2017年9月アーカイブ

ヤリマンボウのこども

| コメント(0)

熱帯楽園 にて。ヤリマンボウが日齢 146 日でこどもを産みました。なつき度は 83%、繁殖度は 71%、混雑度は 11/59 でした。繁殖に成功した魚は 40 種類中 39 種類になりました。残りはメジロザメのみ。

今回のヤリマンボウの購入から繁殖までの手順は以下の通りです。準備として、メダルを十分に貯めてから飼っていたすべての魚を売却して水槽を空にしました。ショップでメダル 30,000 枚のヤリマンボウのメスを 10 匹購入し、日齢を確認して 90 日未満のものをメダル 15,000 枚で売却しました。これを繰り返して、日齢が 90 日以上のヤリマンボウのメスを 10 匹集めました。同じ要領で、日齢が 98 日のヤリマンボウのオスを 1 匹購入しました。エサやりは、魚に触れないように注意しながら、水槽の中央を 2 秒間隔で 4 回コンコンして魚を集めてから水面を 2 回叩きました。これを概ね 5 時間以上間隔をあけて 1 日 2~4 回行いました。魚を集めるのと間隔をあけるのはなつき度を上げるためです。水面を 2 回叩くのは 1 回だと大食いのヤリマンボウの満腹度が 100% に戻らないからです。ヤリマンボウの成魚日齢は 135 日なので、成魚になってから 135 日間は繁殖度が最大の状態が続くはずですが、今回は成魚になってから 11 日で繁殖させることができました。

young-yarimanbou-1-480x270.jpg(C)UNBALANCE Corporation

young-yarimanbou-2-480x270.jpg(C)UNBALANCE Corporation

young-yarimanbou-3-480x270.jpg(C)UNBALANCE Corporation

young-yarimanbou-4-480x270.jpg(C)UNBALANCE Corporation

young-yarimanbou-5-480x270.jpg(C)UNBALANCE Corporation

このアーカイブについて

このページには、2017年9月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.3