑星になったそうです。

EchoStar 11 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 14 時 21 分、アメリカの通信衛星 EchoStar 11 がハワイの南、赤道直下の 太平洋上 西経 154 度 に陣取ったシー・ローンチの打ち上げプラットフォーム オデッセーから Zenit-3SL ロケットで打ち上げられました。60 分後に衛星が静止トランスファ軌道に投入され、打ち上げは成功しました。

フォトクロミック

| コメント(0)

物質に特定の波長の電磁波を照射すると色が変わり、照射をやめると色が元に戻るという性質。日光を当てると色が濃くなるサングラスなどに使われている技術で、中でもヘキサアリールビスイミダゾール (HABI) と呼ばれるフォトクロミック分子は特に反応が速いそうです。動画で見ると面白いですね。

「CHANGE」

| コメント(0)

CM 明けから次の CM 入りまで 22 分間を 1 カットで撮影した超ロングスピーチに釘付けでした。

GOSAT

| コメント(0)

2008 年度打ち上げ予定の温室効果ガス観測技術衛星 GOSAT の愛称募集キャンペーンが始まっています。9 月 10 日まで。二酸化炭素の濃度分布を面的に観測して地球温暖化対策に必要なデータを収集する衛星の名前とは?

Nice split

| コメント(0)

Robert Backstrom さんの提案で、「素因数分解したら真っ二つに分かれた数」をNice splitとしてピックアップしてみました。

PLANET-C

| コメント(0)

2010 年に H-IIA ロケットで打ち上げられる予定の金星探査機「PLANET-C」に相乗りする小型衛星が発表されました。地球周回軌道に投入される 3 機の超小型衛星として早稲田大学の「WASEDA-SAT2」、鹿児島大学の「大気水蒸気観測衛星」、創価大学の「Negai☆″」が搭載され、さらに UNISEC(大学宇宙工学コンソーシアム) の「UNITEC-1 (UNIsec Technological Experiment Carrier-1) が PLANET-C と共に惑星間軌道に投入されて金星を目指すことになりました。

「きずな」

| コメント(0)

2 月 23 日に打ち上げられた超高速インターネット衛星「きずな」が定常段階に移行したそうです。

ProtoStar 1、BADR 6 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 6 時 47 分、プロトスターの通信衛星 ProtoStar 1 とアラブサットの通信衛星 BADR 6 が仏領ギアナ クールーのギアナ宇宙センター ELA-3からアリアンスペースの Ariane 5 ECA ロケットで打ち上げられました。2 機は所定の静止トランスファ軌道に投入されて打ち上げは成功しました。

次回の Ariane 5 ECA ロケットの打ち上げは 8 月前半で宇宙通信のスーパーバード 7 号機 (Superbird 7) と SES Americom の AMC-21 の打ち上げが予定されています。スーパーバード 7 号機は技術試験衛星 VIII 型「きく 8 号」(KIKU-8 (ETS-VIII)) や運輸多目的衛星「ひまわり 7 号」(MTSAT-2) で実証されている三菱電機の DS-2000 衛星バスを用いた日本初の国産商業衛星です。スーパーバード C 号機の後継機で静止位置は東経 144 度。

気象衛星の話

| コメント(0)

かつて日本は気象衛星の維持に失敗し、設計寿命を大幅に越えて観測を続けていた「ひまわり 5 号」の代わりに2003 年 5 月 22 日からアメリカから借りてきた「ゴーズ 9 号」を使わなければならなくなりました。その後2005 年 2 月 26 日に「ひまわり 6 号」が打ち上げられて日本の気象衛星が復活し、2006 年 2 月 18 日に「ひまわり 7 号」が打ち上げられて日本の気象衛星観測が 2 機体制になりました。しかし、2 機体制は「ひまわり 6 号」が設計寿命を迎える 2010 年頃までしか維持されません。2 機体制を維持するためには現在本運用されている「ひまわり 6 号」が設計寿命を迎えるまでに次の衛星を打ち上げなければならないのに、「ひまわり 8 号 (仮)」は「ひまわり 7 号」が設計寿命を迎える前の 2014 年までに打ち上げることになっているからです。すなわち、「ひまわり 7 号」が本運用されるときには全損に対応できるバックアップがありません。気象庁のページには「次期静止気象衛星について検討すべき時期を迎えています」なんてのんきなことが書いてあり、2 機体制の復活を急ぐ気配もありません。そもそも「ひまわり 6 号」と「ひまわり 7 号」の 2 機体制は航空管制との相乗りによって実現しただけで、気象庁の予算には 2 機体制の維持に必要な額が割り当てられていないそうです。日本の政治屋さんは「「ひまわり 7 号」が故障しても「ひまわり 6 号」が設計寿命の 2 倍の 10 年間頑張ってくれるから大丈夫」なんて馬鹿なことを考えているのでしょうか。今度日本の気象衛星観測が途切れたら、東アジアの気象衛星観測の主導権が中国に移ってしまうかも知れません。

オホーツク海で M7.7 の地震

| コメント(0)

