2009年11月アーカイブ

情報収集衛星 光学 3 号機 (IGS-O3)

| コメント(0)

Satellite Tracker 3D

| コメント(0)

表示できる衛星の数を増やしました。デフォルトで表示される衛星の数は約 1,200 機です。さらに、その他の衛星を ON にすると運用が終了したものも含めて約 3,300 機の衛星を表示することができます。しかし、カメラの高度を上げて地球全体を見渡しているときは操作が重くなりすぎるのでその他の衛星を ON にしないほうがよいかも知れません。

デブリの表示期間を今日と明日の 2 日間に制限し、その代わり表示できるデブリの数を増やしました。デブリは衛星が打ち上げられた年代によって 10 年ごとに分類されています。デブリの数が 1 万個を超えてしまい Google Chrome でも操作が困難になるので、すべてのデブリの表示を同時に ON にしないでください。

高速ドラッグチェックボックスが ON のとき、ドラッグ中にその他の衛星とデブリの表示を省略するようにしました。

海外の X68000 事情

| コメント(0)

A さん : ボタンを押してもゲームが始まらないんだ。

B さん : 何かキーを押すと始まるよ。

A さん : え、キーボードが要るの?

キーボードやマウスが繋がっていなくても遊べるゲームが多いとはいえ、実際にキーボードもマウスも持っていない X68000 ユーザーが結構いると聞くと複雑な気分になります。

Satellite Tracker 3D

| コメント(0)

衛星の位置のラベルが冗長だったので、位置のラベルと方角のラベルを分けました。

地球の明暗境界線を表示するようにしました。実線は日照範囲の終端で、破線は薄明帯の終端です。これらは精密には計算されていません。

太陽の光が当たっていない衛星を暗く表示するようにしました。精密には計算されていません。日の出前と日の入り後に上空の衛星に光が当たっているとき、衛星は輝いて見えることがあります。

ひまわり 6 号

| コメント(0)

先日姿勢安定装置の不具合で画像の配信が一時中断したひまわり 6 号で今度は地上処理システムに障害が発生したらしい。8 時半から 10 時まで配信できず、10 時半からひまわり 7 号の画像を配信。

Satellite Tracker 3D

| コメント(0)

高度スライダはリニアスライダ、衛星の大きさスライダはログスライダでしたが、両方ともハーフログスライダに変更しました。また、高度スライダの上限を 200000km から 300000km に変更しました。

よくある質問を 1 つだけ書きました。

予定していた範囲の英訳が一通り終わりました。意味不明になってしまっているところがあるかも知れないので気付いた場合は指摘していただけるとありがたいです。衛星の説明と更新履歴は日本語のみです。

ひまわり 6 号のトラブル

| コメント(0)

11 日 21 時 26 分頃、運輸多目的衛星新 1 号 (ひまわり 6 号) に何らかの異常が発生し、通常使用される電波の送受信ができなくなってしまったそうです。2006 年 4 月のトラブルのときはバックアップ機が打ち上げられたばかりでまだ使えなかったため運用を再開するのに 20 時間かかりましたが、今回は運輸多目的衛星新 2 号機 (ひまわり 7 号) のバックアップによって 2 時間半で気象観測が再開されました。

異常の原因は今回も姿勢安定装置の問題だったようです。姿勢を安定させて、午後にはひまわり 6 号での気象観測が再開されました。ひまわり 6 号は SS/L の LS-1300 衛星バス、ひまわり 7 号は三菱電機の DS-2000 衛星バスを使用しているので、ひまわり 6 号で起こる問題が今後ひまわり 7 号でも同じように起こるということはないでしょう。

Satellite Tracker 3D

| コメント(0)

表示言語ボタンを追加して英訳を始めました。まだ日本語の部分が残っています。

ラベルに「通信衛星」などの種類を書かず名前だけ表示するようにしました。

Satellite Tracker 3D

| コメント(0)

衛星の緯度、経度、高度に加えてカメラの真下の地表から見た仰角、方位角、距離も表示するようにしました。

軽量化チェックボックスを追加しました。ドラッグ中にラベル、ピン、機首方位、可視範囲の表示を省略するかどうか選択できます。

衛星をクリックしたときのアクションを A または B の衛星の変更またはデータの表示だけにしました。変更する前の衛星を追跡していたときはそのまま追跡を続けますが、新たに追跡を開始したいときは衛星をダブルクリックします。

検索とデータのダイアログを左右に移動できるようにしました。画面の左側で衛星をクリックしたときはデータのダイアログが画面の右側に出てくるようになっています。

Satellite Tracker 3D

| コメント(0)

