2010年9月アーカイブ

みちびき

| コメント(0)

準天頂衛星初号機 みちびき が日本の上空に長時間滞在する準天頂軌道に投入されました。JavaScript で人工衛星の位置を表示する で見ると、みちびき が北側が小さい 8 の字の軌道を描いていることを確認できます。もちろん、実際に衛星が 8 の字を描いて飛行しているわけではなく、日本付近の緯度 41 度まで傾いた楕円軌道を周回している衛星が東経 135 度を付近を中心として地球の自転を追い抜いたり追い抜かれたりを繰り返しているために地表から見ると 8 の字を描いているように見えるのです。Satellite Tracker 3D で 5 分ずつ時間を進めて見ると、1 周期 23 時間 56 分のうちの 8 時間以上、日本列島の全体が仰角 60 度のリングに収まっていることがわかります。つまり、同じ軌道にあと 2 機、1/3 周期ずつずらして投入すれば 24 時間いつでも日本の上空に準天頂衛星がいることになって GPS の精度が高まるだろうというわけです。

みちびき

みちびき

| コメント(0)

14 日までの 3 回のアポジエンジン噴射による軌道変更でみちびきは周期 24 時間、傾斜角 41 度の円軌道に入りました。この軌道を地図で見ると赤道を挟んで南北対称の 8 の字を描いていることがわかります。ここからさらに日本上空の滞在時間を伸ばすための軌道変更を行ないます。

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3