2011年9月アーカイブ

COSMOS 2472

| コメント(0)

他にも高度が下がっている衛星がないか探してみたところ、3 ヶ月前に打ち上げられたロシアの軍事衛星 COSMOS 2472 が高度を下げていることに気付きました。9 月 23 日に 224km~251km だったものが毎日下がり続けて 9 月 29 日には 216km~241km になっています。これは光学偵察衛星らしいので、再突入に向かっているわけではなくて、解像度の高い画像を得るためにぎりぎりまで高度を下げて撮影しようとしているところなのだと思います。

ROSAT

| コメント(0)

NASA の上層大気研究衛星 UARS に続いて、今度はドイツの X 線観測衛星 ROSAT の再突入が近いというニュースが出ていました。ROSAT は UARS と比べると小さいのですが、X 線光学系は反射鏡と炭素繊維強化複合材料でできた機械支持構造物を含んでいる、平たく言えば頑丈にできているので、燃え尽きずに地表に到達する部分が多そうです。

UARS

| コメント(0)

UARS の大気圏再突入の日時は日本時間 24 日午後 1 時、位置は南緯 14.1 度、西経 170.2 度であることがわかったそうです。再突入の真下の位置はアメリカ領サモアのあたりですが、水平方向の速度が速いため実際に破片が落下したのは再突入の位置から北東におよそ 500km~1300km の範囲とされています。

UARS

UARS

| コメント(0)

UARS の落下地点は北太平の西海岸沖の可能性が高いとのことですが、まだ特定されていないようです。

UARS

UARS

| コメント(0)

UARS は予測よりも少し遅れて今日の午後 1 時過ぎに太平洋に落下したようです。これを書いている時点で詳細な時刻と位置は発表されていませんが、もう少し遅れていたら早い段階で危険はないと発表されていた北米大陸に突っ込んでしまいそうなタイミングだったのではないかという気がしないでもありません。

UARS

| コメント(0)

Ted Molczan さんの予測によると、UARS の再突入の可能性が高いのは日本時間の明日の午前 6 時から正午までの 6 時間のようです。この衛星は 6 時間で地球を 4 周してしまうのでまだどこに落ちるかわかりませんが、日本に落ちる可能性は低そうです。予測が正しければ日本の上空を通過するのは明日の未明が最後になります。そのときは太陽の光が当たっていないので(再突入が早まって燃えながら落ちてこなければ)見えません。

UARS

UARS

| コメント(0)

NASA の上層大気研究衛星 UARS の再突入が迫っています。UARS はスペースシャトルで打ち上げられた大型衛星で、大気圏に再突入しても構造物の一部が燃え尽きずに地表(地面または海面)に到達すると予測されています。UARS は明日の夜明け前に淡路島の上空を南東方向に通過します。今朝の予測では時刻は 4 時 52 分頃(淡路島の日の出のおよそ 55 分前)で高度は約 217km となっています。晴れていれば太陽の光を浴びて輝く最後の姿が見られるかも知れません。しかし、残念ながら日本列島は台風 15 号とそれに刺激された前線の雲に覆われていて、人工衛星どころか月も見えそうにありませんね。運良く雲の切れ間を見つけた人は UARS を探してみてください。

UARS

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3