2009年1月アーカイブ

scanf の罠

| コメント(0)
>cat test.c
#include <stdio.h>
int main () {
  char s[256];
  int a = 1, b = 10, c = 100;
  sprintf (s, "%3d%3d%3d", a, b, c);
  sscanf (s, "%3d%3d%3d", &a, &b, &c);
  printf ("a=%d, b=%d, c=%d\n", a, b, c);
  return 0;
}

>gcc -Wall -o test test.c

>./test
a=1, b=101, c=0

人工衛星の 2 行軌道要素 (TLE) の 2 行目の平均運動のフィールドは小数点を含めて 11 カラムありますが、横着してそのまま scanf 系の関数で "%11lf" を指定して読み取ろうとすると平均運動が 10 未満で軌道番号が 10000 以上のときに平均運動の小数点以下 9 桁目にゴミが紛れ込んでしまいます。1990 年代前半に打ち上げられた GPS 衛星の高度が 1 センチずれる程度の小さなゴミですが、同じ軌道要素と同じ定数を使って計算したのに座標が一致しないのは気持ち悪いので TLE を読み取るプログラムをデバッグするときには条件に該当する軌道要素を正しく読み取れるかどうか確認しておきましょう。

軌道要素

| コメント(0)

S-310-39 号機打ち上げ成功

| コメント(0)

日本時間 26 日 9 時 15 分、JAXA ISAS の観測ロケット S-310-39 号機がノルウェーのアンドーヤロケット射場から打ち上げられました。「オーロラ活動に伴う極域下部熱圏の力学とエネルギー収支の研究」を目的としたロケットは高度 140km に達し、計画通り観測が行われたそうです。

エンゼルフィッシュさん

| コメント(0)
エンゼルフィッシュさん

@葛西臨海水族園

ミノカサゴさん

| コメント(0)
ミノカサゴさん

ニセゴイシウツボさん

| コメント(0)
ニセゴイシウツボさん

H-IIA ロケット 15 号機がリフトオフ! すぐに雲に入って見えなくなっちゃった。

2009 年 1 月 11 日 (日)

| コメント(0)

素因数分解のページ人工衛星のページの更新プログラムが新しい PC に移行しました。風雲 1 号 C のデブリの表示が復活しました。

2009 年 1 月 7 日 (水)

| コメント(0)

PC がクラッシュしたときからJavaScript で人工衛星の位置を表示するの軌道要素の更新が止まっていましたが再開しました。2,000 個以上ある風雲 1 号 C のデブリは現在表示されません。

2009 年 1 月 5 日 (月)

| コメント(0)

あけましておめでとうございます。マザーボードが壊れてしまったメインの PC の復旧は諦めて、新しい機械が届くまで動作が不安定な古い PC (Pentium 3, Windows 98 SE) でしのいでいます。今日、素因数分解のページを更新しました。常連さんの多くが外国の方なので英語で書いてありますが、それぞれの合成数に対応した投稿と予約のページは「Japanese」と書かれたボタンをクリックすると日本語表示になります。興味のある方はウォンテッドリストからおひとつどうぞ。

1 月以降の打ち上げ

| コメント(0)
打ち上げ日射場ロケット軌道名前開発運用重量など参照
1 月 23 日
12 時 54 分
成功
日本 鹿児島県
種子島宇宙センター 大型ロケット発射場
(吉信第 1 射点)
MHI
(三菱重工)
H-IIA
H2A F15
太陽同期準回帰
666km
98 度
温室効果ガス観測技術衛星
いぶき
GOSAT
33492
2009-002A
日本
JAXA
環境省
国立環境研究所
1,750kg
4.0kW
5 年
JAXA gosat
JAXA satnavi
-小型実証衛星 1 型
SDS-1
日本
JAXA
70x70x70cm-
太陽同期
660km
98 分
98 度
13 時
スプライト / 地球ガンマ線観測衛星
SPRITE-SAT
日本
東北大学
49x49x44cm+
φ 225x50mm
46.77kg
東北大学
JAXA press
JAXA aerospacebiz
impress Robot
河北新報
太陽同期
660km
小型衛星
まいど 1 号
SOHLA-1
日本
東大阪宇宙開発協同組合
50x50x50cm 以内
約 50kg
3 ヶ月以上
SOHLA
JAXA press
JAXA aerospacebiz
impress Robot
NIKKEI NET
666km
約 98 度
太陽同期準回帰
民間小型衛星
かがやき
SORUNSAT-1
日本
ソラン株式会社
31x31x35cm
ブーム 2.5m
28kg
15W
1 年
ソラン株式会社
東海大学
JAXA press
JAXA aerospacebiz
impress Robot
350-800km?航空高専衛星
KKS-1
日本
東京都立航空工業高等専門学校
東京都立産業技術高等専門学校
15x15x15cm
3kg
東京都立航空工業高等専門学校
JAXA press
JAXA aerospacebiz
impress Robot
-超小型人工衛星
香川サット
STARS
日本
香川大学
20x20x40cm
4+3kg
テザー宇宙ロボット
香川大学
JAXA press
JAXA aerospacebiz
impress Robot
四国新聞
山陽新聞
660km
98.06 度
PRISM日本
東京大学
19x19x23-37cm
8kg
地表分解能 30m
東京大学
JAXA press
JAXA aerospacebiz
impress Robot
TBDアメリカ フロリダ州
ケープカナベラル空軍基地 SLC-41
ULA
Atlas V
-DoD
軍事通信衛星
WGS SV 2
アメリカ-KSC
1 月 15 日アメリカ カリフォルニア州
バンデンバーグ空軍基地 SLC-576E
オービタル・サイエンス
Taurus
-二酸化炭素観測衛星
OCO
--NASA JPL
1 月オデッセー
北緯 0 度 西経 154 度
シー・ローンチ
Zenit-3SL
-軍事通信衛星
Sicral 1B
-イタリア--
TBDアメリカ バージニア州 ワロップス島
ワロップス飛行施設 LP-0B
オービタル・サイエンス
Minotaur
-DoD
TacSat-3
---
2 月ロシア アルハンゲリスク州
プレセツク射場
Rockot-GOCEESA--
2 月 4 日アメリカ カリフォルニア州
バンデンバーグ空軍基地 SLC-2
ULA
Delta II
-気象衛星
NOAA-N Prime
アメリカ
NOAA
-NASA mission
2 月 10 日カザフスタン チュラタム
バイコヌール宇宙基地
FKA
Soyuz-U
ISS
340km
プログレス補給船
Progress M-67
ISS 補給フライト 32PJAXA
2 月 12 日アメリカ フロリダ州
ケネディ宇宙センター LP39A
-ISS
340km
スペースシャトル
ディスカバリー号
STS-119
ISS 組み立てフライト 15A
ITS S6
JAXA プレス
JAXA きぼうKSC
2 月仏領ギアナ クールー
ギアナ宇宙センター ELA-3
アリアンスペース
Ariane 5 ECA
静止通信衛星
HOT BIRD 10
----
静止通信衛星
NSS 9
Orbital Sciences (OSC)オランダ
SNS New Skies
Star-2
C×28
2,230kg
15 年
Gunter
←11 月の打ち上げ

このアーカイブについて

このページには、2009年1月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3