軽量化のため、ドラッグ中は衛星の本体と軌道を残してラベル、ピン、機首方位、可視範囲の表示を省略するようにしました。

北固定モードでないとき照準の赤い線をドラッグするとマウスポインタの方向が北になるようにしました。画面をグルグル回せます。

Satellite Tracker 3D を現在の設定で起動するリンクを追加しました。衛星の位置のデータは毎日更新されており、表示期間も限られているので、同じ設定で起動しても同じ位置に衛星が表示されるとは限りません。

A の条件にデフォルトで ISS を入れておくのをやめました。起動してすぐに ISS を追跡するときは追跡チェックボックスではなく ISS ボタンをクリックしてください。

照準の線が細長くてクリックしにくかったので少し太く短くしました。

表示モードセレクタが追加されていますが今はまだ使えません。

こんなことができます。

小惑星 2009 VA

| コメント(0)

6 時半頃、小惑星 2009 VA が GPS 衛星の軌道の内側を GPS 衛星の 3 倍くらいの速さで駆け抜けていったらしい。大きさはバスくらい?

追記

Google Chrome 4 BETA

| コメント(0)

Google Chrome 4 が devchannel から betachannel に上がってきました。

かぐや 3D ムーンナビ

| コメント(0)

「かぐや」の画像を Java で 3D 表示してマウスでコロコロできる JAXA のアプリケーション。

Firefox 3.6 Beta 1

| コメント(0)

Mozilla Firefox 3.6 Beta 1 が公開されました。Firefox 3.5.4 では死ぬほど遅かった RegExp の exec を使った処理が、Google Chrome や Safari と同じくらい速くなっています。具体的には、手元の環境で Satellite Tracker 3D の「衛星の検索」ダイアログで最初に「名前で探す」をクリックしてから 1 文字目のリストが出てくるまでの時間が、Firefox 3.5.4 では 45~50 秒もかかっていましたが、Firefox 3.6 Beta 1 では 1~2 秒になりました。これまでモダンブラウザの中でダントツの遅さだっただけに、「なんだ、やればできるじゃないか」と思いました。ドラッグしたときのレスポンスの速さは Google Chrome のほうがまだ数段上という感じ。

人工衛星同士のニアミス

| コメント(0)

運用中の衛星の軌道を変更してデブリとの衝突を回避する操作は国際宇宙ステーションなどでときどき行われていますが、中国は先月初めて成功したそうです。このニュースは 10 月 30 日に 中国航天科技集 团 公司 に掲載され、新 华 网 でも報じられたのですが、肝心の衛星が「中国某 卫 星」としか書かれていなかったので軌道要素から該当しそうな衛星を探してみました。日時「10 月 3 日凌晨 4 点半左右」に他の物体と衝突しそうになって直前に軌道を変更した中国の衛星というのは遥感 3 号 (32289 2007-055A YAOGAN 3) のことでしょうか。相手はロシアのコスモス 2221 (22236 1992-080A COSMOS 2221) で、手元の計算では 10 月 3 日の 5 時 50 分頃のニアミスの距離が 10 月 2 日の夜の軌道変更の前後で 0.7km くらいから 16km くらいに変化していました。これ以上デブリを増やさないためにも衝突を避ける技術は重要ですが、実際のところこの程度のニアミスは頻繁に起きています。中国が 2007 年 1 月に行った衛星破壊実験でばら撒かれたデブリは 3 年近く経った現在でも追跡されている大きいものだけで 2,491 個もあるのです。中国はデブリを避けられたというだけで喜んでいないで、さっさと自分たちがばら撒いたデブリを片付けるべきです。

6 時 26 分頃、役目を終えた宇宙ステーション補給機 HTV は軌道離脱マヌーバによって大気圏に再突入し、消滅しました。

2009 年 11 月 1 日 (日)

| コメント(0)
打ち上げ (2009 年 11 月)
打ち上げ日時打ち上げサイト
打ち上げパッド
打ち上げ機関
打ち上げロケット
名前
衛星番号 国際標識
開発国 開発機関運用国 運用機関軌道 位置 高度 傾斜角 周期
バス 機器 重量 電力 寿命 サイズ 備考 関連記事
2009 年 11 月 2 日
10 時 50 分
プレセツク射場
LC-133
ロコット / ブリーズ KMスモス
36036 2009-059A
---
KOSMOGRAD Spaceflight Now
プロバ 2
36037 2009-059B
---
KOSMOGRAD Spaceflight Now
2009 年 11 月 15 日
2 時 48 分
ケープカナベラル
空軍ステーション
SLC-41
アトラス Vインテルサット 14---
2009 年 11 月 17 日
4 時 28 分
ケネディ宇宙センター
LP39A
スペースシャトル アトランティス号 STS-129---
2009 年 11 月 28 日
10 時~12 時
種子島宇宙センター三菱重工
H-IIA F16
情報収集衛星 光学 3 号機 (IGS-O3)日本日本 内閣官房太陽同期
JAXA 南日本新聞 時事通信 sorae.jp

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3