USGS によると日本時間 11 時 12 分頃カムチャツカ半島の西側のオホーツク海で M7.7 の地震があったようです。震源は北緯 53.892 度、東経 152.884 度付近で深さは 633.3km。16 時現在、気象庁の遠地地震に関する情報のページにはこの地震に関する情報がありません。津波警報・注意報は発表されていません。

(6*10^200+1)/29 = P84 * P116

| コメント(0)

Serge Batalov さんが 200 桁の合成数 (6*10^200+1)/29 の素因数分解に成功しました。大きい数を分解したからといって大きい素因数が出てくるとは限らないのですがこの数は 84 桁の素数と 116 桁の素数に分かれました。

アマゾン川

| コメント(0)

ブラジル国立宇宙研究所 (INPE) は人工衛星を用いた計測でアマゾン川の長さが 6,992.06km であることがわかり 6,852.15km のナイル川を上回ってアマゾン川こそが世界最長の川であると発表しました。昨年アマゾン川の新たな源流が見つかったことが結果に影響しているようです。どちらが世界一かはともかく、アマゾン川流域の衛星写真が強く語っているのは川の長さではなくて流域の自然破壊が急激に進んでいることだと思います。

ProtoStar 1 と BADR 6 の打ち上げ

| コメント(0)

2 機の静止通信衛星 ProtoStar 1 と BADR 6 の Ariane 5 ECA ロケットによる打ち上げ日時が 7 月 8 日 6 時 47 分~7 時 21 分に設定されました。ProtoStar 1 が 4,191kg、BADR 6 が 3,346kg、SYLDA 5 を含めた打ち上げ重量は 8,639kg となっています。

ファイアボール

| コメント(0)

現地時間 1 日 10 時 40 分頃、アメリカ カリフォルニア州南部のサンバナディーノ郡で大勢の住民が火の玉のようなものが空を高速で横切るのを目撃したそうです。航空機の事故や人工衛星の落下ならば情報があるはずなのでこれは隕石でしょうか。小さな隕石は頻繁に地球に降り注いでいると言われていますが真昼間でも明るく輝いて見えるほど大きなものは滅多に見られないと思います。きっと神秘的な光景だったのでしょう。でもカリフォルニア州は今年も多くの山火事に悩まされているそうですからシュワ知事をはじめ現地の人々はこれを天体ショーだなどと喜んではいられないのかも知れません。

レピュニットの素因数分解

| コメント(0)

241 桁のレピュニット (10241-1)/9 が NFSNET によって分解されました。まだ分解されていない最小のレピュニットは (10263-1)/9 ということになりました。

「だいち」による森林観測画像

| コメント(0)

陸域観測技術衛星「だいち」による森林観測画像の一般公開が始まりました。「だいち」の合成開口レーダ PALSAR で観測された画像を分解能 50m または 500m に間引いたものを Google Earth で閲覧できるようになっています。

レピュニットの素因数分解

| コメント(0)

Factorizations of 11...11 (Repunit)Factorizations of 100...001のジェネレータを更新しました。Phin10.txt -- Factor list of Phi_n(10) (n<=100000)を使っているので上限がそれぞれ 10 万桁と 5 万桁というお馬鹿なサイズになっていますが気にしないでください。

今月の打ち上げ

| コメント(0)
打ち上げ日射場ロケット軌道名前開発運用重量など参照
7 月 8 日
6 時 47 分
成功
仏領ギアナ クールー
ギアナ宇宙センター ELA-3
アリアンスペース
Ariane 5 ECA
静止
東経 98.5 度
通信衛星
ProtoStar 1
33153
2008-034A
Space Systems Loralアメリカ
ProtoStar
Chinasat
4,191kg 1,774kg
3.8m×2.4m×2.1m 31.1m
FS 1300
16×Ku 38×C
7,730W
15 年
Arianespace
Gunter
静止
東経 26 度
通信衛星
BADR-6
Arabsat 4C
33154
2008-034B
EADS Astrium (prime)
Alcatel Alenia Space (payload)
サウジアラビア
Arabsat
3,346kg 1,510kg
2.9m×1.75m×2.5m 32m
Eurostar 2000+
24×C 20×Ku
7,800W
15 年
Arianespace
Gunter
7 月 16 日
14 時 21 分
成功
オデッセー
太平洋上 西経 154 度
シー・ローンチ
Zenit-3SL
静止
西経 110 度
通信衛星
EchoStar 11
Space Systems/Loralアメリカ
EchoStar
SS/L 1300
5,511kg
Spaceflight Now
Gunter
7 月 22 日
11 時 40 分
成功
ロシア アルハンゲリスク州
プレセツク射場 LC-132
Kosmos-3M-レーダー偵察衛星
SAR-Lupe 5
ドイツ-Gunter
7 月 27 日
3 時 31 分
成功
ロシア アルハンゲリスク州
プレセツク射場 LC-43/4
Soyuz-2.1b-光学偵察衛星
Persona 1
COSMOS 2441
ロシア7,000kgGunter
RSNF
RSNF
←6 月の打ち上げ8 月の打ち上げ →

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3