目次

  1. 設定ファイルの場所
  2. 設定ファイルの内容

ウインドウの位置、ディスクイメージファイル名、SRAM の内容などが終了時に設定ファイルに保存され、次回の起動時に復元されます。Java アプレットのときは Web Storage を、Java Web Start のときは PersistenceService を使用して設定をローカルファイルに保存します。

1. 設定ファイルの場所

コマンドラインから起動したときの設定ファイルは、Windows のとき %APPDATA%/XEiJ/XEiJ.ini、それ以外は ~/XEiJ.ini または ./XEiJ.ini です。

2. 設定ファイルの内容

設定ファイルは文字コードが UTF-8 のテキストファイルです。パラメータ が 1 行に 1 組ずつ書かれています。