2008年8月アーカイブ

RapidEye×5 機打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 29 日 16 時 15 分、ドイツの地球観測衛星 RapidEye×5 機がカザフスタン チュラタムのバイコヌール宇宙基地から Dnepr ロケットで打ち上げられました。5 機の衛星は高度 600km、傾斜角 98 度の軌道に投入され、打ち上げは成功しました。150kg の衛星を多数用いることで地球上のどこでも 1 日以内に撮影することができ、農作物を状況を迅速に把握します。

上海環球金融中心 (SWFC) が完成

| コメント(0)

6 月 10 日に「もうすぐ完成」と書いた上海環球金融中心 (高さ 492m) が完成し、明日 30 日に地面からの高さが世界一高い展望台 (高さ 472m) が一般にお披露目されるそうです。

ISS の軌道変更

| コメント(0)

国際宇宙ステーション ISS は2006 年 6 月 25 日に打ち上げられたロシアのスパイ衛星 Cosmos 2421(Kosmos 2421)(の打ち上げロケット ?) から発生したデブリ (33246 2006-026RU) との衝突を避けるために日本時間 28 日 1 時 11 分から 5 分 02 秒間 ATV Jules Verne のスラスタを逆噴射して高度を 1.77km 下げました。ATV は ISS の進行方向から見て最後尾にドッキングしているのであらかじめ ISS 全体の向きを 180 度反転してから逆噴射しました。現在の ISS の構成でこんな芸当ができるモジュールは ATV だけです。ISS は放っておくと希薄大気との摩擦抵抗で次第に高度が下がってしまうのでスペースシャトルや ATV のスラスタを用いて定期的に巨体を押し上げていますが、デブリを回避するために軌道を変更したのは 2003 年 5 月 30 日以来 5 年ぶりで、さらに ISS にブレーキをかけて高度を下げた例は 8 年ぶりとのことです。Cosmos 2421 から発生した別のデブリ (33248 2006-026RW) も明日 10 時 09 分頃 ISS に接近すると予測されており、双方の軌道が確定してデブリ回避マヌーバ (DAM;Debris Avoidance Maneuver) が必要と判断されれば明日 8 時頃に再び ATV のスラスタを噴射することになるそうです。

現在 2 つの検証プログラムが動いており、終わるのは 9 月 12 日頃と 9 月 16 日頃とのこと。

Msieve 1.37

| コメント(0)

Jason Papadopoulos さんによる素因数分解プログラム Msieve のバージョン 1.37 が公開されました。

GIMPS のトップページに情報が出ました。素数候補の発見は 23 日でしたが George Woltman 氏 (GIMPS の創設者) が休暇中だったため検証は 26 日に始まりました。検証には異なるプログラムが用いられており、2 週間くらいかかるそうです。

ついに 1,000 万桁を超える素数が発見されたのかも知れないし、間違いかも知れない。

2006 年 9 月 4 日に知られている 44 番目のメルセンヌ素数 M32,582,657=232,582,657-1(980 万 8,358 桁) が発見されてから 2 年近く経っているので今度こそ大台に乗ることを期待したいところですが、必ずしも小さい順に見つかるとは限らないので知られている 44 番目よりも小さい可能性もあります。

FFFTP Ver 1.96c

| コメント(0)

定番の FTP クライアント FFFTP の Ver 1.96c が公開されました。5 月に指摘されていたディレクトリトラバーサルの脆弱性を修正したそうです。

スーパーバード 7 号機

| コメント(0)

15 日に打ち上げられた宇宙通信の通信衛星スーパーバード 7 号機がもうすぐ静止化します。静止位置は東経 144 度の赤道上空。翼を広げた大きさは 31.6m あります。

Inmarsat-4 F3 打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 7 時 43 分、Inmarsat の通信衛星 Inmarsat-4 F3 がカザフスタン チュラタムのバイコヌール宇宙基地から ILS の Proton M/Breeze M ロケットで打ち上げられました。9 時間 3 分後の 16 時 46 分に衛星が切り離され、打ち上げは成功しました。

jpegtran.x

| コメント(0)

X68000 LIBRARYjpegtran.x を収録しました。JPEG ファイルをロスレスで変換するツールで、主にプログレッシブ形式の JPEG ファイルをベースライン形式の JPEG ファイルに変換したいときに使うことが想定されています。また、jpeged.r が出力した微妙に間違っていてウェブブラウザで表示できない JPEG ファイルを jpegtran.x で空変換すると表示できるようになる場合があります (X68 トラブル 110 番 の bigslope さんの書き込みより)。

Safir Omid 打ち上げ成功

| コメント(0)

現地時間 16 日、イランが国産初の衛星打ち上げロケット Safir Omid(Safir 1, Messenger of Hope, Envoy of Hope, Ambassador of Peace) の打ち上げに成功したそうです。ロケットは長さ 22m、直径 1.25m、重さ 26 トンで 2 段式とのこと。なお、一部報道で人工衛星の打ち上げに成功したと報じられましたが、今回は人工衛星 (として機能するもの) は積んでいなかったようです。

correctjpeg.pl

| コメント(0)

JPEGED.R で作られた JPEG ファイルで、交流成分のハフマン符号表に 1 が 16 個並んでいる符号が含まれているものを見つけました (132 号の F14B_JR.JPG や 135 号の BUS_STOP.JPG など)。そのようなファイルに昨日のスクリプトを適用するとファイルが壊れてしまうので、とりあえずエラーにして回避するようにしました。後で修正を試みます。変換されて新しいファイルができたのに表示できるようにならなかったときは、変換後のファイルを捨てて .bak ファイルをリネームして元に戻すようにしてください。

14 日の続き。X680x0 で作った JPEG ファイルが IE や Firefox などで表示されないことがあるのは JPEG ファイルの構造が微妙に間違っているからです。下の Perl スクリプトはそのような JPEG ファイルを修正して表示できるようにします。JPEG ファイルは普通は非可逆圧縮なので画像を一旦ビットマップに展開して元と同じサイズに再圧縮すると画質が劣化してしまうことがありますが、このスクリプトを使った場合は画質は変化しません。アスペクト比の情報も修正していますがウェブブラウザ側が対応していないので普通は正方形で表示されます。電脳倶楽部の画廊で表示できなかった JPEG ファイルを 10 個くらい試しただけなのでバグが残っているかも知れません。

correctjpeg.pl

日本時間 5 時 44 分、三菱電機と宇宙通信の通信衛星スーパーバード 7 号機 (Superbird-7) と SES Americom の通信衛星 AMC-21 が仏領ギアナ クールーのギアナ宇宙センター ELA-3からアリアンスペースの Ariane 5 ECA ロケットで打ち上げられました。2 機の衛星は近地点高度 250km、遠地点高度 35,931km の静止トランスファ軌道でロケットから切り離され、打ち上げは成功しました。スーパーバード 7 号機は技術試験衛星 VIII 型「きく 8 号」(KIKU-8 (ETS-VIII)) や運輸多目的衛星「ひまわり 7 号」(MTSAT-2) で実証されている三菱電機の DS2000 衛星バスに Ku バンドの中継器 28 本 (27MHz×20、36MHz×8) を搭載した日本初の国産商業衛星です。打ち上げ重量は 4,820kg。スーパーバード C 号機の後継機スーパーバード C2 号機として東経 144 度の静止軌道に配備されます。AMC-21 は打ち上げ重量が約 2,500kg で静止位置は西経 125 度。

X68 トラブル 110 番 より。推測ですが、JPEGED.R V1.26 で作成した JPEG ファイルを表示できるブラウザと表示できないブラウザがあるのは、直流成分のハフマン符号の最長符号のひとつとしてすべてのビットが 1 の符号を許容するものと許容しないものがあるからだと思います。JPEGED.R の元になった JPEG.X v1.00 はそのような符号は出力しないようですが、それとは別に符号長の問題があって JPEG.X で作成した JPEG ファイルについても表示できるブラウザと表示できないブラウザがあるようです。また、JPEG.X が横長のアスペクト比として X 密度 2:Y 密度 3 を出力していたところが JPEGED.R では縦長の X 密度 3:Y 密度 2 に変更されており、アスペクト比を再現する Susie32 などで JPEGED.R で作成した JPEG ファイルを表示すると異常に縦に伸びた画像が表示されてしまいます。

ごりんぴっく

| コメント(0)

北島も谷本もスゴイ。口パクはよくあることだと思うけれど花火が CG だったのはがっかり。

LHC

| コメント(0)

Tentative Name. さんから。3 月 17 日に書いた欧州合同原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が初めてビームを循環させる日が 9 月 10 日に決定したそうです。2008 年の目標は 1 ビームあたり 5TeV(5 兆電子ボルト) で当日の入射エネルギーは 450GeV(4,500 億電子ボルト)。人類史上最強の加速器ははたして何を見せてくれるのでしょうか。

地震

| コメント(0)

12 時 57 分頃、東京都と神奈川県で震度 4 の地震。震源は東京都多摩東部、深さ 40km、M4.5。津波の心配はなし。

Mimy forever

| コメント(0)

撮影日:2004 年 7 月 28 日。ロケ地:自宅。

いたずらおめめ
12 年間素敵な思い出をありがとう。

ストリートビュー

| コメント(0)

Google マップGoogle Earth のストリートビューが日本とオーストラリアに対応。主要都市の周辺だけとはいえ、対応地域を示す青い線 (Google Earth ではカメラのマーク) が予想以上に郊外まで広がっていて自宅のある団地の中まで辿れたのでちょっと焦った。道の名前は「都道○号線」ではなくて「○○街道」で表示して欲しいかも。

多摩湖の周辺の写真には満開に近い桜が写っていて春に撮影されたことがわかる。内閣衛星情報センターの入り口はこんな感じ。

高さ 195m の多目的電波塔スカイタワー西東京がいい感じ。

天気検索

| コメント(0)

Google天気検索。日本語モードで都道府県名、市区町村名、駅名などに「天気」(または weather) というキーワードを添えて検索すると日本国内のローカルな天気予報が表示される。例えば 天気 東京都。ちなみに英語モードを使うと海外の天気予報が表示される。例えば weather Beijing。日本語モードと英語モードでは天気予報のマークが違うので比べてみると面白い。晴れのマークの太陽の色は日本語モードでは赤くて英語モードでは黄色いのだ。マークなのだからわかりやすければよいのだけれど、日本人が太陽を赤く塗るのを変だと思っている外国人は少なくないかも知れない。

Falcon 1 打ち上げ失敗

| コメント(0)

日本時間 3 日 12 時 34 分、3 度目の試みとなる Falcon 1 ロケットの打ち上げがマーシャル諸島共和国 クェゼリン環礁の レーガン試験場 で行われましたが、ステージを分離することができず、打ち上げは失敗しました。

17 時 30 分、JAXA は帝京科学大学と共同でロケット飛行中の微小重力環境を利用した結晶成長実験を行うための観測ロケット S-520-24 号機を鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げました。ロケットは最高高度 293km に達し、実験を終えて予定された海域に落下しました。

皆既日食

| コメント(0)

日本時間の昨夜、カナダからグリーンランド、北極海、ロシア、モンゴル、中国にかけて皆既日食がありました。美しいダイヤモンドリングが観測されています。

5 月 26 日に書いたように日本国内で見られる皆既日食が 2009 年 7 月 22 日にあります。

火星の水

| コメント(0)

火星探査機フェニックスがロボットアームを使って火星の地表の深さ約 5cm のところから採取した土壌をフェニックスが搭載している TEGA(Thermal and Evolved-Gas Analyzer; 熱発生気体分析装置) で分析したところ水蒸気が検出され、NASA は正式に火星に水が存在することを確認したと発表しました。6 月 1 日に書いたように火星探査機フェニックスは火星に到着して間もなく自分の足元に氷と思しき滑らかな物体があるのを発見し、その物質が一部蒸発したことから水が含まれていることはほぼ確実とみられていました。火星周回軌道からの間接的な観測でも極地域に大量の氷があると予測されていましたが、地球以外の天体で採取した物質を直接分析装置にかけることで水の存在が確認されたのは今回が初めてです。5cm 掘っただけで氷が出てくるとなると近い将来から遠い将来まで様々な火星探査・開発計画に弾みがつくのではないでしょうか。火星の水をめぐる利権争いなどが起こりませんように。

今月の打ち上げ

| コメント(0)
打ち上げ日射場ロケット軌道名前開発運用重量など参照
8 月 2 日
17 時 30 分
成功
日本 鹿児島県
内之浦宇宙空間観測所
観測ロケット
S-520-24 号機
--JAXA
帝京科学大学
ロケット飛行中の微小重力環境を利用した結晶成長実験
JAXA ISAS
8 月 3 日
12 時 34 分
失敗
マーシャル諸島共和国 クェゼリン環礁
レーガン試験場
SpaceX
Falcon 1-3
-Jumpstart
PreSat
NanoSail-D
--Spaceflight Now
8 月 15 日
5 時 44 分
成功
仏領ギアナ クールー
ギアナ宇宙センター ELA-3
アリアンスペース
Ariane 5 ECA
静止
東経 144 度
通信衛星
スーパーバード 7 号機
Superbird 7
Superbird C2
33274
2008-038A
日本
三菱電機
日本
三菱電機
宇宙通信株式会社
5,000kg 以下
DS-2000
28×Ku
15 年
宇宙通信
三菱電機
三菱電機
Arianespace
Gunter
静止
西経 125 度
通信衛星
AMC-21
33277
2008-038D
Alcatel Alenia Space (prime)
Orbital Sciences Corporation (OSC) (bus)
アメリカ
SES Americom
2,500kg
STar-2
24×Ku
16 年
Arianespace
Gunter
8 月 20 日
7 時 43 分
成功
カザフスタン チュラタム
バイコヌール宇宙基地
ILS
Proton M/Breeze M
静止通信衛星
Inmarsat-4 F3
EADS AstriumInmarsatEurostar 3000
6,000kg
ILS
ILS
Spaceflight Now
8 月 29 日
16 時 15 分
成功
カザフスタン チュラタム
バイコヌール宇宙基地
Dnepr600km
98 度
地球観測衛星
RapidEye×5
イギリス
Surrey Satellite Technology Ltd.
ドイツ150kg×5
7 年以上
Spaceflight Now
←7 月の打ち上げ9 月の打ち上げ →

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年7月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3